著者
上原 万里子 石島 智子 松本 一朗 岡田 晋司 荒井 綜一 阿部 啓子 勝間田 真一 松崎 広志 鈴木 和春
出版者
日本海水学会
雑誌
日本海水学会誌 (ISSN:03694550)
巻号頁・発行日
vol.64, no.4, pp.202-210, 2010-08-01 (Released:2011-08-10)
参考文献数
32

Magnesium (Mg) is essential for a diverse range of physiological functions, as it is involved in a variety of the body's biochemical processes. Mg deficiency, either from inadequate intake or from excess excretion, is often suspected to be associated with the development of many symptoms and diseases. The nutritional and physiological importance of Mg has already been well established. Mg was finally confirmed to be the most effective element for preventing several diseases, such as cardiovascular disease and metabolic disorders including obesity, diabetes and hypertension. Recently, many studies and meta-analyses have proved the above findings. Furthermore, a number of studies have reported the effects of Mg deficiency on carbohydrate, lipid, protein, vitamin and mineral metabolism. In this review, we discuss the effects of dietary-Mg deficiency on proteins, lipids, ascorbic acid and mineral metabolism, including kidney calcification and bone loss, in rodents. Furthermore, we performed transcriptome analysis to comprehensively understand the effects of dietary-Mg deficiency in rat livers and femora by using DNA microarray.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 31 posts, 57 favorites)

@anemos_snowdrop @Mahaa_kaal @Golden_Apple7 また口当たりをよくしリピート率を高める、均質性・安全性・低コスト実現のために #糖質 ( #糖類 )や #脂質 も加工/精製品の組み合わせが大半 #マグネシウム は #五大栄養素 を始め600~間接的には数千の #酵素 反応に関わるので、常識化していない現状はかなりヤバイです https://t.co/WGaEFK3H3o
#グルタチオン が #ビタミンD 調節遺伝子と糖代謝遺伝子を刺激してビタミンDの血中濃度を高め、ビタミンD欠損症の治療に有効とな #マグネシウム もビタミンDの調節因子だが、欠乏により脂質過酸化が亢進し、グルタチオン代謝(GPX活性低下)にも影響するとみられているぞよ https://t.co/WGaEFKlhUW https://t.co/YutdDZFo8r
マグネシウム欠乏は体重減少を引き起こす。 栄養素代謝におけるマグネシウムの重要性 https://t.co/kIEyU2bNvI マグネシウム欠乏におけるカルシウム過剰の栄養生理学的・病理組織学的検索 https://t.co/hTsxTm0PtA
Mg 欠乏食投与により,肝臓中の Fe 濃度は増加した.Fe は Fenton もしくはHarber-Weiss 反応のような脂質過酸化の開始反応に重要であることから,この増加が Mg 欠乏による脂質過酸化の一因と 考えられた. https://t.co/Ol3NhiKAWa
栄養素代謝におけるマグネシウムの重要性 Mg欠乏状態ではたんぱく質利用が障害され,Mg正常食投与 により一部は回復されるが,成長遅延については,14 日間の期間では完全に回復しないことが示唆された。 https://t.co/kIEyU2bNvI
⚪栄養素代謝物としてのマグネシウムの重要性 ─特に栄養素の代謝については,生理および生化学的指標の変化と結び付けられるような遺伝子の発現変化,また生化学データでは捉えることが出来ない変化など,Mg欠乏による栄養素代謝への影響を理解する上で重要な知見が得られた https://t.co/TprlOFOtEq
@eri010k @a_iijimaa1 〈根本的な栄養素代謝に関わるMg〉は統計的に不足が指摘され運動、頭脳労働、飲酒、喫煙、ストレス、服薬などで大量に消費されるため、当然、妊娠/出産でも失われ https://t.co/7iEluqYvOn Mg投与による大うつの早期回復の事例から、産後うつとMg欠乏との関連も考えられます。 https://t.co/sdIAp6hMSH
@jyonasan1957 体力の回復には「生命維持に関わる根本的な栄養代謝」が必要。くれぐれもお大事に https://t.co/7sGZg5cKlQ https://t.co/J8czKPGChs https://t.co/7OJbaGSlg3 https://t.co/bVnYM0z5jx https://t.co/VqUvROmLix https://t.co/IvrEdX27FS https://t.co/sSuLJQmWYR https://t.co/7iEluqYvOn

収集済み URL リスト