著者
西原 健司 山岸 功 安田 健一郎 石森 健一郎 田中 究 久野 剛彦 稲田 聡 後藤 雄一
出版者
Atomic Energy Society of Japan
雑誌
日本原子力学会和文論文誌 (ISSN:13472879)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.13-19, 2012 (Released:2012-02-15)
参考文献数
15
被引用文献数
30 31

After the severe accident in the Fukushima-1 nuclear power plant, a large amount of contaminated stagnant water has been produced in turbine buildings and surrounding areas. This rapid communication reports the calculation of the radionuclide inventory in the core, the collection of the measured inventory in the stagnant water, and the estimation of the radionuclide release ratios from the core to the stagnant water. The present evaluation is based on data obtained before June 3, 2011. It was revealed that the release ratios of tritium, iodine and cesium were several tens of percent, while those of strontium and barium were smaller by one or two orders of magnitude. These release ratios of the Fukushima accident were equivalent to those of the TMI-2 accident.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

Radionuclide Release to Stagnant Water in Fukushima-1 Nuclear Power Plant Kenji NISHIHARA, Isao YAMAGISHI, Kenichiro YASUDA, Kenichiro ISHIMORI, Kiwamu TANAKA, Takehiko KUNO, Satoshi INADA, Yuichi GOT ...

Facebook における性別

Twitter (17 users, 50 posts, 14 favorites)

@hyd3nekosuki 【ご参考】 Radionuclide Release to Stagnant Water in Fukushima-1 Nuclear Power Plant https://t.co/Lox47rHsrr
福島第一の滞留水への放射性核種放出 https://t.co/JXwGvEKFMn 滞留水(汚染水)が発生した。本報では,炉心 に含まれている放射性核種のインベントリを計算するとと もに,東京電力から公開された滞留水分析結果をまと め炉心から滞留水への放射性核種の放出率を評価した
@shanghai_ii https://t.co/Rovy20yaFO を参考にするならば、炉内燃料内にいくらかトリチウムが残っていると思われますので、単純な引き算で環境中への全放出量は出せないように思われます。少し考えさせて下さい。
西原さんによる数値解析結果(論文pdf→https://t.co/iqnukzIC )でも、福島第一原発1号機のCs134/Cs137放射能比は2,3号機と比べて小さい。これはTable2からも読み取れるが、燃焼度の高い照射燃料中のCs134が長い定検期間により減衰したため
西原ら,福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出,本原子力学会和文論文誌 Vol. 11 (2012) No. 1 P 13-19 https://t.co/eWOXhJw3
https://t.co/0tYiUElG のTable 9に1F1~3号機の3/11時点における炉心インベントリーの結果あり。なお、この評価値には、炉心の燃料シャッフリングも考慮に入れた上で燃焼計算が実施されており、より確からしい http://t.co/13pzSiOp
なお、原子炉停止時の1F1~3号機の炉内インベントリの値としては、例えば下記論文https://t.co/taEKTajp の"Table9 Calculated core inventory on 3/11 (Bq)"が参考となる
なお、この論文(https://t.co/iqnukzIC )のTable 1に整理されているように、福島第一原発1, 2, 3号機の炉心平均燃焼度[GWd/t]はそれぞれ25.8, 23.1, 21.8。
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
出たばかりの論文発見!「福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出」ざっくり言うと、事故起こした時に炉心に存在した放射性物質の量を見積もって、そこから汚染水となった放射性物質の量を計算し、これらを比較、分析することで検討をしています。http://t.co/bQGLtXNq
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
メモ:福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出→http://t.co/sioahOJB Table 2~4に1~3号機の運転履歴。Table 9に3/11における1~3号機内の放射性核種総量の解析結果。Table10に炉心から滞留水への放出率の評価結果。
西原 健司, 山岸 功, 安田 健一郎, 石森 健一郎, 田中 究, 久野 剛彦, 稲田 聡, 後藤 雄一, “福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出”, 日本原子力学会和文論文誌, Vol. 11, p.13 (2012) http://t.co/TYDoIcov
西原 健司, 山岸 功, 安田 健一郎, 石森 健一郎, 田中 究, 久野 剛彦, 稲田 聡, 後藤 雄一, “福島第一原子力発電所の滞留水への放射性核種放出”, 日本原子力学会和文論文誌, Vol. 11, p.13 (2012) http://t.co/TYDoIcov

収集済み URL リスト