著者
仲野 由佳理
出版者
日本教育社会学会
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.87, pp.5-24, 2010-11-30

本論文は,逸脱行為の継時的変化を説明したBeckerの「逸脱キャリア」を援用し,未体験者が「援助交際」体験者として変容していくプロセスを「援助交際」体験者へのインタビュー調査によって明らかにすることを目的とする。分析の結果,初回の「援助交際」に対する肯定的な解釈が,行為の継続への動機づけとして作用することがわかった。継続の過程で,「援助交際」をめぐる3つの学習(「援助交際」の技法の学習,技法と成果との関連づけ,個別的な楽しみの発見)が行われ「援助交際」体験者としての適切なふるまいが獲得される。また,「援助交際」に対する個別の「楽しみ」を発見することで,動機をめぐる語りも発展した。学習に際しては,「援助交際」に関する漫画や雑誌,インターネット上の情報など,不特定多数にむけて発信される情報が行為の準拠枠として参照された。ここから,「援助交際」における逸脱キャリアは,"対面的な経験者集団との相互作用の機会"をもたずに常習化するが,インターネットなどを中心とする不特定多数にむけて発信される情報や,情報の発信者に含まれる「援助交際」体験者の存在自体が,(経験者集団に代わる)行為の準拠枠としての影響をもつことがわかった。
著者
中島 淑恵
出版者
富山大学附属図書館

テーマ:死せる美女の物語:幽霊妻の源流※引用資料,参考資料については,下方の「関連URI」にリンクがあります。 0.ハーンの物語の中の「幽霊」1.「牡丹灯籠」2.「春の幽霊」3.ゴーティエ『死霊の恋』3-1.恋は一目ぼれ:視覚表現3-2.視覚から聴覚への転化3-3.触覚:手を触れること,吸血4.結論0.ハーンの物語の中の「幽霊」「飴を買う女」(<『神々の首都』)「牡丹灯籠」「耳なし芳一」「死骸にまたがる男」「青柳」?「雪女」?1.「牡丹燈篭」『霊の国の日本』の「恋の因果」初代三遊亭圓朝『剪灯新話』中国,明代『怪異談牡丹灯籠』五代目尾上菊五郎,歌舞伎ハーン「恋の因果」<<Passional Karma>> in In Gohstly Japan, The writings of Lafcadio Hearn, vol.9 pp.285-2862.「春の幽霊」<<Spring Phantoms>>, in Item, April 21, 1881The writings of Lafcadio Hearn, vol.2 pp.312-315"Petits Poemes en Prose"... the Woman that he shall never know stands before him like a ghost with sweet sad eyes of warning--and he dare not!3.ゴーティエ『死霊の恋』『クラリモンド』芥川龍之介訳,『クラリモンド』岡本綺堂訳>青空文庫Theophile Gautier, La morte amoureuse, 1839.Pierre Jules Theophile Gautierピエール・ジュール・テオフィル・ゴーティエ(1811年8月30日~1872年10月23日)3-1.恋は一目ぼれ:視覚表現Textes de litterature moderne et contemporaine / diriges par Alain Montandon et Jeanyves Guerin ; 190 . ?uvres completes / Theophile Gautier ; section 1 . Romans, contes et nouvelles / coordonnateur, A. Montandon ; t. 6(以下の引用ページ数は,このテクストによる。)http://opac.lib.u-toyama.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB24256407【引用1】p.403【引用2】p.403【引用3】p.403・全身,髪,額,睫毛,瞳【引用4】pp.403-404【引用5】p.404・歯,頬,鼻,肌【引用6】p.404・真珠,ドレス,手【引用7】p.404【引用8】p.404【引用9】p.4053-2.視覚から聴覚への転化【引用10】p.405【引用11】p.405【引用12】p.405【引用13】p.4063-3.触覚:手を触れること,吸血【引用14】p.406【引用15】p.416・頬,唇,睫毛,髪,手,腕【引用16】p.416【引用17】p.425【引用18】p.427【引用19】p.4294.結論

5 2 2 2 OA 富士山見たら

著者
久保田 宵二[作詞]
出版者
ビクター
巻号頁・発行日
1933-01
著者
鴻上 喜芳
出版者
日本保険学会
雑誌
保険学雑誌 (ISSN:03872939)
巻号頁・発行日
vol.2011, no.615, pp.615_89-615_108, 2011-12-31 (Released:2013-03-22)
参考文献数
17

米国の医療事故訴訟にかかるコストは1970年代以降ほぼ一貫して上昇し,かつこの間に三度保険危機があったために,医師・病院が医療事故賠償責任保険にアクセスし難くなり,防衛的な医療となったり患者の受診機会が阻害されたりする問題となっている。これに対し,州・連邦は不法行為制度改革を中心とする取組みを行ってきたが,近年は法改正を伴わない新たな取組みも出現してきている。これらの効果もあり,2005年からは医療事故訴訟コスト,医療事故賠償責任保険引受成績とも落着きを見せている。一方,保険危機により,保険マーケットには大きな変化が生じている。株式会社形態保険者がシェアを減らし,代わってRRGが躍進してきた。また,引受約款はオカレンスからクレームズメイドに移行してきている。米国の状況を参考にし,日本の保険者においては,医師賠償責任保険の安定的な保険運営,医師賠償責任保険へのロングテール導入,ならびに医師と患者の良好な関係を維持する新たな無過失補償保険の開発の検討が期待される。
著者
児島 将康 佐藤 貴弘 松石 豊治郎 岡本 伸彦 永井 敏郎 西 芳寛
巻号頁・発行日
2004 (Released:2004-04-01)

