著者
中島 俊介 楠 凡之
出版者
北九州市立大学文学部
雑誌
北九州市立大学文学部紀要, 人間関係学科 = Journal of the Faculty of Humanities, Kitakyushu University.Human Relations (ISSN:13407023)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.13-29, 2008-03

本研究は,森田療法理論(森田 1960)に基づいて大学生における「健康な自己愛」を検討するための新たな尺度を作成することを目的とした。研究1では健康な自己愛の状態を測定するための尺度項目を検討した。その際には、現在の自己愛理論の「2種類の自己愛」の枠組み(中山ら 2006)を参照しながら,これに自己愛の健康性を示す視点として森田療法理論の「自己へのとらわれ(我執)」(北西 2001)の知見を加えて新しい視点からの自己愛尺度の作成を試みた。これを大学生217名に施行し,因子分析を行ったところ,3つの下位概念に対応する3因子が得られた。研究2では大学生150名を対象として,今回作成した自己愛尺度の信頼性と妥当性を検討した。アルファ係数,再検査信頼性係数などの結果から高い信頼性が確認された。また,NPI(自己愛人格目録)・シャイネス尺度・自尊心尺度などの関連から妥当性が確認された。以上の結果から、本邦大学生の「健康な自己愛」を検討していくための新しい尺度の信頼性と妥当性が確認されたと考えられる。
著者
相澤 直樹
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.215-224, 2002-06-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
31
被引用文献数
3 8

本研究では, 誇大特性と過敏特性からなる自己愛的人格項目群を作成し, 自己愛的人格の構造を検討した。まず, 67項目からなる自己愛的人格項目群を作成し, YG性格検査の10下位尺度とともに一般の大学生・大学院生545名に実施した。得られたデータにプロマックス回転による因子分析を施したところ,“対人過敏”,“対人消極性”,“自己誇大感”,“自己萎縮感”,“賞賛願望”,“権威的操作”,“自己愛的憤怒”の7因子が抽出された。その後, これらの下位尺度について, 項目一総得点問相関とα係数を用いて内的一貫性を検討した。また, YG性格検査との関係を検討したところ, 各下位尺度の併存的妥当性が確かめられた。次に, 共分散構造分析を用いて自己愛的人格項目群の潜在変数に関するモデルを検討した。モデル1は, 2つの独立的な潜在因子が別々に誇大特性下位尺度と過敏特性下位尺度を規定するという仮説から構成された。モデル2は,“誇大自己”と“萎縮自己”の2つの自己イメージから“自己愛的傷つき易さ”が生じるという潜在因果関係により構成された。分析の結果, 両モデルにおいてすべてのパス係数は有意な値を示したが, 十分な適合度 (GFI) を示したのはモデル2のみであった。以上の結果について, 誇大特性と過敏特性を含む自己愛的人格を包括的にとらえる視点から考察を行った。
著者
星野 豊
出版者
筑波法政学会
雑誌
筑波法政 (ISSN:03886220)
巻号頁・発行日
no.51, pp.55-70, 2011-09
著者
松並 知子
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.22, no.3, pp.239-251, 2014-03-25 (Released:2014-04-08)
参考文献数
60
被引用文献数
1 1

本研究の目的は自己愛の病理性の性差を検討することであった。大学生354名を対象に性差を検討した結果,未熟な自己愛の測定尺度の下位尺度のうち,「自己誇大化」は男性>女性,「他者への依存」は女性>男性という有意差が見られた。また「基本的信頼感」と自尊感情は男性が有意に高く,「対人的信頼感」は女性が有意に高かった。さらに自己愛の側面と基本的信頼感の関連を検討した結果,男女ともに「他者への依存」は自尊感情・「基本的信頼感」と有意な負の相関,「自己誇大化」は双方と有意な正の相関が示され,依存性こそが自己愛の病理であることが示唆された。また男女別に重回帰分析を行った結果,男性の場合は「基本的信頼感」から「他者への依存」「注目賞賛願望」には有意な負のパスが,「自己誇大化」へは有意な正のパスが見られたのに対し,女性の場合は「他者への依存」に有意な負のパスが示されただけだったことから,男女で自己愛の病理の表れ方が異なることが示された。
著者
矢島 道子
出版者
日本古生物学会
雑誌
化石 (ISSN:00229202)
巻号頁・発行日
vol.66, pp.34-41, 1999-09-10 (Released:2017-10-03)
参考文献数
26

