著者
下村 裕子 指田 豊 大島 行雄 我妻 禎 斎藤 昌彦
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.100, no.11, pp.1164-1166, 1980-11-25 (Released:2008-05-30)
参考文献数
8
被引用文献数
5 5

Scopoletin, protocatechualdehyde, ethyl and methyl caffeate and phytosterols were isolated from stems and leaves of Artemisia apiacea HANCE (Compositae).

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

クソニンジンの近縁種カワラニンジンにもクソニンジンArtemisia annua)  のアルテミシニン類似のセスキテルペンラクトン用骨格の物質が抽出されたが、アルテミシニンの含有にについては不明。 https://t.co/oyVDAV78y8 https://t.co/cXrJ1Ukr3b

収集済み URL リスト