著者
浜西 千秋
出版者
日本腰痛学会
雑誌
日本腰痛学会雑誌 (ISSN:13459074)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.52-57, 2007 (Released:2008-01-22)
参考文献数
4
被引用文献数
1

腰部・下肢症状を有する外来患者49例で,用手的筋力測定装置により座位において躯幹の引き起こし筋力を測定したところ,無症状対照群の平均値,男性116N,女性78Nに対し,男性17例で86N,女性32例で64Nと著明に低下していた.外来で座位で躯幹を後傾させる,あるいは後傾させて両足をあげるなどの極めて簡便な「コルセット筋」訓練を指導し,経過を追って測定したところ,女性15例で51Nから78Nへ,男性9例では平均69Nから95Nへとそれぞれ筋力は増加し,これら24例のうち17例で腰痛や神経症状の改善が認められ,また病態や治療に対する不安感が大きく減少していた.内外腹斜筋,腹横筋,多裂筋など腹腔周囲「コルセット筋」の持続運動や筋力強化は慢性腰痛の予防と治療のみならず,腰椎由来の神経症状の治療や “ぎっくり腰” の予防にも有用であり,また筋力の即時数値評価は患者の訓練に対するコンプライアンスを高めるのに効果的であった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

腰痛バンドの長期間の使用は体幹筋の筋力低下を招き、 結果として痛みが悪化することがあります。 そこで、時々外してコルセット筋をトレーニングしましょう。 椅子に浅く腰掛けて背中を伸ばし後方に傾斜し その姿勢を維持するだけでOKなので簡単です。 時々腰痛バンドを外すのと姿勢を正すのが重要です。 https://co-medical.mynavi.jp/conten ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト