25 25 25 25 OA 豊公遺宝図略 2巻

著者
真静 編
出版者
巻号頁・発行日
1832
著者
牧野 晶世
巻号頁・発行日
2013-03-31

ムッソリーニのファシズム政権は、自らのイデオロギーを大衆に広め、政治体制に対する同意を形成する手段として映画を積極的に利用した。しかし、ファシズム体制が崩壊した直後から映画製作が活発に行われ、ネオレアリズモの映画が誕生し、世界的に注目された。この背景には、ファシズム体制下における映画産業の制度整備や基盤強化があったと考えられる。本研究では、ファシズム体制下の映画政策の成果が、戦後のイタリア映画にどのように継承されたのかを考察する。考察では、特に、ファシズム体制下で創設された映画関連の施設や機関、制度などの役割に注目する。また、イタリアと同じく枢軸国であったナチス・ドイツと日本の映画政策と比較し、イタリアの映画政策の独自性を明らかにする。著者はファシズム体制下における映画政策は、戦後のネオレアリズモの映画を生み出す基盤となったと考える。そして、その主な要因は、ハードウェア、ソフトウェア、ヒューマンウェアの3つの面から見ることができる。ハード面では、映画実験センターやチネチッタなどの施設、設備の整備によって映画産業の基盤を強化した。ソフト面では、LUCE の活動などを通じた映画技術の向上、Cineguf などによる映画に関する情報提供と知識の深化が行われた。人材面では、LUCE や映画実験センターで戦後のイタリア映画を担う監督などが育成された。さらには、この政策の背景にあったファシズム政権の文化に対する姿勢も重要であった。芸術の多元的共存の容認や、その結果として芸術家が比較的自由に活動できたこと。また、ナチス・ドイツと比較して、亡命した芸術家が少なかったという事実も挙げられる。このように、ファシズム体制下の文化政策が一枚岩的でなかったこと、映画政策が統制と併せて映画産業の基盤強化を目的としたことが、技術面、人的面で戦前から戦後にかけてのイタリア映画に連続性をもたらし、ネオレアリズモの誕生に繋がったといえる。
著者
高田 佳輔
出版者
一般社団法人 社会情報学会
雑誌
社会情報学 (ISSN:21872775)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.89-105, 2016 (Released:2016-11-22)
参考文献数
24
被引用文献数
1

これまでMassively Multiplayer Online Role-Playing Game(MMORPG)に関する先行研究において,仮想世界内での活動は,問題解決および対人関係能力を高めるという結果が量的な検討によって示唆されているが,MMORPGにはさまざまな集団および難易度の活動があり,それらの区別が十分に行われていない。その一因としては,仮想世界内の活動について,質的な検討が未だ十分に行われていないことが挙げられる。したがって,本稿は,我が国で流行するMMORPGの1つであるFinal Fantasy XIVを対象に,成員が流動的な集団における高難度クエストに焦点を当て,活動の内実およびプレイヤーに求められる能力について参与観察およびインタビュー調査による質的検討を行った。 その結果,第1に,高難度クエストは,仕掛けられた罠に対処するための問題解決能力と,非言語的情報の多くが遮断された環境下での,対人関係能力が必要とされる環境であることが示された。第2に,高難度クエストにおけるプレイヤーの思考や行動を抽出し,コーディングを行うことで,高難度クエストでは「問題の明確化」,「根拠・事実の確認」,「原因の分析および解決策の案出」,および,「実行と評価」といったサブカテゴリーによって構成される合理的問題解決能力と,「同調行動」,および,「調和行動」によって構成されるチームワーク能力が重要であることが示された。さらに,以上の能力は,現実世界の集団作業で重要な2つのリーダーシップの機能として提示される「目標達成」と「集団維持」を包含し,それぞれがリーダーシップを介在せずに機能していることが示された。
著者
高井 研
出版者
日本高圧力学会
雑誌
高圧力の科学と技術 (ISSN:0917639X)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.362-376, 2010 (Released:2010-12-11)
参考文献数
58

To date, together with rapidly developed culture-independent molecular techniques, knowledge in biomass, phylogenetic diversity and biogeography of microbial components has been extensively characterized in various terrestrial and oceanic habitats of deep biosphere. However, the general sketch of phenotypic and physiological diversity of subsurface microorganisms has remained poorly understood as most of the indigenous subsurface microbial components still escape from the laboratory cultivations. In this article, the physiological properties of the microorganisms that have been cultivated from various subsurface environments are overviewed.
著者
Atsukazu KUWAHARA Kyoko MATSUDA Yuko KUWAHARA Shinji ASANO Toshio INUI Yoshinori MARUNAKA
出版者
Biomedical Research Press
雑誌
Biomedical Research (ISSN:03886107)
巻号頁・発行日
vol.41, no.5, pp.199-216, 2020-10-16 (Released:2020-10-16)
参考文献数
182

