著者
Susumu Ohtsuka Kazunori Hasegawa Taeko Kimura Hiroshi Miyake Yusuke Kondo Ken Iida Honorio Pagliawan Ephrime Metillo
出版者
The Malacological Society of Japan
雑誌
Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) (ISSN:13482955)
巻号頁・発行日
vol.75, no.1-4, pp.93-98, 2017-11-27 (Released:2018-01-11)
参考文献数
39

ウロコガイ科二枚貝ベッコウマメアゲマキScintilla philippinensis Deshayes, 1856の生体がフィリピン・パラワン島で採集されたが,外套膜とその膜上の突起,足を用いてウミウシ類及びカニ類に擬態と考えられる行動が観察された。ウミウシ類型の場合,外套膜を変形させて形態を似せる。カニ類型の場合には形態的類似性だけでなく足も用いて行動も真似る。ウロコガイ上科は他の動物に共生することで知られるが,擬態に関する知見は少ないので,今後のより詳細な研究が待たれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 5 favorites)

元論文の方も:J-STAGE Articles - Possible Mimicry in the Galeommatid Bivalve <i>Scintilla philippinensis</i> (Bivalvia: Ga… https://t.co/tDPnPa1tjm

収集済み URL リスト