著者
今井 則夫 難波江 恭子 河部 真弓 安藤 好佑 戸田 庸介 玉野 静光 野島 俊雄 白井 智之
出版者
日本毒性学会
巻号頁・発行日
pp.123-123, 2008 (Released:2008-06-25)

【目的】携帯電話の利用者数は年々増加しており、精巣も携帯電話の長時間使用によって電磁波にばく露される対象臓器であり、精巣毒性が懸念される。そこで、携帯電話で用いられている1.95GHz電磁波の精巣毒性の有無について、ラットを用いて検討した。【方法】ばく露箱内の照射用ケージにSD系雄ラットを入れ、ばく露箱内上部に直交させたダイポールアンテナで、周波数1.95GHz、W-CDMA方式の電磁波を全身に照射した。電磁波ばく露は、性成熟過程である5週齢から10週齢に至る5週間、1日5時間行った。照射レベルは全身平均SAR(Specific absorption rate)が0 W/kg(対照群)、0.08 W/kg(低ばく露群)および0.4 W/kg(高ばく露群)の3段階を設定した。なお、実験は各群24匹を2回(1回に各群12匹)に分けて行った。ばく露終了後、剖検を実施して全身の諸器官・組織の肉眼的病理学検査を実施し、雄性生殖器の器官重量の測定を行うとともに、精子検査(精子の運動率、精巣および精巣上体の精子の数、精子の形態異常率)を行った。また、雄性生殖器の組織について病理組織学的に評価するとともに、精巣のステージング(精子形成サイクルの検査)についても評価した。【結果】ばく露期間中に死亡例はみられず、一般状態においても著変は認められなかった。体重、摂餌量、雄性生殖器系器官・組織の重量、精子の運動率、精巣上体の精子数、精子の形態異常率、精巣のステージ分析において、ばく露群と対照群との間に有意な差は認められなかった。また、肉眼的病理学検査および病理組織学的検査においても電磁波ばく露に起因すると思われる変化は認められなかった。【結論】5週齢のSD系雄ラットに1.95GHz電磁波を5週間全身ばく露した結果、電磁波ばく露の影響と考えられる変化がみられなかったことから、電磁波ばく露による精巣毒性はないと判断した。(この研究は社団法人電波産業会(ARIB)の支援によって実施した)

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 4 posts)

まずですが、携帯電話に使用されている電磁波は、「通信を行う際」の強い電磁波である「マイクロ波」と、「ただ電源が入っているから」発信される、「天井の蛍光灯から以下の出力の低周波」に分かれます。 主に、論文などで研究されているのは「先に書いたもの」の状況であり、 「ただポケットに入れている」だけの後者の電磁波の強さは問題視されません。 前者の強さの物であれば、例えば以下のように ...
通常そうした装置は金属板で覆われています。 それだけで外に漏れる電磁波はほとんどありません。 発電所なども「それ専用の」などといったこともなく、こうした設備だけでほぼ防げる話です。 >男性は精子が死滅するとも聞いた事があります 死滅する、とまで強く出た話はありません。 精子量が「減少する」という話はありますが、電磁波の周波数、強さ、時間などによって、 影響が少し ...
まずですが、確定的な材料、というものは存在しません。 そもそもの話として影響があるとしても「通信時の強さ」であり、 ただ所持しているだけで出る電磁波など非常に弱いものです。 ただし、そのあたりを理解してない人には >IT屋の子供は女の子が多いと言う 等のような、電磁波とITのように関係ない、真偽も定かでない要素を結びつける人も少なからずおります。 その上で、でし ...
携帯電話の電磁波によらず、電磁波というものは 「距離の2乗に出力が反比例する」というものがあります。 そのために、「頭に密着して使用する」会話であれば、 WHOで指摘されたような 「10年間、毎日30分以上の会話」での危険性を否定しきれないといった報告が上がっています。 携帯電話の発信時の出力は0.5W前後であり、非常に低いものなのですが、 長時間影響を受けた場合の影 ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

@MD_a_To_bl_o @PReCisioN_Reo 動物実験の結果を公表した人もいるようです。 https://t.co/LuWswC65IC

収集済み URL リスト