著者
菅原 清康
出版者
日本雑草学会
雑誌
雑草研究 (ISSN:0372798X)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.79-85, 1978-08-25 (Released:2009-12-17)
参考文献数
17
被引用文献数
1

1) 本研究は比較的古い火山灰黒ボク土壌地帯で, 原野を開墾した畑地に対し耕うんや土壌改良資材の投入によって熟畑化する過程で生起する土壌の化学的性質の変化と, これに伴う雑草植生変化との関係を究明しようとしたものである。2) 土壌改良資材を全く使用しない無施用区では, 土壌の化学的性質は15年後も開墾当初とさほど変らず, 開墾5年後ごろまで草種数が多少増加したが, 以後は変らず, 草種は山野草が主体をなした。3) 少量混用区では, 開墾2年後ごろまで山野草, 以後は山野草と畑地雑草の混生が続き, 草種数は10年後まで, また個体数および草重は8年後まで増加した。4) 多量混用区では, 開墾1年後は山野草, 2~6年後は山野草と畑地雑草の混生, 以後は畑地雑草に転換し, 草種数, 個体数, ならびに草重はそれぞれ少→多→中といった傾向を示した。5) 3試験区を通じ全般的にみると, 熟畑化過程における雑草植生の変遷は, 山野草主体→山野草+畑地雑草→畑地雑草の経過をたどり, これは原野状態の雑草植生→未熟畑状態の雑草植生→熟畑状態の雑草植生とみることができる。6) 山野草の雑草植生から未熟畑状態の雑草植生に転換する土壌の化学的性質の段階は, おおむね土壌pH (KCl) 4.40, 置換酸度 (y1) 10.0, ならびに石灰飽和度20%, また熟畑状態の植生にはそれぞれ5.00, 1.0, ならび50%を境点として転換するようである。7) 雑草植生を転換させうる土壌の化学的性質の境点が究明されれば, これを指標として利用することができ, 営農上極めて有利である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 13 posts, 50 favorites)

収集済み URL リスト