The microbiota-gut-brain axis transmits bidirectional communication between the gut and the central nervous system and links the emotional and cognitive centers of the brain with peripheral gut functions. This communication occurs along the axis via local, paracrine, and endocrine mechanisms involving a variety of gut-derived peptide/amine produced by enteroendocrine cells. Neural networks, such as the enteric nervous system, and the central nervous system, including the autonomic nervous system, also transmit information through the microbiota-gut-brain axis. Recent advances in research have described the importance of the gut microbiota in influencing normal physiology and contributing to disease. We are only beginning to understand this bidirectional communication system. In this review, we summarize the available data supporting the existence of these interactions, highlighting data related to the contribution of enteroendocrine cells and the enteric nervous system as an interface between the gut microbiota and brain.
著者
高木 憲太郎 時田 賢一 平岡 恵美子 内田 聖 堤 朗 土方 直哉 植田 睦之 樋口 広芳
出版者
日本鳥学会
雑誌
日本鳥学会誌 (ISSN:0913400X)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.317-322, 2014 (Released:2015-04-28)
参考文献数
17

ミヤマガラスは西日本では九州から東へ越冬地を広げた一方で,東日本では北から南へ越冬地を広げた冬鳥である.我々は東日本に渡来するミヤマガラスの渡りの経路と繁殖地を明らかにすることを目的として,秋田県大潟村八郎潟干拓地において20羽のミヤマガラスを捕獲し,太陽電池式の衛星追跡用送信機(PTT)を装着して追跡を行なった. 八郎潟で越冬していたミヤマガラスは,越冬中も10 km以上離れた男鹿半島や能代平野を行き来しながら過ごしていることが分かった.日本から海に向けて飛び立った地域は,道南の渡島半島(奥尻島を含む)が最も多く,このほか青森県の津軽半島や積丹半島から飛び立つものがいた.渡りの時期は,成鳥は4月5日までに日本を離れているが,若鳥は4月8日以降で,若鳥の方が遅かった.追跡を行なったミヤマガラスのうち11羽は日本海を越えてロシアの沿海地方に渡るまで追跡することができた.そのうち5羽は中国黒竜江省の三江平原周辺に到達し,3羽はロシアのブラゴヴェシチェンスクの東部に到達した.この結果から,東日本に渡来するミヤマガラスの繁殖地がこれらの地域であることが推定された.
著者
Takao Hoshino Yumiko Uchiyama Eiichi Ito Shunsuke Osawa Takashi Ohashi
出版者
The Japanese Society of Internal Medicine
雑誌
Internal Medicine (ISSN:09182918)
巻号頁・発行日
vol.51, no.12, pp.1595-1598, 2012 (Released:2012-06-15)
参考文献数
19
被引用文献数
12 17

A 36-year-old man was admitted to our hospital because of urinary retention and muscle weakness affecting all 4 limbs after receiving a H1N1 09 influenza vaccination. Magnetic resonance imaging demonstrated multiple lesions in his brain and spinal cord. Furthermore, nerve conduction study showed acute sensorimotor neuropathy, and anti-GM2 antibodies were detected in his serum. Based on the temporal association and exclusion of alternative etiologies, we made a diagnosis of acute disseminated encephalomyelitis (ADEM) and Guillain-Barré syndrome (GBS). To our knowledge, this is the first case of co-morbid ADEM and GBS after influenza vaccination with positive anti-ganglioside antibodies.
著者
Nasser Malekpour Alamdari Siamak Afaghi Fatemeh Sadat Rahimi Farzad Esmaeili Tarki Sasan Tavana Alireza Zali Mohammad Fathi Sara Besharat Leyla Bagheri Fatemeh Pourmotahari Seyed Sina Naghibi Irvani Ali Dabbagh Seyed Ali Mousavi
出版者
Tohoku University Medical Press
雑誌
The Tohoku Journal of Experimental Medicine (ISSN:00408727)
巻号頁・発行日
vol.252, no.1, pp.73-84, 2020 (Released:2020-09-09)
参考文献数
49
被引用文献数
1

The Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) pandemic has killed many people worldwide since December 2019, and Iran has been among the most affected countries. In this retrospective study, we aimed to determine the prognostic factors associated with mortality in COVID-19 patients by analyzing 396 survived and 63 non-survived patients in Shahid Modarres Hospital, Tehran, Iran, from January 30th until April 5th, 2020. As the results, the BMI > 35 (p = 0.0003), lung cancer (p = 0.007), chronic kidney disease (p = 0.002), Immunocompromised condition (p = 0.003), and diabetes (p = 0.018) were more frequently observed in the expired group. The history of statins use was more common in the discharged group (p = 0.002), while there was no significant difference in the drug history of angiotensin-converting enzyme inhibitors, angiotensin II receptor blockers, nonsteroidal anti-inflammatory drugs, aspirin, and/or steroids, and in the past-year influenza vaccination. Multivariable regression demonstrated rising odds of in-hospital death related with age (odds ratio (OR) = 1.055, p = 0.002), levels of C-reactive protein (CRP) (OR = 2.915, p < 0.001), creatinine (OR = 1.740, p = 0.023), lymphocyte count (OR = 0.999, p = 0.008), and magnesium level (OR = 0.032, p < 0.001) on admission. In conclusion, the patients with older age and higher BMI with lymphopenia, hypomagnesemia, elevated CRP and/or raised creatinine on admission are at higher risk of mortality due to the COVID-19 infection, which requires the physicians to use timely and strong therapeutic measures for such patients.
著者
徐 勝 大久保 史郎 中島 茂樹 市川 正人 松宮 孝明 生田 勝義 水島 朝穂 豊下 楢彦
出版者
立命館大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2002

各年度の研究成果については、すでに報告済みである。2002年度、科研の第1回日韓共同研究(10月、ソウル法科大学)では「21世紀東アジア平和・安全保障情勢の変化と日韓の安全保障・治安法制の構造」の主題で、韓国の軍事主義と人権(韓寅燮・ソウル法科大)など、6本の報告がなされ、38度線一帯などの視察、韓国国防大学校で「韓国の安全保障」懇談会も行った。2003年2月の第2回日韓共同研究(立命館大学)として『有事法制と国家緊急権に関する新考察』の主題で、「韓国の現代憲政史における国家緊急権」宋石允(梨花女子大学)など5本の報告がなされた。また、続いて行われた立命館大学国際シンポジウム「21世紀北東アジア平和構築と地域協力--新たな情勢と日本の役割-」の第3セッションを担当し、張達重(ソウル大政治学科)「朝鮮半島安保と日本の役割」など4本が報告された。科研と関連して学内研究会を10回にわたって行った。2003年度、第3回日韓共同研究(沖縄、6月20日〜23日)では「米軍と日韓の安全保障・人権」をテーマに、「韓米相互防衛条約-同盟か?隷属か?」(崔哲榮・大邱大学)など8本の報告が行われた。第4回日韓共同研究(ソウル大学校、10月24日〜26日)は「現代韓国の治安法-警察・情報機関」をテーマに、韓国の大法院と大検察庁を訪問し、研究会では、「議会による秘密情報機関統制:ドイツ、米国、韓国における現実を中心に」(李桂洙・蔚山大学校)など6本の報告が行われた。その他、科研と関連して3回の学内研究会が行われた。2004度には、第5回の日韓共同研究(7月・早稲田大学)そこで、鄭〓基「韓国における民族国家の形成と慰霊空間-国立墓地を中心に-」など11本の報告が行われた。その成果としては、主要論文から『法学セミナー』や「『立命館法学』に掲載された他、3年間にわたる科研基盤研究(A)『現代韓国の安全保障と治安法制の実証的研究』総計36本の論文・分析のうちから14本を『現代韓国の安全保障と治安法制』(法律文化社、2006年3月)として刊行した。
著者
西村 剛
出版者
日本動物心理学会
雑誌
動物心理学研究 (ISSN:09168419)
巻号頁・発行日
vol.60, no.1, pp.49-58, 2010 (Released:2010-06-25)
参考文献数
42

The sophisticated feature of human speech allows us to turn much information encoded by language in the brain into sounds and to communicate it with others rapidly and efficiently. Human speech shows highly sophisticated modifications of supralaryngeal vocal tract (SVT) in volume and shape, through voluntary regulation of the vocal apparatuses, which is usually regulated involuntarily in other mammals. Paleoanthropologists have continued to debate the “origin” of language, evaluating distinct morphological features, which are presumed to underlie just human speech, but such continued efforts have no consensus on the age of the origin. On the other hand, recent advances in empirical studies on the development of the SVT anatomy in nonhuman primates endorse the idea that many of the separate biological foundations of speech had evolved independently before the origin of human beings, under different selection pressures unrelated to speech. The efforts have contributed to our better understanding on the mosaic processes of the speech evolution, and could contribute greatly to exploring the long “evolutionary history” of speech.