著者
市川 雷師 守屋 達美 保坂 辰樹 福西 智子 沖崎 進一郎 小川 顕史 鈴木 貴博 松原 まどか 高田 哲秀 田中 啓司 藤田 芳邦
出版者
一般社団法人 日本糖尿病学会
雑誌
糖尿病 (ISSN:0021437X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.7, pp.495-500, 2010 (Released:2010-08-19)
参考文献数
19
被引用文献数
2

症例は65歳の男性.2型糖尿病で食事療法,インスリン療法を受けていたが,HbA1cは7~9%台であった.2008年9月下旬感冒を契機に食思不振となり,インスリン注射を中断した.10月12日意識障害,異常行動を主訴に当院を受診し,糖尿病性ケトアシドーシス(Diabetic ketoacidosis:以下DKAと略す)の診断で入院した.第2病日から腹痛を訴え,腹部CTで門脈ガスを認めた.腸管壊死を疑い上腸間膜動脈造影を行なったが,血栓や閉塞はなく非閉塞性腸管虚血症(Nonocclusive mesenteric ischemia:以下NOMIと略す)と診断した.血管拡張薬の持続投与も効果なく,第3病日緊急手術を施行し救命できた.NOMIは特徴的所見がなく診断が困難であり死亡率も高い.DKAでは腹痛を訴える症例が少なくなく,鑑別としてNOMIも念頭に置き診療にあたる必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 6 favorites)

糖尿病ケトアシドーシスによるNOMI DKAによる高度の血管内脱水によりNOMIを発症か。 糖尿病患者の自律神経障害によって腸間膜動脈の血流低下への代償反応の低下も関与か。 DKA発症時の腹痛は大量補液で改善するが同じ病態の重症度の違いか。 https://t.co/gBaJZObhH7 https://t.co/rvuOWuRpDU https://t.co/wt7hfgzViE
【参考】 https://t.co/tdz08iQmOu https://t.co/hvceOt7bCb https://t.co/fMsl7yGkKg https://t.co/zARpq7O5dR

収集済み URL リスト