著者
川本 信之 三上 進
出版者
日本貝類学会
雑誌
貝類学雑誌 (ISSN:00423580)
巻号頁・発行日
vol.37, no.4, pp.230-239, 1978-11-30 (Released:2018-01-31)

It is reported that the Nautilus makes a diel vertical migration from a depth of about 500 m up to the near-surface of the sea. However, it is axiomatic that such a long-ranged migration within a short period of the time cannot be managed by only water-jet propulsion through the hyponome. There has been a number of early works for elucidating how the animal is possible to make this migration, but no satisfactory solution has been obtained so far. Through an anatomical observation on muscle part of Nautilus macromphalus, we could speculate that two major retractors, namely, funnel and cephalic, may be involved in downward migration. Our hypothesis is that the contraction of these two retracting muscle will create a pressure in a sea water intaken in the mantle cavity and this pressure may be transmitted (through unknown mechanism) to the siphuncle. If so, the gas contained in other chamber could be compressed and makes the specific gravity of animal increased.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 14 favorites)

オオベソオウムガイの筋肉部構造とその観察に基づく沈降機構に関する仮説 川本 信之 , 三上 進 筋肉で引っ張り身体を圧縮すると軟体部の容積が変化するはず。中性浮力の状態から、1円玉一枚分でも容積が変化すれば、小型オウムガイロボットは浮いたり沈んだりできる。 https://t.co/lslweb9891
https://t.co/lslweb9891 オオベソオウムガイの潜るメカニズムについての三上博士の論文。筋肉で引っ張り結果として身体を圧縮する事で、軟体部の容積が若干変化して比重が変わる可能性を感じます。中性浮力の状態から、1円玉一枚分でも容積が変化すれば、オウムガイは浮いたり沈んだりできるはず
https://t.co/lslweb9891 飼育していたオウムガイの遺体を解剖した研究を拝見。軟体部と貝殻はあまり繋がっていないとの事。アンモナイトとは違うようです。殻の蓋をぎゅっと閉めた状態で死亡したようです。この時私の推測では筋肉が縮まり体積が減り、沈むと思うのですがその辺りの情報はありません。

収集済み URL リスト