5 5 5 5 OA 出版年鑑

著者
東京書籍商組合 編
出版者
東京書籍商組合事務所
巻号頁・発行日
vol.昭和6年版, 1931
著者
三瓶 弘喜 サンペイ ヒロキ Sampei Hiroki
出版者
熊本大学
雑誌
文学部論叢 = Kumamoto journal of culture and humanities (ISSN:03887073)
巻号頁・発行日
no.108, pp.1-24, 2017-03

There were approximately 20,000 pigs running free on the streets in Antebellum New York City. This article examines the reason for the presence of so many pigs, what significance they had for urban environment, and the opinions that the residents had about the pigs. This would shed new lights on the role of class, race, ethnicity, and gender relations in urban society and politics during times of development and change.
著者
柴田 久
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木史研究論文集 (ISSN:13495712)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.35-43, 2004-06-15 (Released:2010-06-04)
参考文献数
41

It is very important to research the relation between civil engineering history and the military. The purpose of this article is to consider and clarify the effect on urban formation by the establishment of division. This case is the transition of Zentsuji City and Army's 11th division. The methods are historical materials collection and interview about Zentsuji City and Army's 11th Division. The summary of the result is: 1) The modern urbanization of Zentsuji was advanced by the militaristic thought. 2) Zentsuji city formed the original society system by the change of space and industrial structure by the establishment of division. 3) A part of inhabitant became a victim of the militaristic urban formation.
著者
坂井 孝一
出版者
東京大学
巻号頁・発行日
2015

審査委員会委員 : (主査)東京大学准教授 高橋 典幸, 東京大学教授 佐藤 信, 東京大学教授 渡部 泰明, 東京大学教授 近藤 成一, 青山学院大学教授 藤原 良章
著者
神島 裕子
出版者
日本哲学会
雑誌
哲学 (ISSN:03873358)
巻号頁・発行日
vol.2018, no.69, pp.21-31, 2018-04-01 (Released:2018-08-01)
参考文献数
8

This paper examines the problem of harassments in higher education from the perspective of Iris Marion Young’s social connection model of responsibility and suggests the problem as results of structural injustice. The first section reviews Young’s model of responsibility and sheds light on three features: (1) it imposes responsibility on all actors involved in structure that produces unjust outcome, (2) it sees responsibility as forward-looking and imposes this responsibility on all actors as shared responsibility, and (3) all actors are demanded to engage in collective actions to make unjust structures less unjust. The second section applies Young’s model of responsibility to sexual harassments in higher education institutions. A hypothetical character of a female university lecturer is employed to show how in a gendered sexist society sexual harassments could occur in university setting where no single actor can be blamed for the unjust result. The third section points out one problematic feature of Young’s model of responsibility. Young’s idea of shared responsibility is useful to set the problem of sexual harassments as our collective problem, but it gives insufficient attention to capabilities of victims of unjust structures. The forth section discusses the question of capability to responsibility. Although Young suggests that victims share responsibility at least to criticize unjust structure, they generally lack capabilities to do so due to the gendered sexist society. On the other hand, Young denies the idea of blaming non-victims, even when they have capabilities to reproduce such structures, for the sake of cooperative motivations. This paper argues that Young’s model should take capabilities of victims into account so that it does not allow a counter-argument that “no voices raised, no harassment done”, while admitting that in certain cases we cannot practically blame non-victims of unjust structure. The fifth section suggests a sort of “self-investigating research project” as part of taking shared responsibility where individual actors take turns to reflect upon one’s own positions and actions and then present one’s report to others in meetings. This project seems fit into the university setting as a way for sharing responsibility for achieving justice.
著者
今井 修 寺田 悠希 松木 崇晃 杉野 弘明 林 直樹
出版者
公益社団法人 日本地理学会
巻号頁・発行日
pp.000030, 2018 (Released:2018-06-27)

農村地域における鳥獣被害が発生する場所では、主としてハンターによる捕獲が行われている。一方で住民は、自分達の地域を守るために果たすべき行動を学ぶことが必要である。鳥獣対策ボードゲームのもつロールプレイン機能は、動物、ハンター、住民それぞれの空間行動を学ぶことができる。住民の行動を引き出すように設計されたボードゲームをプレイすることにより、住民は短時間に具体的な対策行動について学ぶことができる。その結果、ゲーム後具体的な地域において住民は、動物の目撃情報の提供、餌場対策等、ハンターと協力し対策の効果を上げることができる。また、ボードゲームとして高校生による参加が期待でき、地域課題への関心を促す道具となる。
著者
栗山 圭子
雑誌
神戸女学院大学論集 = KOBE COLLEGE STUDIES
巻号頁・発行日
vol.65, no.1, pp.1-13, 2018-06-20

