著者
三石 剛
出版者
Japanese Dermatological Association
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.120, no.5, pp.1009-1014, 2010

近年,ウイルス性疣贅において特徴ある細胞病原性効果(cytopathic effect:CPE)がヒト乳頭腫ウイルス(HPV)感染細胞に見られることから,臨床病理組織像とHPV遺伝子型は相関することが解明された.よってHPV特異的なCPEの形態の違いから,非定型的ウイルス性疣贅の臨床病理組織像を理解することは診断上重要である.本稿では非定型的ウイルス性疣贅であるミルメシア,ブッチャー疣贅,色素性疣贅,Ridged wart・足底表皮様囊腫,点状疣贅,白色小型疣贅とHPV感染症のなかでも非常にまれな遺伝性疾患である疣贅状表皮発育異常症の良性皮疹の臨床病理組織像について紹介した.
著者
山田 和明 保田 俊行 大倉 和博
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.84, no.862, pp.17-00288, 2018 (Released:2018-06-25)
参考文献数
28

The field of multi-robot systems (MRSs), which deals with groups of autonomous robots, is recently attracting much research interest from robotics. MRSs are expected to achieve their tasks that are difficult to be accomplished by an individual robot. In MRSs, reinforcement learning (RL) is one of promising approaches for distributed control of each robot. RL allows participating robots to learn mapping from their states to their actions by rewards or payoffs obtained through interacting with their environment. Theoretically, the environment of MRSs is non-stationary, and therefore rewards or payoffs learning robots receive depend not only on their own actions but also on the action of other robots. From this point of view, an RL method which segments state and action spaces simultaneously and autonomously to extend the adaptability to dynamic environment, named Bayesian-discrimination-function-based Reinforcement Learning (BRL) has been proposed. In order to improve the learning performance of BRL, this paper proposes a technique of selecting either of two state spaces: one is parametric model useful for exploration and the other is non-parametric model for exploitation. The proposed technique is evaluated through computer simulations of a cooperative carrying task with six autonomous mobile robots.
著者
山本 冴里
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.146, pp.159-173, 2010 (Released:2017-03-21)
参考文献数
4

本稿は,文部省の刊行した「教育白書」(1953~2000)において,日本語教育に関係する内容がどのようなカテゴリで提出されていたのかを調査した結果である。調査の結果,当初「教育機会の均等」を謳うカテゴリ内で扱われていた日本語教育関連内容は,1980年以降「国際化」の文脈で扱われるという形が成立・定着したことや,1988年以降,「国際化」の名のもとに,より充実した対外交流・学習が志向されると同時に,「日本」的であることが価値づけられ称揚されていたことなどがわかった。日本語教育は,基本的には前者の流れの内にあるが,後者の機能もまた併せ持つものであると考えられる。

1 1 1 1 OA 印度蔵志稿

著者
平田篤胤
出版者
巻号頁・発行日
vol.巻3,
著者
川原﨑 淑子 青山 佐喜子 橘 ゆかり 三浦 加代子
出版者
日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会大会研究発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.25, 2013

〈目的〉平成21.22年度日本調理科学会特別研究として実施された「行事食」の調査結果を平成22年から24年度までの3年間に渡り報告してきた。今回は前報告の結果から行事食の喫食経験の高かった40歳以上の方のデータを基に地域間の比較を行った。地域比較を行うことで地域を顧み、伝統食、郷土料理の良さを考える一助となればと考えている。〈方法〉平成21.22年度日本調理科学会特別研究として全国統一様式の調査用紙を用いた。対象は和歌山県に10年以上在住している大学生・短大生とその親、また和歌山県福祉保健部、教育委員会関係機関の協力を得て、更には食生活改善推進協議会会員を中心に食育関係団体会員、地域の研究会に参加した市民とした。これらのデータから40歳以上の方504名を対象とし、和歌山を紀南(126名)、紀中(95名)、紀北(283名)の3地区に分けSPSS(Ver.18)でχ2検定を行った。〈結果〉40歳以上の行事の経験90%以上はお正月、節分、大みそか、クリスマス、土用丑の日、お月見、で低いのは春祭り28%、重陽11%であった。行事食の喫食経験が地域別で有意差が認められたのはお正月、節分、上巳、端午、七夕、盂蘭盆、お月見、冬至、クリスマス、大みそか、春祭り、秋祭りであり、お正月の屠蘇の喫食経験は紀中が低かった。雑煮における地域の違いとしては紀北、紀中は白みそ雑煮で丸餅使用、紀南はすまし雑煮で角餅使用であった。おせち料理の料理類にはほとんど差はなったが、魚料理と肉料理に有意差が認められた。その他の行事でも紀北の経験が高く、紀南は祭りでの寿司やご飯、だんごに特徴がみられた。紀中は盂蘭盆のもちやお月見のだんごに有意差が認められた。
著者
岩下 剛
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.80, no.712, pp.551-558, 2015 (Released:2015-07-11)
参考文献数
20
被引用文献数
2 1

