言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 6 favorites)

ちなみに、松浦由起氏の『近世地誌・軍記・系譜等における濃姫の呼称「帰蝶・胡蝶・桔梗」について ―二十一巻本『武功夜話』巻一の表記―』(豊田工業高等専門学校研究紀要)はこちらで読めます。 https://t.co/elyczmkdyR
ところで朝日新聞の記事では「信長の正室の本名をめぐって、国文学者から出された新たな学説が注目を集めている。」とあるけど、これ2014年の論文ですね。 https://t.co/5IvqI2MSOu
@t_mitsu_history こちらですか? https://t.co/3y0wC95f3t
※濃姫については史料がほとんどなく、名前すら定かでない。「濃姫」「帰蝶」の名が出る最も古い資料は江戸時代の読本で、歴史的信憑性は薄いと。「帰蝶」に至っては、いずれ嫁がせる娘に、離縁され戻る事を暗示するような名前をつけるか、という疑問も。 https://t.co/Il9JZA5Zd7

収集済み URL リスト