著者
大沢 映二
出版者
The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan
雑誌
有機合成化学協会誌 (ISSN:00379980)
巻号頁・発行日
vol.45, no.11, pp.1033-1043, 1987-11-01 (Released:2009-11-13)
参考文献数
94
被引用文献数
1 1

日本化学会の将来構想委員会が最近公表した報告の中に「化学におけるコンピュータの役割」と題する一章があり,その中で次のように言っている:『(コンピュータ)の役割は今後益々増え(続け),化学の将来に最も重要な分野の一つはコンピュータによる理論的な計算や論理,考察であろう』。コンピュータに向く理論計算法は大きく分けて量子化学計算と分子力学計算である。前者については本特集では別に取り上げられている。後者は一口で言えば分子模型のコンピュータ化であって,特に有機立体化学や有機合成化学への応用に適している。分子力学法の使い方や応用例については本特集では別に解説されるので,ここでは応用に入る前の導入部として,基本的な考え方や今後の動向に重きを置いて纏めてみた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@monstakaban こんなサイトもあるが見る気あるか?
分子力学計算の最近の動向 https://t.co/lGt0yh0Kyl

収集済み URL リスト