著者
小野 文子 間島 秀徳
出版者
大学美術教育学会
雑誌
美術教育学研究 (ISSN:24332038)
巻号頁・発行日
vol.48, no.1, pp.129-136, 2016 (Released:2017-03-31)
参考文献数
16

本稿は,「日本画とはなにか」という問いに焦点をあて,現代と明治期それぞれの時代におけるグローバリゼーションに接点を見出し,明治期に始まる政策としての「日本画」創出について考察したものである。「日本画」の誕生には,明治期に欧化主義のなかで西洋の価値基準を取り入れ,新たに自国の絵画を作りだそうとした歴史的背景があり,お雇い外国人アーネスト・F・フェノロサの関与は,このことを明確に表している。さらに,フェノロサと金子堅太郎,J.McN.ホイッスラーとの関わりに着目すると,「日本画」の創出が,国家戦略,そしてグローバリゼーションによって広がる多様な価値観のなかで誕生したことが分かる。本稿では,対西洋としての「日本画」について,その誕生の歴史的経緯を吟味し,1980年代から90年代にかけての「日本画」の再考について論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

日本画は明治時代に誕生。/ 大学美術教育学会「美術教育学研究」第48号(2016):129–136 対西洋としての日本画の創出と再考  小野文子,間島秀徳 https://t.co/AwZONKqnNJ 498KB 8頁 >明治期に始まる政策としての「日本画」創出について考察  >フェノロサと金子堅太郎,J.McN. ホイッスラー

収集済み URL リスト