メアリ・アニング研究が進んできて, メアリの全貌が少しずつ明らかにされてきた.これは古生物学史が, 英雄伝説ではなく, 社会全体の古生物への認識がどのように変化してきたかを探る, 新しい方向で進み始めたことでもある.ただし, トレンズが1995年に強く批判しているにもかかわらず, 実際には, メアリの紹介がいまだ, 子供時代の発見に集中している.新しい古生物学史もまだ歩み始めたばかりである.科学史家がさらに声を大きくして主張していかねばならない.1998年, イギリス古生物学会はアマチュアへの賞をメアリ・アニング賞と改名した.メアリ・アニングは真のアマチュアであろうかという問題もあるが, ここには, 古生物学を誰が担っていくのかという大きな問題がかくれているように思う.メアリ・アニングの生きていた時代には, 化石の発見そのものが学問を大きく進めていたから, 古生物学者と化石採集家が共同作業をしていたと思う.現在のように化石について研究することと, コレクターとして化石を蒐集することが別ではなかった.化石の研究者と採集者が協力して, 化石への理解を深めていたように思う.現在でも古生物学の本質は変わらないと思う.古生物学者はその学問の意図を多くの人々に明確に示さなければならないだろうし, コレクターは学問の動向を警戒するとはいわないまでも, もっと注目していかなければならないであろう.メアリ・アニングの研究史を通して, もっと古生物学が身近なものになり, 実り豊かな古生物学の研究が生まれてくることを祈る.
著者
仲嶺 真 上條 菜美子
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.90.17233, (Released:2019-05-20)
参考文献数
26

This paper reviewed articles published in the Japanese Journal of Psychology pertaining to the development of a new psychological scale and ascertained whether these articles supported the necessity to develop a new scale. In a period of 15 years, there were 112 articles related to the development of a scale found in the Japanese Journal of Psychology. Only about 30% (38 articles) describe the necessity related to the originality of the new scale. In addition, about 40% (48 articles) do not describe the definitions of the constructs. Based on these results, the following two points are proposed: the importance of specifying the definition of the new construct; and clarifying similarities and differences between the new scale and the existing scales.
著者
棚村 政行
出版者
早稲田大学法学会
雑誌
早稲田法学 = THE WASEDA LAW REVIEW (ISSN:03890546)
巻号頁・発行日
vol.80, no.3, pp.63-103, 2005-07-20
著者
佐藤 悠子
出版者
一般財団法人 日本国際政治学会
雑誌
国際政治 (ISSN:04542215)
巻号頁・発行日
vol.2015, no.179, pp.179_126-179_141, 2015-02-15 (Released:2016-01-23)
参考文献数
92

