著者
田中 健作 井上 学
出版者
東北地理学会
雑誌
季刊地理学 (ISSN:09167889)
巻号頁・発行日
vol.69, no.2, pp.91-103, 2017 (Released:2017-08-12)
参考文献数
17

本稿では,バス路線運営における自治体間関係の特質を見出すために,中心集落規模の異なる中部地方の名張市周辺ならびに栄村周辺の2地域を事例に,山村の県際バス路線の運営枠組みを検討した。両地域ともに,周辺山村側の自治体や集落では,経済的機能や地形条件といった地理的な制約の下で受益を最大化させるために,生活圏や行政域に対応した領域横断的な交通サービスの設定を目指した。その際には県際バス路線に対する広域的な視点よりも,地域の中心周辺関係と行政域によって形成された利害関係が影響しているため,周辺性が高く財政力の弱い自治体ほど財政負担を増大させていた。自治体間のバス路線の運営枠組みは,地理的条件に基づく利害関係の差異によって,周辺性の高い山村側の負担や制約が大きくなる構造にあるといえる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 10 favorites)

すごい、中部地方の県境越えバス路線についての論文がある‼️ 「中部地方の県境山村における県際バス路線の運営枠組み ─三重県名張市周辺と長野県栄村周辺の事例─」 https://t.co/HWG5Go7XhT
J-STAGE Articles - 中部地方の県境山村における県際バス路線の運営枠組み https://t.co/7a2O3ECNgr

収集済み URL リスト