著者
黒木 雅美
出版者
学校法人 天満学園 太成学院大学
雑誌
太成学院大学紀要 (ISSN:13490966)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.87-91, 2017 (Released:2017-04-20)
参考文献数
3

精神看護は癲狂院という独自の環境の中で発展し,時代に翻弄され,社会的な背景が色濃く関連している。そして、精神障がい者における処遇は、歴史的に繰り返され,国としての施策の結果,明治期における医療体制の改革として西洋文化を取入れたことにより始まった。精神看護においてもその萌芽が目覚め始め,精神障がい者に対する看護が息吹をあげ始めた。また,「相馬事件」を契機に,全国的に統一した「精神病者監護法」が成立し,精神病者への治安維持的要素が強まるなか,精神看護教育が始まったことで,精神病者に対する人道的な関わりが始まったものと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

偏見を失くす事は人権を尊重する上で最も重要かつ当然の事である 他者の受け入れとは偏見の有無である 良き治療者とは心と偏見への理解者 人の溢れる愛は井戸水の如く枯れる事はないと願って止まない 化学の進歩は早かれども、心の進歩は…… 世を憂う。 https://t.co/BCe3tRYWpL https://t.co/f3NF0EYwr8
このレポート 明治期の精神医療政策とか 精神看護の始まりとか めちゃくちゃわかりやすい! https://t.co/6SddVsjVcy https://t.co/QfMZ2nWThF
京都の岩倉において精神障害者家族的看護を可能にした社会的条件 https://t.co/lyWjOBojdY 明治期における精神看護の礎 https://t.co/JTvqpbXwpZ 帝国議会会議録検索システム 第41回帝国議会 精神病院法案外二件特別委員会 大正8年3月11日 第3号 https://t.co/mJVZRgJTrY

収集済み URL リスト