There are two major political issues that have been repeatedly debated in China’s modern history; how China’s relationship with the West should be and how China should treat Western science and technology. During the Cultural Revolution (CR), criticism against “bourgeois academic authority” raged. Science and even the lives of Chinese scientists were in jeopardy. The world-renowned physicist Albert Einstein became one of the main targets of this campaign. It was triggered by an article titled “Xiangduilun pipan (Criticism on the theory of relativity)” written by a local middle school teacher. In Beijing, one of the vice presidents of the Chinese Academy of Sciences (CAS) Chen Boda took charge of the campaign. Most of the participants were young scientists whose knowledge was too limited to refute Einstein’s theory. Senior scientists such as Zhu Kezhen, another one of the vice presidents of the CAS, and Premier Zhou Enlai’s protégé Zhou Peiyuan, vice president of Beijing University and physicist who had worked with Einstein, took the side of Einstein. Chen brought the campaign to schoolchildren and even planned to organize a rally of ten thousand people. But he fell off the ladder of power when he joined the bandwagon trying to elevate his patron Lin Biao to the position of the President of the State at a conference in Lushan in August 1970. It made Mao suspect that Chen in fact intended to replace Mao with Lin who had demonstrated his ability to mobilize the People’s Liberation Army in October 1969. The anti-Einstein criticism ceased in Beijing after Chen disappeared, but in Shanghai Chen’s rivals Zhang Chunqiao and Yao Wenyuan continued it. Thereafter two major changes in domestic and international context strengthened the hands of Zhou Enlai, who had been protecting scientists, through the upheaval of the CR: the U.S.-China rapprochement and the Lin Biao incident. Henry Kissinger secretly arrived in Beijing in July 1971, which opened China’s door to the West. Zhou Enlai intentionally issued important directives on promoting basic theoretical study in science in front of the Chinese American scientists who were visiting China. Zhou also encouraged scientists to write him letters in order to make the issue publicly known. After the Sino-US rapprochement, a newly published Chinese academic journal “Wuli (Physics)” became the stronghold for physicists who supported Einstein and his theory. Soon after his allegedly aborted assassination of Mao Zedong in September 1971, Lin Biao died in Mongolia. It weakened the authority of Mao who chose Lin as his successor, and enabled Zhou Enlai to bring back the scientists to Beijing from local labor camps. Zhou also gave the green light to physicist Zhang Wenyu’s proposal to build a high energy accelerator at the cost of $ 2 billion, despite a contrary voice from Yang Zhenning, a Nobel laureate physicist and professor at the University of Chicago. High energy physics is based on Einstein’s theory of relativity. The physicists who had participated in building China’s first atomic bomb supported building a high energy accelerator. Zhang Wenyu led a delegation of Chinese scientists to the Fermi National Accelerator Laboratory in the United States in 1972, and Zhou Enlai established the High Energy Physics Institute in the CAS in 1973. By 1972, the Cultural Revolution in the field of science had lost steam because the physicists were now allowed to applying Western physics despite its “bourgeois”, “academic authoritarian”, and “wasteful” nature that had been fiercely condemned during the Cultural Revolution.
著者
Shion Sekizawa Takafumi Miyasaka Hisashi Nakamura Akihiko Shimpo Kazuto Takemura Shuhei Maeda
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
pp.15A-005, (Released:2019-05-22)

During a torrential rainfall event in early July 2018, profound enhancement of moisture influx from the south and its convergence occurred over western Japan, which is investigated in this study on the basis of objective analysis and forecast data from the Japan Meteorological Agency Meso-Scale Model. The heavy rainfall over western Japan is found to accompany enhanced oceanic evaporation extensively around Japan, especially around the Kuroshio and entirely over the Sea of Japan. Linear decompositions of the anomalous moisture flux and surface latent heat flux anomalies applied to the high-resolution data reveals that the intensified speed of the low-level southerlies was the primary factor for the pronounced enhancement of both the moisture transport into the heavy rainfall region, especially in its western portion, and evaporation around the Kuroshio into the southerlies. An additional contribution is found from positive sea-surface temperature anomalies to the enhanced southerly moisture inflow into the eastern portion of the rainfall region. These findings have been confirmed through a backward trajectory analysis, which suggests that anomalous moisture supply to air parcels into the rainfall region primarily through the enhanced wind-forced evaporation roughly corresponds to about 10% of the precipitable water anomaly over western Japan.
著者
大髙 実奈
出版者
東洋大学大学院
雑誌
東洋大学大学院紀要 = Bulletin of the Graduate School, Toyo University (ISSN:02890445)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.65-76, 2017

電車内痴漢被害の多くは若い女性が被害者となるが,一部で男性の被害者も存在する。本研究では,大学生の男女を対象に電車内痴漢被害の実態調査を実施した。被害経験率は女性で約37%,男性で約6%であった。女性は数回程度の被害経験の者が多く,一部に突出して被害経験回数の多い者が存在し,男性は被害経験のある者は少ないが,被害経験者の中では複数回の被害を受けている割合が高かった。また,被害の分類では,「持続型」と「一瞬型」の2つの類型に分類された。被害時の感情と対処行動については,何らかの対処行動を講じることができた場合は,対処を講じることができなかった場合と比較して,被害時に「気持ち悪い」と感じている程度が高い傾向があり,「怒り」を感じている程度が高かった。今後は被害経験や性格特性などの内的要因にも着目し,被害時の自助的な対処行動の促進要因を明らかにし,効果的な広報や教育に繋がる研究に発展させたい。In Japan, a criminal act called ”Chikan” - is an act of touching and mischieving a stranger's body in a crowded train - have occurring very often. This victims of ”Chikan” were mostly females, owever sometimes, cases of males become victims occur. Therefore, in this study, it researched a questionnaire survey about ”Chikan” in the train to undergraduates, and analyzed to clarify the attributes and types of victims. As a result, it was become clear that 37.39% of female students and 5.97% of male students were suffering from ”Chikan”. In correspondence analysis, it was categorized to 2 types of victims as ”lasting victimization” and ”victimization for an instant”. These unpaired t tests showed that the victims who can cope with ”Chikan” damage were anaerobic and angry over those who can’t deal with it.

