著者
正高 信男
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.67, no.4, pp.285-291, 1996-10-28 (Released:2010-07-16)
参考文献数
15

Placing the infant in a device which restrained his/her movement was a traditional custom of infant caretaking in a number of parts of the world, and is still observed in some of them. An example of such practices, swaddling, was investigated with Native Americans, the Aymara, in Bolivia, and caretaking behaviors in 24 swaddling and 18 non-swaddling families were compared. Results did not support the notion that swaddling was a form of infant neglect on the part of caretakers. Swaddling caretakers actually exhibited as strong interest in the infant as non-swaddling caretakers, and spent more money on his/her clothes. The mother spent less time for infant care in the swaddling family. However, other members of the family took more time to take care of the infant than those in the non-swaddling family. It is argued that swaddling effectively encourages non-mother family members to participate in infant caretaking, in addition to serving a potentially beneficial function to protect infants from unsafe and insanitary home environments.
著者
Sutou Mitsuaki
出版者
日本昆虫学会
雑誌
Entomological science (ISSN:13438786)
巻号頁・発行日
vol.5, no.4, pp.445-456, 2002-12-25
被引用文献数
0 or 1

Eggs, final instar larvae, and pupae (male and female) of Bibio tenebrosus Coquillett, B. holomaurus Hardy & Takahashi, B. adjunctus Hardy & Takahashi are described. Except for the larva and pupa of B. tenebrosus, this is the first description of the immature stages of these species. On the basis of careful examination of the head structure, the following characters are suggested to be useful for distinguishing Bibio species : the shape of the cranium, the arrangement of the six sensory pits on the frontal apotome, and the structure of the epipharynx, prementum, and dorsal surface of the stipes. Brief ecological information is also given for each species, and notable morphology of the bibionid larvae and diagnostic characters of the immature stages of Bibio are discussed.
著者
影山 洋子 山下 毅 本間 優 田中 千裕 中村 綾 冨田 美穂 寺田 奈美 毛利 恭子 小原 啓子 近藤 修二 船津 和夫 中村 治雄 水野 杏一
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
人間ドック (Ningen Dock) (ISSN:18801021)
巻号頁・発行日
vol.31, no.3, pp.462-467, 2016 (Released:2016-12-26)
参考文献数
10

目的:インスリン抵抗性の診断は糖尿病発症予防のためにも早期発見が重要である.しかし,診断の基本となるインスリンが健診項目に入っている企業は少ない.そこで多くの企業の健診項目にあるTG/HDL-C比を利用して日本人におけるTG/HDL-C比がインスリン抵抗性の指標となり得るか,またその指標が10年間の糖尿病発症に関与しているかretrospectiveに検討した.方法:TG/HDL-C比を四分位し,男女別にhomeostasis model assessment-insulin resistance(HOMA-IR)と比較した.また,10年間における糖尿病の発症率をTG/HDL-C比高値群と非高値群で比較した.結果:男女ともにTG/HDL-C比が高くなるに従いHOMA-IRは増加していた.四分位による75パーセンタイルは男性が2.6,女性が1.4で,それ以上を高値群,未満を非高値群とすると,高値群は非高値群に比べてインスリン抵抗性を有していた割合が高かった.10年間の追跡による糖尿病発症では,男女ともに2001年時にTG/HDL-C比高値群が非高値群より2倍以上糖尿病を発症していた.結論:TG/HDL-C比はインスリン抵抗性を反映しており,鋭敏な糖尿病発症の予測因子となり得る.TG/HDL-C比としてみることで簡便でわかりやすいインスリン抵抗性の指標として使用できる可能性がある.
著者
鈴木 ひとみ 山本 昭
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構 一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
巻号頁・発行日
vol.2009, pp.105-109, 2009

戦後日本国内で、外国の理工学図書の海賊版が作られ、広く使われていた。1980年代には姿を消した。広く流布していたにもかかわらず、その非合法性から実態が記録されることはなかった。本研究では、新聞記事等の文献、実際にそれらに接した研究者からの聞き取り、実物を入手しての原本との比較の三つの面から、物理的特徴、原本入手から、発注、印刷、頒布までの作成・流通過程等の実態を明らかにした。
著者
村上 謙
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.1-14, 2009-01

現在西日本各地で尊敬語化形式として用いられる「テ+指定辞」は成立当初(18世紀初頭)、継続性表示機能と現在時表示機能を有していた。そうしたテンス・アスペクト機能はその後失われることになるが、本稿では絵入狂言本や浄瑠璃、洒落本、噺本を用いて近世前期から幕末までの用例を収集し、詳細に分析した上で、1780年代頃にはテンス・アスペクト機能が弱化していたことを明らかにする。さらにこうした変化に拍車をかけたのが、「テ+指定辞」と同様の表現性を持つテイナサルの出現であったことを述べる。また明治以降の「テ+指定辞」の動向についても、尊敬語化形式ハルとの関係などを踏まえつつ論じる。
著者
木戸 盛年 嶋崎 恒雄
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.77, no.6, pp.547-552, 2007-02-25 (Released:2010-07-16)
参考文献数
18
被引用文献数
6 or 0

