著者
小林 大祐
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.139, no.1, pp.1-6, 2019-01-01 (Released:2019-01-01)
参考文献数
36

Overconsumption of Ginkgo biloba seeds induces food poisoning characterized by tonic-clonic convulsions and vomiting. The primary toxic component, 4′-O-methylpyridoxine (MPN), was purified from the seeds in 1985. This review includes the following aspects of ginkgo seed poisoning: 1) toxicity related to the content of MPN and MPN glucoside in G. biloba seeds; 2) the effect of MPN on vitamin B6 analogs, including an increase in pyridoxal and pyridoxic acid and decrease in pyridoxal-5′-phosphate plasma concentrations; 3) case reports of ginkgo seed poisoning in Asia, North America, and Europe, and their effective treatment via vitamin B6 administration. Considering the increase in the use of G. biloba seeds, it is essential to raise global awareness of their potential toxicity.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 10 favorites)

通りすがりの者ですが、 小林大祐「ビタミンB6欠乏症を引き起こす銀杏中毒に関する研究」 (『薬学雑誌』2019 年 139 巻 1 号 p. 1-6) https://t.co/NzPC49etdS がありました。(既に読んで… https://t.co/gnwyfDRmv1
1. ビタミン B6 欠乏症を引き起こす銀杏中毒に関する研究 https://t.co/nahtPLeKLx 生の銀杏を温める、もしくは沸騰したお湯の中で茹でることにより、殻の有無に関わらず急性中毒の原因物質、4′-O-meth… https://t.co/dnLxjJQfP2
@motsu_phsci もう既に読まれているかもしれませんが、こんな論文があったという喜びでリプライを抑えられなくなっているのでリンクだけでも貼らせてくださいw https://t.co/nahtPLeKLx

収集済み URL リスト