Frequencies and characteristics of heatstroke occurred at elementary/secondary schools were investigated by using the data of NAASH (National Agency for the Advancement of Sports and Health). The environmental factors, e.g., outdoor temperature, relative humidity and global solar radiation, were obtained at the closest meteorological observatory at the time of occurrence. 1328 cases of heatstroke were reported in the data of NAASH for the investigated schools. Of the 1328 cases, 836 were occurred at school area, i.e., schoolyard and school building. Of the 836 cases occurred at school, 533 were occurred on schoolyard, 204 were in gymnasium, 66 were in school house, and 20 were in swimming pool. Out of the 836 cases of heatstroke at school, 503 cases were occurred during athletic extracurricular activities, 104 were occurred on field day, 85 were occurred during the class of physical education. The relationships between the environmental factors, i.e., outdoor temperature, wet-bulb temperature, WBGT (wet-bulb globe temperature), and humidity ratio, and the risk factor, i.e., the odds ratio of heatstroke, were obtained. The risk factors of heatstroke for schoolyard, gymnasium, and school house, had a good correlation with WBGT, and this relationship would be used for the evidence when designing safe school environment.
著者
今井 亮二
出版者
尾道市立大学芸術文化学部
雑誌
尾道市立大学芸術文化学部紀要 (ISSN:21873550)
巻号頁・発行日
no.17, pp.[114]-[117], 2018-03-31

「調査情報540号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『ペコジャニ∞!』木村真梨子(TBSテレビ)「調査情報539号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート』宇野宏美(アックス)「調査情報538号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏祭り!』金子靖明(アックス)「調査情報537号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『人生最高のレストラン』宇野宏美(アックス)「調査情報536号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『王様のブランチ』谷 佳奈恵(アックス)「調査情報535号」TBSメディア総合研究所illustration・photo・design:今井亮二(hottype工房)studio set:『KUNOICHI』太田卓志(TBSテレビ)・金子靖明(アックス)
著者
片山 豊 上田 健太郎 日浦 慎作 木村 大輔 高尾 由範 山永 隆史 市田 隆雄 東山 滋明 河邉 讓治
出版者
公益社団法人 日本放射線技術学会
雑誌
日本放射線技術学会雑誌 (ISSN:03694305)
巻号頁・発行日
vol.74, no.7, pp.653-660, 2018 (Released:2018-07-20)
参考文献数
14

A high-resolution display panel comes to practical use, but the resolution of the indicated contents does not change. The up-sampling processing is applied to indication of the low-resolution contents. In the up-sampling process, the super resolution enables an up-sampling process which estimates information of high frequency components lost by sampling while analyzing input images is noticed. In this paper, we aimed at reconstructing an image of normal resolution in which the influence of statistical noise is reduced by applying super resolution after down-sampling processing is applied to positron emission tomography (PET) image with many statistical noises. To evaluate the noise reduction effect, we compared it with the Gaussian filter which is frequently used to reduce the influence of the statistical noise of the PET image. A 3D Hoffman brain phantom was used to evaluate objectively by peak signal-to-noise ratio and power spectral density. The objective index of the PET image applying super resolution is positive results, suggesting the possibility of being useful as compared with the conventional method.
出版者
日経BP社
雑誌
日経アーキテクチュア (ISSN:03850870)
巻号頁・発行日
no.934, pp.46-53, 2010-09-13

屋上緑化やドライミストなど、「都市を冷やす」技術に注目が集まるなか、建設中のソニー新社屋では、打ち水効果を利用した「バイオスキン」と呼ばれる外装システムを採用した。陶製のルーバーに雨水を染み込ませ、気化熱で周辺の空気を冷やす。 歴史的猛暑が日本を襲った2010年の夏。