11 11 11 4 OA 秩父・武甲山論

著者
笹久保 伸
出版者
特定非営利活動法人 頸城野郷土資料室
雑誌
頸城野郷土資料室学術研究部研究紀要 (ISSN:24321087)
巻号頁・発行日
vol.1, no.8, pp.1-25, 2016 (Released:2019-04-18)
参考文献数
9

秩父盆地を象徴する山、武甲山。武甲山は古くより秩父地域における信仰の山である。秩父盆地の神の山であり、現在もなお秩父の総鎮守である秩父神社の神体山とされている武甲山の存在によって日本の三大曳山祭りに数えられる秩父夜祭りや、御田植祭などの祭り事、札所巡礼などの民間信仰が成立してきた。しかし武甲山は石灰石を採掘するために現在もほぼ毎日12時30分にダイナマイトで爆破され続けている。秩父地域は自然豊かで霊場として知られる信仰深い地域であると同時に、毎日神を爆破しているという二面性および究極的な矛盾を抱える地域である。自身が秩父に在住し活動を続ける芸術家という立場から、芸術作品制作のためにおこなって来た秩父調査の中で発見した秩父の現実や、神の山を爆破し解体し続ける秩父地域における武甲山の存在について様々な視点から考察する。
著者
桜井 武
出版者
筑波大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

ナルコレプシーは日中の強い眠気を主訴とする特徴的な睡眠障害であリ、視オレキシンを産生するニューロン群の後天的な脱力によって発症する。その症状のひとつであるカタプレキシーは、喜びや笑いなどポジティブな情動によって誘発される脱力発作であるが、その発動機構は未解明のままである。本研究では、カタプレキシーを発動する神経回路を明らかにすることを目的にし、ナルコレプシーモデルマウスにおいてレム睡眠の制御にかかわる領域や、報酬系にかかわる領域および情動にかかわる領域に光遺伝学的刺激を行い、数種の領域において、カタプレキシーを誘発する刺激条件を見出した。
著者
門馬 綱一 長瀬 敏郎 ジェンキンズ ロバート 谷 健一郎 井尻 暁 宮脇 律郎
出版者
独立行政法人国立科学博物館
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

シリカクラスレート鉱物とは、結晶構造中にメタンなどの天然ガス分子を含む鉱物である。これまで,産出の極めて稀な鉱物と考えられてきたが,メタン湧水環境において普遍的に産出する可能性が高い。堆積物中の有機物は,地中深くまで運ばれると地熱により分解されてガスとなり,断層や泥火山などの地質構造を通して冷湧水とともに地表(海底)に湧出する。海水中に湧出したガスは微生物に酸化され,最終的には二酸化炭素として再び大気中に放散される。このような地球規模での炭素循環過程を解明する手掛かりとして,シリカクラスレート鉱物は新たな物証を与える。本研究はシリカクラスレート鉱物から古代のメタン湧水環境に関するより詳細な情報を得ることを目的とし,極東ロシア サハリンをモデル地域として研究を行うものである。2年目となる平成29年度は、前年に引き続き、サハリン南西の町ネヴェリスクおよびクリリオンスキー半島の南西海岸の調査を行なった。ネヴェリスクでは、前年度に確認したシリカクラスレート鉱物の一種、メラノフロジャイトと、化石の産状調査を重点的に行なった。また、クリリオンスキー半島においては、前年度調査ではメラノフロジャイトの痕跡(仮晶=結晶の形だけを残し、中身が玉髄に変質したもの)しか発見できなかったが、未調査の場所を重点的に調べた結果、未変質のメラノフロジャイトを見出した。産状は火山岩中に貫入した熱水鉱脈であり、ネヴェリスクのものとは趣が異なる。調査の結果については日本鉱物科学会2017年度年会にて発表を行った。また、採取した試料について、詳細な分析を進めているところである。