著者
半貫 敏夫 岸 明 平山 善吉 佐野 雅史
出版者
国立極地研究所
雑誌
南極資料 (ISSN:00857289)
巻号頁・発行日
vol.46, no.2, pp.456-472, 2002-09

昭和基地で約29年間、居住施設として使われてきた木質プレハブ建築システムを日本に持ち帰り、その耐久性を調査した。先ず、持ち帰った部品を用いて基礎を除く鉄骨架台から上の建物部分を組み立てて復元し、建物全体の劣化状況を観察した。復元工事は5日間、延べ22人の労働力によって完成した。工事は建築専門職人によって行われたが、短期間の人力作業という条件で設計された建築システムの優れた性能が証明された。それぞれの部品はまだ数回の組み立て、解体に耐えられる性能を維持していると判断された。 復元建物の耐久性目視調査の結果、部分的に補修を要する個所もあったが、建物全体としては、まだ設計条件をクリアする性能を維持していることが分かった。パネル外装のめっき鋼板は防火が目的であったが、木質パネルの保護層として有効に作用し、合板の劣化を遅らせた。防水設計を改良すればさらに建物全体の耐久性を増すことが可能である。
著者
唱歌劇研究会 編
出版者
音楽社出版部
巻号頁・発行日
1923
出版者
書芸文化院
巻号頁・発行日
vol.第10, 1955
出版者
河出書房
巻号頁・発行日
vol.第7巻 (唐 下), 1956
著者
顔真卿 [書]
出版者
清雅堂
巻号頁・発行日
1948
著者
那須辰造 著
出版者
講談社
巻号頁・発行日
1948
著者
林 玲子
出版者
国立保健医療科学院
雑誌
保健医療科学 (ISSN:13476459)
巻号頁・発行日
vol.62, pp.449-458, 2013-10

ミレニアム開発目標(MDGs)は2015年に期限を迎えるが,一定の結果を出している.次なるポスト2015年開発目標は現在策定が進行中であるが,リオ地球環境サミット(1992年),カイロ国際人口開発会議(ICPD:1994年),北京女性会議(1995年)といった複数の開発分野を統合した形となるようである.古代から明瞭な分野が確立されていた医学と違い,人口学は近代の民主主義思想とともに欧米で18世紀より発展した新しい領域である.さらに人口学が国際的な広がりを持つようになったのは世界人口会議が開催され始めた1920年代からである.当初は学術的な要素が強かった人口問題は,1970年代から人口爆発として地球規模問題に発展し,さらに1990年代ICPDの頃より「開発」という文字が入り,国際協力という実践の場に組み入れられるようになった.またICPDを契機に「人口問題」は,女性の健康,リプロダクティブ・ヘルスに重点が置かれるようになり,保健と人口は,特に開発という観点から密接な関係を有するようになる.ICPDは当初からセクシュアル・リプロダクティブ・ライツ,つまり中絶,同性愛の是非について議論があった.イスラム諸国,アフリカ諸国のみならず,アメリカやロシアといった国が政権交代により大きく態度を変えるため,ICPDの存在自体を揺るがしており,20年経った今でも状況は変わっていない.日本は第二次世界大戦後の優生保護法の制定,1970年代の日本人口会議などを通じた人口抑制政策を通して,人口爆発への対応は見事に結果を出した.その後1980年代から1990年代にかけて,世界のトップドナーの地位を得ながら人口分野における国際貢献を行っていたが,ODA予算削減にあわせ,近年はより戦略的かつ「スマート」な取り組みが模索されている.今後の人口分野の新しい切り口として,普遍的な人口登録,人口高齢化,人口移動などが挙げられるが,人間開発における基本インフラというべき,出生・死亡などに関する人口データをきちんと収集・分析し,評価に活用するためのインフラを構築・維持していくことがポスト2015年開発目標の基礎として認識されるべきである.
著者
蓮実 重康
出版者
毎日新聞社
雑誌
仏教芸術 (ISSN:00042889)
巻号頁・発行日
no.89, pp.44-54,図巻頭4p, 1972-12

1 1 1 1 OA 虚舟遺稿

著者
落合済三 著
出版者
落合済三
巻号頁・発行日
vol.下巻, 1891
著者
源河 亨
出版者
美学会
雑誌
美学 (ISSN:05200962)
巻号頁・発行日
vol.67, no.2, pp.13-24, 2016 (Released:2018-01-01)

In daily life, we judge various things aesthetically. For example: “this picture is graceful”, “this landscape is dynamic”, and “his clothes are old-fashioned”. One aspect of our ordinary practices concerning aesthetic judgement seems to support objectivism, according to which, aesthetic judgment can be assessed as right or wrong based on some objective ground. However, another aspect of our practices seems to support subjectivism (or extreme relativism), according to which, aesthetic judgement is a mere expression of subjective impressions and cannot be assessed as right or wrong. In this study, I survey the dispute between objectivism and subjectivism in recent analytic aesthetics, and present an approach that supports objectivism. I argue that some aesthetic judgement is based on “evaluative perception”. It is a special class of perceptual experience affected by evaluative component of emotion and has Gestalt-like “parts-whole structure”. Furthermore, I claim that evaluative perceptions and aesthetic judgement based on it can be assessed as right or wrong in a similar way as ordinary perception and judgement based on it (e.g. colour perception and colour judgement) can be assessed.
著者
田上 辰秋 尾関 哲也
出版者
一般社団法人 日本臓器保存生物医学会
雑誌
Organ Biology (ISSN:13405152)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.54-60, 2017 (Released:2017-03-31)
参考文献数
24

