著者
長縄 弘親 熊沢 紀之 斉藤 浩 柳瀬 信之 三田村 久吉 永野 哲志 鹿嶋 薫 福田 達也 吉田 善行 田中 俊一
出版者
Atomic Energy Society of Japan
雑誌
日本原子力学会和文論文誌 (ISSN:13472879)
巻号頁・発行日
pp.1109220007-1109220007, (Released:2011-09-27)
参考文献数
7
被引用文献数
3 3

We tried the decontamination of surface soils for three types of agricultural land at Nagadoro district of Iitate-mura (village) in Fukushima Prefecture, which is highly contaminated by deposits of radionuclides from the plume released from the Fukushima Daiichi nuclear power plant. The decontamination method consisted of the peeling of surface soils solidified using a polyion complex, which was formed from a salt solution of polycations and polyanions. Two types of polyion complex solution were applied to an upland field in a plastic greenhouse, a pasture, and a paddy field. The decontamination efficiency of the surface soils reached 90%, and dust release was effectively suppressed during the removal of surface soils.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 17 posts, 0 favorites)

Transactions of the Atomic Energy Society of Japan, http://t.co/y60ItMqS #jishin_e
原子力学会和文論文誌の論文 「ポリイオンコンプレックスを固定化剤として用いる土壌表層の放射性セシウムの除去福島県飯舘村における除染試験の速報」が、早期公開されました。→ http://t.co/WB4fSGfz
ポリイオンコンプレックスを固定化剤として用いる土壌表層の放射性セシウムの除去 福島県飯舘村における除染試験の速報 http://t.co/1kaVGdts 日本原子力学会論文
固化剤で土壌を固めて剥ぎ取る実験「飯舘村における除染試験の速報」:http://t.co/vX3N7BbA 技報としては、どんな土壌にどんな固化剤をどう使うと何cm剥ぎ取れるか?に絞ったほうがよくないですか?除染率は別の話にして。実用上は回収後のCs分離濃縮が簡単かどうかも重要。

収集済み URL リスト