著者
光田 航 東中 竜一郎 富田 準二
出版者
一般社団法人 人工知能学会
雑誌
人工知能学会論文誌 (ISSN:13460714)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.DSI-E_1-10, 2020-01-01 (Released:2020-01-01)
参考文献数
27

Understanding the various information from user utterances is important for chat-oriented dialogue systems. However, no study has yet clarified the types of information that should be understood by such systems. With this purpose in mind, we first collected information that humans perceive from each utterance (perceived information) in chat-oriented dialogue. We then categorized the types of perceived information. The types were evaluated on the basis of inter-annotator agreement, which showed substantial agreement and demonstrated the validity of our categorization. To the best of our knowledge, this study is the first attempt to clarify the types of information that a chat-oriented dialogue system should understand from varied user utterances.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

①言外の情報については、今年筑波に社ドク行ったNTTのMD研の人の研究とかが最近やられてる。 https://t.co/N0f8PFDhur
溝口先生や古崎先生らは、オントロジー工学で、世界的にトップクラス、NTTの東中先生たちも、雑談対話で、世界的にトップレベルです。 必ずしも、ディープラーニングではないかもしれない。 引用先とか、わかりやすさとか、勉強に最適です。公開してくれるのはすごい! https://t.co/2UrDUZ8foj
東中先生の論文は、純粋な言語学の研究をしている方は、必ず、読んだ方がいいと思います! 語用論の理論と実装そのものです❗️ 雑談対話における言外の情報の収集と類型化 https://t.co/2UrDUZ8foj すみません、ハックして言語学者には、ダウンロード出来ないように、しました!今夜までは。

収集済み URL リスト