著者
川中 健太郎
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.11, no.10, pp.42-46, 2006-10-01 (Released:2009-12-21)
参考文献数
6

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (26 users, 28 posts, 97 favorites)

https://t.co/aMq7nHtTf1
未だに糖の取り込みに関与するのはインスリンしかないと思っている人も多いですからね。 https://t.co/2gXGJRAJay ↑のGLUT4をノックアウト(体内に存在しない)したマウスでは筋肉のグリコーゲンの回復速度が大幅に遅くなったというデータがあります。
すこし古いけど、Webで見られるなかではこれが読みやすい 運動と骨格筋GLUT4(特集・スポーツの化学) https://t.co/SErAlwjQ0l
運動と骨格筋GLUT4 https://t.co/M2rr7xM6yJ
未だに糖の取り込みに関与するのはインスリンしかないと思っている人も多いですからね。 https://t.co/2gXGJRAJay ↑のGLUT4をノックアウト(体内に存在しない)したマウスでは筋肉のグリコーゲンの回復速度が大幅に遅くなったというデータがあります。
未だに糖の取り込みに関与するのはインスリンしかないと思っている人も多いですからね。 https://t.co/2gXGJRAJay ↑のGLUT4をノックアウト(体内に存在しない)したマウスでは筋肉のグリコーゲンの回復速度が大幅に遅くなったというデータがあります。
未だに糖の取り込みに関与するのはインスリンしかないと思っている人も多いですからね。 https://t.co/q4Rgi2Q3LE ↑のGLUT4をノックアウト(体内に存在しない)したマウスでは筋肉のグリコーゲンの回復速度が大幅に遅くなったというデータがあります。
息が弾み始める程度(50-70%VO2max)の運動はAMPKを軽度活性。 また短時間でも100%VO2maxを超える高強度運動を行えばAMPKが顕著に高いレベルに上昇し、GLUT4の働きを活発化し、その量も増やすことができる。 https://t.co/c0F4PIH0PM

収集済み URL リスト