著者
宇津 徳治
出版者
公益社団法人 日本地震学会
雑誌
地震 第2輯 (ISSN:00371114)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.179-185, 1977-08-05 (Released:2010-03-11)
被引用文献数
7 10

Two kinds of probabilities p1 and p2 are considered in connection with the earthquake prediction, p1 is the probability that a prediction will be successful, and p2 is the probability that an earthquake will be predicted. Both “prediction” and “earthquake” have been defined by some criteria X and Y, respectively. The status of the prediction based on each observational element can be indicated by a point on the p1-p2 plane. The effectiveness of the prediction is related to p1 and p2 by an equation in the form E=p2(a-b/p1)-c where a, b and c are constants. If two or more observational elements are considered, p1 and p2 for the combined elements are calculated from p1 and p2 for each element under some assumptions. Formulas for such calculation have been derived. In these formulas the probability p0 that a random prediction (under criterion Y) will be successful plays an important role. For example, if a prediction is done when precursorlike anomalous phenomena are observed for two independent elements A and B, the probability of successful prediction is given by p1(A ∩ B)=1/1+(1/Ap1-1)(1/Bp1-1)/(1/p0-1) where Ap1 or Bp1 is the p1-value for element A or B alone. The effectiveness of the multielement prediction is discussed by using these formulas.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (43 users, 77 posts, 17 favorites)

@tanarin_h @rjgeller 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKGLfV 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4oINgp フラクタ… https://t.co/d7gBlZ4GrH
@Plutokun_Bot 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@peerway 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@Sankei_news 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@trend_twitdon 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@usa_hakase 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
地震予測の成功率は2つの数字を見て判断するのがよいでしょう。 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/lOqr0a4CbK
「予測」のトリックは40年以上前から知られている問題だと思います J-STAGE Articles - 地震予知の適中率と予知率 https://t.co/lOqr0a4CbK
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
@sh1939murai 地震予知予測成績 地震前予知予測を出していた割合(予知率)と予知予測の通りに地震が起きた割合(適中率) 予知率を高くするには予測乱発 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」 https://t.co/BuXyC0VUUq
地震予知・予測の成績を見るときに大事な数字は2つ:大きな地震の前に予知・予測を出していた割合(予知率)と予知・予測の通りに大きな地震が起きた割合(適中率)。予知率だけを高くするのは簡単で予測を乱発すればよい。詳しくは宇津徳治「地震… https://t.co/kdIJvYkJk9
@sh1939murai 地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見る https://t.co/Qw4NtKYm7t 偶然の成績との比較も大事 https://t.co/f6KX4p0o7X
真剣に短期予測を目指すのであればまずはこれを読んで作戦を立てるのがよいと思います。 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」(『地震』30 巻, 1977) https://t.co/ONuh2aIWVx
地震の予知・予測、的中率(適中率)の意味が宇津(1977)の定義とは違う方が見受けられてときどき混乱する。 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」(地震学会『地震』) https://t.co/ONuh2aIWVx
小さな地震ほど数が多い(グーテンベルグ・リヒター則)ので期間を長くとって小さな地震を予測すると見かけの成績は良くなるのだが、その予測に意味はないことは宇津(1977)が論じています https://t.co/ONuh2aIWVx
地震の予知・予測では予知率と適中率の2つの成績を見ます https://t.co/ONuh2aIWVx また偶然の成績との比較も大事です https://t.co/FD0pONPvDR 当たった当たったと喜んでいるだけでは進歩はないですよ @jishin_mitate
予知でも予測でも同じです。その成績を考えるときの基本文書がこれです。 https://t.co/ONuh2aIWVx https://t.co/5Bbhh4WN47
@jishin_mitate これを読んでよく考えてください。地震の前に予測を出している率を高くすることは簡単なのです。  https://t.co/ONuh2aIWVx
地震予知・予測情報の成績を見る際には、適中率と予知率、の2つの数字に注目することが大事です。 宇津「地震予知の適中率と予知率」(地震) https://t.co/ONuh2aIWVx
地震予知の成績を考えようという論文が宇津(1977)の「地震予知の適中率と予知率」。地震学会の雑誌にでています。 https://t.co/ONuh2aIWVx
地震予知の成績に関する割合で重要なものは2つあって宇津先生のこの考察では的中率と予知率として提示されている 宇津徳治「地震予知の適中率と予知率」地震 第2輯, 30, 179-185, 1977. https://t.co/ONuh2aIWVx

収集済み URL リスト