著者
川瀬 佑司 吉田 成朗 鳴海 拓志 上田 祥代 池田 まさみ 渡邊 淳司 谷川 智洋 川本 哲也 廣瀬 通孝
出版者
特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会
雑誌
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 (ISSN:1344011X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.483-492, 2016 (Released:2016-10-31)
参考文献数
16

We propose a system to prevent identification of an individual identity by changing the size and position of one's facial regions. Invasion of privacy and the right of publicity have been a problem along with the popularization of social media and improvement of image resolution. The mosaic and the blur have been used to prevent identification of a person's identity. These techniques, however, make people difficult to understand the context of the video, because the facial expressions of the characters and the background in the video are masked. In this paper, we focus on naturally conversing the facial appearance in images for protecting their privacy. We examined the proper degree of facial changing parameters, and performed user studies to evaluate these parameters.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (39 users, 41 posts, 77 favorites)

@nawafuji いまICCで展示している「他人のそら似生成機」がそれで、クラウドソーシングを使って大量に集めた人の顔認知のデータをもとに、他人顔に変換するアルゴリズムを構築している。 https://t.co/38zFmWsyYI
該当論文はこれで、成果物はICCオープンスペースにて展示中。 https://t.co/FCEJcOvSUQ
ICCの展示の中で一番だったやつだ PDF: https://t.co/yPc3Y7HBib
明日からのICCオープンスペース、NTTさん(渡邊淳司さん)のブースに技術協力した作品が展示されています。10枚の顔画像の中に、本当の自分の顔が1枚だけあります。顔画像を他人のそら似っぽく作り変えるアルゴリズムを使ってます。… https://t.co/Za3hYzGnjL

収集済み URL リスト