著者
友田 努 黒木 洋明 岡内 正典 鴨志田 正晃 今泉 均 神保 忠雄 野村 和晴 古板 博文 田中 秀樹
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
vol.81, no.4, pp.715-721, 2015 (Released:2015-08-15)
参考文献数
25
被引用文献数
1

マリンスノーの供給源となる可能性のある餌料生物を培養し,それらの産生物質を含んだ培養水について,ふ化後 5-28 日齢ウナギ仔魚に対する給与効果を観察した。微細藻類 4 種を用いた事例では,10-28 日齢仔魚が藻体とともに増殖過程で産出される透明細胞外重合体粒子(TEP)を摂取することを確認した。一方,尾虫類を用いた事例においても,9 日齢仔魚が発生段階初期の幼生と放棄ハウスを摂取することを確認した。これにより,飼育条件下の人工仔魚が天然仔魚と同様にマリンスノーの起源物質を摂取することを追認できた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@vowwowtale そろそろ漁を規制すべきだろうけど、商売する人の声の強いうちは中々出来ないので、稚魚値上がりで撤退しだしたところで規制するんじゃないかなって思ってる。 でもこの文章読んだらあと数年で完全養殖いけそうな気がして… https://t.co/a1mWpAFZEa
ウナギ仔魚はマリンスノーの起源物質を摂取する https://t.co/GLaz4FF9BS

収集済み URL リスト