著者
小竹 佐知子 乙黒 親男
出版者
日本海水学会
雑誌
日本海水学会誌 (ISSN:03694550)
巻号頁・発行日
vol.67, no.4, pp.212-218, 2013 (Released:2014-09-17)
参考文献数
21

“Kari-kari ume” is a product of Japanese apricot (ume fruit) brined mixing with calcium compounds, and its crispy texture is very unique. Ume fruit should be harvested in the early stage of maturation. It means the content of citric acid is low, and the ratio of hydrochloride acid soluble pectin to water soluble pectin is high. The concentration of calcium ions should be more than 0.16% to the fresh fruit weight to attain sufficient crispness, but not more than 0.32% to avoid bitterness. It is necessary for calcium ions to uniformly disperse from the peel to the end of the flesh. Polysaccharides of cell wall bounded to each other by the linkage of calcium ions provide appropriate hardness (crispness) of fruit flesh. Calcium reagents such as calcium hydroxide, calcium lactate, calcium oxide are utilized, and calcium carbonate shows less effect on hardening flesh. Various materials such as egg shell incinerated at more than 720℃ and oyster shell incinerated at more than 1000℃, which contain calcium oxide, are also utilized. The concentration of sodium chloride reached 20% after brining, and the fruit is desalting once and then seasoned using a sodium chloride solution at a lower concentration (about 9%).

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 12 posts, 3 favorites)

やっぱりうろ覚えじゃなくて、きっちり読み直さないとだめなのだ。 カリカリ梅におよぼすミネラル成分の影響 - J-Stage https://t.co/dfVhfe3BhP
友達に熱中症は無糖梅干しがいいらしいよと話したら「カリカリ梅でもいいのかな」と言ってたので「カリカリ梅」「ミネラル」でググったら論文が引っかかって、世の中には色々な論文があるんだなと感心してる。 「カリカリ梅におよぼすミネラル成分の影響」 https://t.co/r422XZ62mF https://t.co/o9emstnW6C
@hanajooo4 ミネラルと一言いっても色々含まれるようで僕にはよくわからなかった… https://t.co/r422XZ62mF
カリカリ梅のためにカルシウムを準備しようと思うのだけど、 種類が、炭酸・酸化・水酸化・硫酸・乳酸・塩化と色々ある。 酸化・水酸化は石灰だし、食品添加物だとしてもちょっと嫌な感じ(笑) 無難に炭酸カルシウムにしようかな。 メモ:https://t.co/PSDcVm4gu1
@masa_clark 誘導描写はあるのかなぁ。 賭郎の手法として知っていたのかもしれないし、そもそも臨死薬は潜水艦からだったよーな。 この仮定だと屋形越えはまだ終わらず、次ラウンド以降で獏が5分越えの臨死から蘇るという展開になるやも‥ カリ梅ソース。 https://t.co/LWpZDVWySb

収集済み URL リスト