著者
大川 匡子
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.15, no.4, pp.4_34-4_39, 2010-04-01 (Released:2010-10-18)
参考文献数
7

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

中高校生も、過剰な課題に追われて夜遅くまで勉強するよりも、21時頃までには寝て、しっかり睡眠。 朝日を浴びて起きる生活をすれば、脳が発達します。 学習の効率も成果も上がることが期待できます。 まさに好循環。 ただ…働き方の多様化… https://t.co/vGbfC9MZnu
【参考資料】 ① 中高生を中心とした子供の睡眠習慣に関する科学的知見の整理分科会(第3回)資料 https://t.co/kFi4GbLe4J ② 子どもの睡眠と脳の発達―睡眠不足と夜型社会の影響―(大川匡子) https://t.co/2LyPFb7bdu
https://t.co/zye3839UOy 最近どうしても課題多すぎて寝れないから読んでみたら、結局スマホだの若い者だの… ダマッテロ…

収集済み URL リスト