言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

熟練の力技。「この対立の一層の先鋭化が宇宙規模で深刻な戦争を生み出す状況、ならびにそこで生じうる倫理問題を劇的に描いている作晶は、日本のモビルスーツアニメ『機動戦士 ガンダムSEED』(…)である。」

Twitter (122 users, 133 posts, 90 favorites)

これが人の夢、人の望み、人の業!! ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来 面白そうな論文でてきた https://t.co/G03ABYU8OZ
面白そうな論文見つけた https://t.co/y8FlCjkSMX
How many can legal scholars understand this article? https://t.co/ISCXGwORQc I can :P
うん。索敵 RT @isobehiroaki @adc_design_labo SEED観たことないですが、この論文は素数だと思ってます。 https://t.co/1BSm7syUba
@adc_design_labo SEED観たことないですが、この論文は素数だと思ってます。 https://t.co/6lmjQVLFAa
http://t.co/ZVMDYwoicx SEEDって観たことないけど、これは観ないといかんなあ。「さっさと原稿を書いてアキバに行こう」などと書かれた序文に面食らうも、内容は硬派。で、「自然」「直観」にもとづく<善意>が暴力に結びつきうるというくだりは、実は教育に通じる話。
なんつうか すごいのう http://t.co/Rr9keI6PDu
以前読んだ気がするがいかんせんSEEDみてないので|ω・`) / これが人の夢、人の望み、人の業!! https://t.co/TfltUMDauH
↓あ、どこかで見覚えのあるイタい先生だと思ったら、このアツい論文の著者だ。 「これが人の夢、人の望み、人の業!!―ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来―」 http://t.co/Uokdigv0Wl いずれウチのサイエンスカフェにお招きしたい。
住吉雅美先生といえば、日本学術会議の『学術の動向』に載った、住吉雅美「これが人の夢、人の望み、人の業!! ―ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来」。https://t.co/3ePmiPBEvo
+(0゚・∀・) + ワクテカ + 住吉 雅美(2007)「これが人の夢、人の望み、人の業!! ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来 」『学術動向第12巻6号 72-75項... http://t.co/9NDraicy
これ、後半の「人間の本性の変容」の話はアレントの「人間の条件」の話を連想させる。RT @hirakawah: 来期の授業で討論ネタに。住吉雅美「これが人の夢、人の望み、人の業!! ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来」http://t.co/YrPciLgO
以前、@krtnb さんが倫理学者としてSEEDに萌えていたのを思い出した。来期の授業で討論ネタにしても面白そう(ご本人招くか?)。住吉雅美「これが人の夢、人の望み、人の業!! ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来」http://t.co/YrPciLgO
僕はそんなにガンダム好きではないんだけど、これ面白かった。住吉雅美「これが人の夢、人の望み、人の業!! ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来」 https://t.co/mpaV7ed8 この人来年の宇宙ユニットシンポに呼べないかな。
「私の目下の最大の関心事はガンダムなのだが、「学術からの発信」を書くよう依頼されたので、強引にガンダムがらみの生命倫理の問題を取り上げてみた。」https://t.co/UIqqvYzP
熟練の力技。「この対立の一層の先鋭化が宇宙規模で深刻な戦争を生み出す状況、ならびにそこで生じうる倫理問題を劇的に描いている作晶は、日本のモビルスーツアニメ『機動戦士 ガンダムSEED』(…)である。」 / “住吉雅美(2007)「…” http://t.co/p2mYaZRv
とりあえず落ち着け。 RT まず序文にワロタ。「私はアナーキズム研究者の端くれである。そのような者がなぜ内閣府に属する日本学術会議の連携会員に採用され、しかもその広報誌に寄稿する羽目に陥ったのか。耐え難き矛盾である。」→ http://t.co/bL1XqW52
前からちょっと読んでみたいなと思っていた住吉雅美先生の「これが人の夢、人の望み、人の業!! ―ガンダムSEEDに見るバイオテクノロジーと人類の将来」『学術の動向』12(6),2007、JSTAGEで一年くらい前に公開されてたのか http://t.co/3GhGB2C1

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits1996/12/6/12_6_72/_pdf (68)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits1996/12/6/12_6_72/_article/-char/ja/ (58)