著者
久保 正二 竹村 茂一 坂田 親治 田中 肖吾 中沼 安二 圓藤 吟史
出版者
一般社団法人 日本胆道学会
雑誌
胆道 (ISSN:09140077)
巻号頁・発行日
vol.28, no.5, pp.763-771, 2014-12-31 (Released:2015-01-28)
参考文献数
30
被引用文献数
1

有機溶剤の高濃度暴露を受けた印刷労働者に,胆管癌が高率に発症した.胆管癌診断のきっかけの多くはγ-GTP高値の肝機能異常,CA19-9などの腫瘍マーカー上昇や超音波検査での異常所見であった.画像診断上,腫瘤像,胆管狭窄像,主腫瘍による末梢側胆管拡張像に加えて,主腫瘍と関係のない限局性の肝内胆管拡張像がみられた.主腫瘍は,腫瘤形成型あるいは胆管内発育型肝内胆管癌や乳頭型肝外胆管癌で,その多くは総肝管から肝内胆管第3次分枝の比較的大型胆管に存在した.広範囲の胆管に慢性胆管傷害像およびbiliary intraepithelial neoplasia(BilIN)やintraductal papillary neoplasm of the bile duct(IPNB)などの前癌病変がみられ,多段階発癌機序が推測された.ジクロロメタンや1,2-ジクロロプロパンにさらされる業務による胆管癌が,業務上疾病に分類され,新たな職業癌として認識されるようになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

https://t.co/PI96d3WzBx 印刷労働者に多発した胆管癌 このように、特定の職業の方が、大量に曝露する化学物質によって健康を損ねる可能性・ケースというのはあちこちにあるのは事実。 農薬の件の情報は持たないので知らないが。 https://t.co/TPkBlYEW71
@cQxeKBPDxVSPUl0 塩素を含む溶剤は特に肝臓に悪いようですね ペンキに使う溶剤はヘキサン系か酢酸エチル、アセトン等で塩素は無いですが、大量に扱う場合は有機溶剤用防毒マスク等を使うのをお勧めします なお、胆管ガンの事例は以下です https://t.co/DRrxvS00ou

収集済み URL リスト