二条天皇の皇子である六条天皇 (1164~1176) の乳母は、藤原邦子という女性である。本稿は、邦子がなぜ六条天皇の乳母に抜擢されたのかという点を考察することにより、当該期の政局について論じるものである。父親である後白河院と対立した二条天皇を後援したのは、摂関家と二条天皇乳母の家系 (葉室流) である。藤原邦子は、摂関家家司をつとめた藤原邦綱の娘であり、葉室流藤原成頼の妻である。「乳父」邦綱と「乳夫」成頼が、「乳母」邦子を介して六条天皇の補佐を行った。六条乳母邦子は二条親政下の体制を象徴しているのである。
著者
高垣 敬一 村橋 邦康 岸本 圭永子 己野 綾 西野 光一 青木 豊明 曽和 融生
出版者
日本外科系連合学会
雑誌
日本外科系連合学会誌 (ISSN:03857883)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.199-204, 2010 (Released:2011-04-25)
参考文献数
26
被引用文献数
2

経肛門的直腸異物は,性的嗜好などが原因で肛門から異物が挿入され,抜去不可能となったものである.われわれは平成18年~平成19年の2年間で5例の経肛門的異物を経験した.5例中2例は同一の患者であった.平均年齢は56.2歳(30~67歳),全て男性であった.主訴は5例とも異物摘出困難であった.挿入の動機は不明1例,自慰3例(2名),Sadomasochism(以下SM)行為1例であった.異物はプラスチック製の蓋,電動歯ブラシおよびスプーン,プラスチック製の洗剤容器が2例(同一患者),とうもろこしであった.診断はいずれの症例も腹部単純X線で確認出来た.摘出方法は無麻酔下経肛門的摘出1例,腰椎麻酔下経肛門的摘出3例,全身麻酔開腹下経肛門的摘出術1例であった.術後合併症は特に認められなかった.平均入院期間は5.4日(3~10日)であった.
著者
濱野 千尋
出版者
日本文化人類学会
巻号頁・発行日
pp.C10, 2017 (Released:2017-05-26)

本発表の目的は、ドイツにおける動物性愛者の任意団体「ZETA(Zoophiles Engagement fur Toleranz und Aufklarung/ Zoophiles Commitment for Tolerance and Awareness/ 寛容と啓発を促す動物性愛者委員会)」に属するメンバー8名へのインタビュー・データをもとに、人間と動物の関係、特に獣姦(Bestiality)および動物性愛(Zoophilia, Zoosexuality)を考察することである。
著者
小嶌 慶太 青木 真彦 石井 智 田村 光 小島 正夫
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.3, pp.625-629, 2013-03-31 (Released:2013-06-07)
参考文献数
18

巨大な直腸異物の2例を経験したので報告する。症例1は65歳,男性。肛門痛,腹痛を主訴に近医を受診し腹部単純X線写真上,約30cmの針金を腹部に認め当院に紹介された。腹膜刺激徴候は認めず,CTでは腹腔内遊離ガス像およびS状結腸内に靴べらとS状結腸壁を貫通する針金を認めた。同日緊急手術を施行したところ,針金はS状結腸壁を貫通しS状結腸間膜内に迷入していた。靴べらはS状結腸内に認めた。靴べらと針金は経肛門的に摘出した。穿孔部位を含め腸管切除を施行した。術後13日目に退院となった。症例2は58歳,男性。主訴は直腸異物の摘出困難。CTで直腸からS状結腸に棒状異物を認めた。穿孔所見もなく,腰椎麻酔下に異物を鉗子で摘出した。術後1日目に退院した。直腸異物では腹部症状も軽度にあらわれる可能性があり,治療方針決定においては詳細な病歴聴取,理学所見,そして画像診断も重要であることが認識された。
著者
西尾 嘉朗
出版者
日本水文科学会
雑誌
日本水文科学会誌 (ISSN:13429612)
巻号頁・発行日
vol.43, no.4, pp.119-135, 2013-11-30 (Released:2014-01-16)
参考文献数
46
被引用文献数
2

地殻深部流体は,地震発生や火山噴火といった地殻活動において重要な役割を担う。しかし,多くの地球化学指標は表層水の影響を大きく受けやすいため,これまで深部流体の物質科学的研究は遅れていた。比較的新しい研究ツールであるリチウム(Li)の同位体指標は,この地殻深部流体に関する非常に強力な研究ツールであることが最近の研究から明らかになりつつある。近年,地下水のLi同位体データを基に,木曽御嶽火山の南東麓で現在も続く群発地震に関与する流体が非火山性の深部流体であることが明らかとなった。内陸大地震発生に大きく関わる間欠的な深部流体の上昇は,下部地殻の深部流体だまりを覆う難透水層(帽岩)の破れによるものかもしれない。リチウム同位体指標によって,この深部流体が上昇する『水漏れ現象』に関してより高度な知見を我々にもたらしてくれる事が期待される。