言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (36 users, 58 posts, 43 favorites)

@xiongmao53 篠田謙一「アイヌ人骨の自然人類学的研究と その課題」 online: https://t.co/BmLlOIEpQt :
@nobutake_Ishii ※篠田謙一『アイヌ人骨の自然人類学的研究とその課題』 https://t.co/P4R0jMnd6k なお、オホーツク文化のアイヌ文化に与えた影響を重視する石井氏紹介の菊池徹夫氏自身、オホーツク文化… https://t.co/3PaB2kfB5V
@firemanzeq 「90年代以降に行われた人骨の形態学的研究は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究者は少ない。」 篠田謙… https://t.co/a1LK6N3B8R
「最近では伊達市有珠四遺跡から出土したアイヌ人骨の一個体(青年男性)に脊椎性の結核と思われる所見が見られたという報告がある。この個体の埋葬年代は火山灰の層序から1640 ~ 63年の間と限定でき現在のところアイヌ民族としては最も古… https://t.co/S1vee2XeIO
現代人のDNA分析によって、二重構造モデルが予想する列島の南北の集団の近縁性は否定されている。アイヌ集団の持つミトコンドリアDNAの系統には、沿海州やカムチャッカ半島の先住集団が持っている系統がかなりの割合で認められ、琉球列島集団… https://t.co/KCvtAA7eI0
@seizan2 「90年代以降に行われた人骨の形態学的研究は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究者は少ない。」 篠田謙一「ア… https://t.co/JUGVazJKBq
@takenoma 「90年代以降に行われた人骨の形態学的研究は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究者は少ない。」 篠田謙一「… https://t.co/xhe7ZZU7AN
「90年代以降に行われた人骨の形態学的研究は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究者は少ない。」 篠田謙一「アイヌ人骨の自然人類… https://t.co/ilKaLG7enO
「90年代以降に行われた人骨の形態学的研究は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究者は少ない。」 篠田謙一「アイヌ人骨の自然人類… https://t.co/Jv33BWZtAH
@pririn_ 現代人のDNA分析によって、二重構造モデルが予想する列島の南北の集団の近縁性は否定されている。アイヌ集団の持つミトコンドリアDNAの系統には、沿海州やカムチャッカ半島の先住集団が持っている系統がかなりの割合で認め… https://t.co/m7Z5qS1fVK
現代人のDNA分析によって、二重構造モデルが予想する列島の南北の集団の近縁性は否定されている。アイヌ集団の持つミトコンドリアDNAの系統には、沿海州やカムチャッカ半島の先住集団が持っている系統がかなりの割合で認められ、琉球列島集団… https://t.co/oQb6dNYbLM
@ninnikuro 篠田先生は学術の動向で、90年代以降に行われた人骨の形態学的研究 は、アイヌ集団はおおむね縄文人に似ているとしているものの、相違点も指摘されており、現在では単純に縄文人の直系の子孫であるという捉え方をする研究… https://t.co/O7fRp47hHc
現代人のDNA分析によって、二重構造モデルが予想する列島の南北の集団の近縁性は否定されている。アイヌ集団の持つミトコンドリアDNAの系統には、沿海州やカムチャッカ半島の先住集団が持っている系統がかなりの割合で認められ、琉球列島集団… https://t.co/6AwD3vCBuo
近世アイヌ人骨のDNA分析の結果は、近隣集団 との間に遺伝的交流があったことを指摘しており、DNA分析はアイヌ集団が縄文時代から隔離されて現在に至っているという孤立したイメージが虚構であることを明らかにした。-篠田謙一 #アイヌ https://t.co/BmLlOIEpQt

収集済み URL リスト