著者
伊丹 琢 藪名香 俊人 家喜 湧大 矢野 賢一 山本 亮 小林 安之 篠田 信之 青木 隆明 西本 裕
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.856, pp.17-00291-17-00291, 2017 (Released:2017-12-25)
参考文献数
15

We previously proposeda power assist robot and conductedexperiments for cervical cord injury(CCI) patients. This paper proposed a new type of robot orthosis by making of their residual function around their shoulder in order to operate the wheelchair. A lock/unlock mechanism on the elbow joint is effectively used to transmit the residual function around the shoulder to the hand. We confirmedthat three patients with CCI could use their residual functionaround their shoulderand operate a wheelchair effectively in outdoor environment like high resistance roads and roads with a slope by measuring velocity of the wheelchair and electromyography of his shoulder muscle.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

日本機械学会論文集 Vol. 83(2017) No. 856「上肢機能障害者のための回転駆動型ラチェット機構を搭載した力伝達装具の開発」https://t.co/zvuU0JAsqv
日本機械学会論文集 Vol. 83(2017) No. 856「上肢機能障害者のための回転駆動型ラチェット機構を搭載した力伝達装具の開発」https://t.co/zvuU0JAsqv
日本機械学会論文集 Vol. 83(2017) No. 856「上肢機能障害者のための回転駆動型ラチェット機構を搭載した力伝達装具の開発」https://t.co/zvuU0JAsqv
日本機械学会論文集 Vol. 83(2017) No. 856「上肢機能障害者のための回転駆動型ラチェット機構を搭載した力伝達装具の開発」https://t.co/zvuU0JAsqv

収集済み URL リスト