Drug delivery systems (DDS) which deal with nanoparticles or micro-particles have been extensively developing to meet the needs of patients. In this review, we introduced various kinds of drug carriers. Liposome is a phospholipid-based biocompatible nanocarrier which is one of well-studied for several decades. Liposomes can encapsulate the drugs with narrow therapeutics window to prevent the severe side effects. Polyethylene glycol (PEG)-loaded liposomes can prolong the blood circulation time and shows passive accumulation into tumor tissue (Passive targeting), which is called as enhanced permeability and retention effect. Specific ligand-conjugated liposomes have the ability to make the liposomes home the target cells and tissues (Active targeting). Specific stimuli-responsive liposomes can be used to control the drug release to target site by the stimulation as trigger (Triggered release). In addition, the characteristics of other nanoparticles including albumin-based nanoparticles, micelles, dendrimer, emulsions, metal nanoparticles and polymer particles were introduced. Current progress of DDS technology would result in the emergence of new nano- and micro carriers with different platforms. The information about functional nanoparticles and microparticles will be useful for the medical staffs to understand the current and future particle-based medicine.
出版者
日本膜学会
雑誌
(ISSN:03851036)
巻号頁・発行日
vol.34, no.6, pp.328-335, 2009 (Released:2015-06-14)
被引用文献数
1 or 0

It was previously considered that the practical application of liposomal medicines was very difficult. The pharmaceutical technologies for mass production, long term stability during storage, encapsulation efficiency of the drug, etc. were seemed big problems to be solved, and it was well known that the liposomal particles are apt to be entrapped in vivo by the reticuloendothelial system (RES) such as liver, spleen, etc. Fortunately, owing to the progress of science, about 10 liposomal medicines containing the anticancer agents, the antifungal agents, etc. were launched out and are now contributed to medical treatment in the world. Recently liposomes are expected to be useful as the vectors for in vivo nucleic acid (plasmid DNA, siRNA, etc.) therapy and as the tools for target validation in the area of drug discovery. There are already many liposomal reagents for transfection, and some clinical trials are performed using liposomes. It is considered that liposomes, the membrane–structure particles, have unlimited potential in the medical field.
著者
加藤 圭造 伊藤 彰則
雑誌
研究報告音声言語情報処理(SLP)
巻号頁・発行日
vol.2012-SLP-90, no.14, pp.1-6, 2012-01-27

本研究ではデスメタル,メタルコアなどエクストリームメタルと言われるジャンルで頻繁に用いられる,グロウル及びスクリーム歌唱について音響的特徴の分析を行った.先行研究で特殊な発声の音響的な特徴として示されたサブハーモニクスの存在や macro pulse 構造の調査,病的音声の分析になどに使われる jitter,shimmer,HNR の値について測定を行った.
著者
Dafei LIU Fei LIU Dongchun GUO Xiaoliang HU Zhijie LI Zhigang LI Jianzhang MA Chunguo LIU
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
(Released:2018-01-23)

To rapidly distinguish Canine distemper virus (CDV), canine parvovirus (CPV), and canine kobuvirus (CaKoV) in practice, a one–step multiplex PCR/RT–PCR assay was developed, with detection limits of 102.1 TCID50 for CDV, 101.9 TCID50 for CPV and 103 copies for CaKoV. This method did not amplify nonspecific DNA or RNA from other canine viruses. Therefore, the assay provides a sensitive tool for the rapid clinical detection and epidemiological surveillance of CDV, CPV and CaKoV in dogs.
著者
川井 正弘 松本 孝芳 升田 利史郎
出版者
公益社団法人 日本化学会
雑誌
日本化学会誌 (ISSN:03694577)
巻号頁・発行日
vol.1993, no.10, pp.1184-1187, 1993-10-10 (Released:2011-05-30)
参考文献数
13
被引用文献数
1 or 0

アルギン酸は,β-1,4結合したD-マンヌロン酸とα-1,4結合したL-グルロン酸から構成される酸性高分子多糖である。アルギン酸ナトリウム水溶液は,適当な二価金属イオンを添加するとゲル化することが知られている。しかしながら,ゲル化に及ぼす添加イオン種の影響は明らかでない。本研究では,その影響をレオロジー測定を通して研究した。レオロジー測定は10wt%アルギン酸ナトリウム水溶液に種々の濃度で塩化カルシウム,塩化ストロンチウムを添加した系について,円錐-円板型レオメーターを用いて測定温度25℃で行った。ゲル化するに要する添加塩量は,塩化ストロンチウム,塩化カルシウム,塩化マグネシウムの順で増加した。これは,アルギン酸に対する二価金属イオンの親和性が,Sr2+>Ca2+>Mg2+ の順で低下するためと考えられる