The South Oaks Gambling Screen (SOGS) was originally developed to screen for pathological gamblers in clinical settings, and its use has been expanded to other settings such as prevalence studies of pathological gambling in general populations. There are few studies of pathological gambling in Japan, except for the two studies on the development of the modified Japanese version of the SOGS. The present study examines the reliability and validity of the modified Japanese version of the SOGS using two different groups: a university student group (N=96) and a gambler group (N=66). Analyses of the modified Japanese version of the SOGS showed that there was sufficient internal consistency (α=.898) and reliability. The modified Japanese version of the SOGS demonstrated satisfactory validity in differentiating the university student group from the gambler group.
著者
尹 大栄
出版者
法政大学地域研究センター
雑誌
地域イノベーション (ISSN:18833934)
巻号頁・発行日
no.4, pp.13-21, 2011

静岡は、国内はもとより、世界的にも「プラモデルの街」として知られている。大半のメーカーが静岡市内に集積し、一大産地を形成している。毎年 5月には、昨年 (2011年)で第 50 回目となる世界最大の見本市(「静岡ホビーショー」)が開催され、国内外から大勢の業界関係者が静岡に集まってくる。特定地域(静岡)に産地が形成され、日本が世界的な競争力をもつ産業であるが、いままでプラモデル産業に関する体系的な研究調査はほとんど行われてこなかった。 この小論では、関連文献・資料のレビューと聞き取り調査で得られたデータをもとにプラモデル産業の歴史と現状について概観し、主に、なぜ静岡という地域が世界的なプラモデル産業の中心地となったのか、どのような産業構造の特徴があるのか、どのような課題に直面し、その課題解決のカギとは何か、について考察する。Shizuoka is known as "a town of the plastic model" in the world as well as in the country. Most manufacturers are accumulated in Shizuoka city and form a major producing center of the plastic model. In May of every year, the world's largest trade fair ("Shizuoka Hobby Show") is held in Shizuoka. In last year (2011), the 50th show is held and a large number of industry people flocked from home and abroad. The major producing center was formed in specific area (Shizuoka) and it is the global competitiveness of Japan, but the systematic research about the plastic model industry has not been done until now. In this paper, the history and the present conditions of the plastic model industry was surveyed based on data provided by the review of related documents and interview. Mainly, the following questions were surveyed. Why did an area called Shizuoka become the center of global plastic model industry? Are there any features of the industrial structure? What challenges have the industry faced and what is the key to solve the problem?
著者
山川 龍雄 細田 孝宏 篠原 匡
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1387, pp.88-99, 2007-04-16

人口減時代に突入し、国内市場が縮小していく日本。そんな国にも、まだほとんど手つかずの大市場が残っている。LGBT市場——。アルファベット4文字はレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル(両性愛)、トランスジェンダー(性同一性障害)の頭文字。性的マイノリティーの消費者は可処分所得が高く、購買意欲も旺盛だと言われる。
著者
矢島 正浩
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.16-31, 2010-10-01

上方・大阪語の接続詞的用法ソレナラ・ソレデハ・ソレヤッタラ・ソウシタラがどのような推移を経て今日の併存状況に至るのか、条件表現全体の歴史との比較、江戸・東京語の状況との比較を軸に検討した。その結果、次の二点が判明した。(1)近世中期にソレナラ一色だった段階を経て、ソレヤッタラ・ソウシタラが、条件表現の体系的推移であるタラの拡大と連動して発生・発達をすること。(2)ソレデハは、条件表現体系のありようとは無関係に、江戸・東京語の影響の下で使用され始めること。これらの接続詞的用法の推移には、上方・大阪語が地域語となるに及び、標準性・書きことばと連続する意識が稀薄化したことによって、上方・大阪語としての特性を発揮していく側面((1))と、中央語として勢力を強める江戸・東京語から影響を受ける側に回ったことを示す側面((2))とがうかがえる。その意味で、ソレナラ類の変遷は、上方・大阪語の近世以降の立場の変化を象徴的に表すものと言えるのである。
著者
石井 達朗 富島 美子
出版者
文芸春秋
雑誌
諸君 (ISSN:09173005)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.p198-206, 1994-03
著者
池田 廉
出版者
イタリア学会
雑誌
イタリア学会誌 (ISSN:03872947)
巻号頁・発行日
no.3, pp.28-47, 1954-12-30

All'infuori della sua personalita piena di contradizioni e che appartiene ad un periodo di transizione, abbiamo pochi elementi sicuri per investigare il pensiero del Petrarca. L'autore mette in rilievo, che siccome era cosa facile, passare dalla poesia volgare gia impregnata di elementi di razionalismo e di edonismo, al paganesimo, il Petrarca per opporsi a questa tendenza, unendo insieme, il moralismo latino e le sue idee cattoliche si adopero attivamente a formare il suo pensiero. Benche sentisse una profonda attrazione verso le cose umane, conservo sempre in se stesso un ideale religioso sicuro.