本年はグレリンの遺伝子発現調節機構について研究を行った。グレリンの発現・分泌調節はグレリンの生理作用を調節する上で非常に重要であるが、グレリンの発現・分泌を調節する因子としては、現在のところ空腹シグナルしか知られていない。そこでグレリンの遺伝子発現調節に関与する因子を探索するために、ヒトグレリン・プロモーターシークエンスをルシフェラーゼ発現ベクターに組み込んだレポーターベクターを作成し、グレリン遺伝子発現を調節する転写因子の研究に取り組んだ。グレリン・プロモーター配列において、これまでに明らかでなかったグレリン遺伝子発現の抑制領域を見出した。グレリン・プロモーターの-1600領域付近まで削ったベクターでは、プロモーター活性が低下した。またコンピューターサーチによってグレリン遺伝子のプロモーター領域に結合する転写因子の候補を探索し、その中で入手できたものについて、プロモーター活性に及ぼす影響を調べた。その結果、グレリン遺伝子のプロモーター活性を調節する転写因子として、抑制性のNF-kBと促進性のNkx2.2が関与していることを見出した。グレリン遺伝子のプロモーター領域に抑制性の領域を見出した。この結果グレリン遺伝子は正負のバランスによって発現調節が行われていると考えられた。またリポポリサッカライド(LPS)投与によって敗血症性ショックに陥るが、このとき血中グレリン濃度の減少が見られる。LPS投与によってToll-like4受容体が活性化され、引き続いてNF-kBが活性化される。NF-kBによってグレリン遺伝子のプロモーター活性が抑制されることから、LPS投与による血中グレリン濃度の減少にはNF-kBが関与している可能性が強いと考えられた。
著者
Hai Bui Shigeo Yoden Eriko Nishimoto
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.62-67, 2019 (Released:2019-03-21)
参考文献数
15

We present a three-dimensional minimal model that produces a self-sustained oscillation reminiscent of the quasi-biennial oscillation (QBO) in a radiative–moist convective quasi-equilibrium state. The computational domain is rectangular (640 km × 160 km) with doubly periodic boundary conditions. After initial transient time, an oscillation with a period of about 300 days emerges in the stratosphere, both in the domain-averaged zonal wind and meridional wind. A synchronization of the zonal and meridional winds is observed and is characterized as an anti-clockwise rotation of a skewed spiral feature with height in the mean horizontal wind vectors. The QBO-like wind oscillations penetrate into the troposphere. Modulation of tropospheric temperature anomalies and precipitation occurs with an irregular period of about 100 days, in which heavy precipitation is associated with positive temperature anomalies. The simulation reveals three types of precipitation patterns: isolated quasi-stationary type clusters, fast-moving back-building type and squall-line type patterns. The quasi-stationary type is newly identified in this three-dimensional model. Intermittent self-organization of convective systems into quasi-stationary type and transition back to the fast-moving back-building type or squall-line type are fundamental characteristics of self-aggregation in the three-dimensional model.
著者
Felipe F. NASCIMENTO Vírginia I. MARQUES Giulianne C. CROCIOLLI Gabriel M. NICÁCIO Isabela P. A. G. NICÁCIO Renata N. CASSU
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.18-0744, (Released:2019-03-25)

The aim of this study was to compare the effects of laser acupuncture and electroacupuncture on postoperative pain and analgesic requirements in cats. In a prospective, randomized and blinded clinical study, thirty cats undergoing ovariohysterectomy were sedated with intramuscular (IM) ketamine (5 mg/kg), midazolam (0.5 mg/kg), and tramadol (2 mg/ kg). Before the induction of anesthesia, the animals were randomly distributed into three groups of ten cats each: LA: bilateral Stomach 36 (ST-36) and Spleen 6 (SP-6) acupoints were stimulated with an infrared laser; EA: bilateral ST-36 and SP-6 acupoints were stimulated with an electrical stimulus; Control: no acupuncture was applied. Postoperative analgesia was evaluated in the first 24 hr post-extubation using the Interactive Visual Analogue Scale and UNESP-Botucatu Multidimensional Composite Pain Scale. Rescue analgesia was provided with IM tramadol (2 mg/kg), and the pain scores were reassessed 30 min after the rescue intervention. If the analgesia remained insufficient, meloxicam (0.2 mg/kg IM, single dose) was administered. Data were analyzed using t-tests, the Mann-Whitney U test, and Friedman test. P<0.05 was considered significant. The pain scores did not significantly differ between the treatment groups at any time point (P>0.05). The prevalence of rescue analgesia was significantly higher in the Control group than in the LA and EA groups (P=0.033). Preoperative laser and electroacupuncture reduced the need for rescue analgesia during the first 24 hr after ovariohysterectomy.
著者
金 善美
出版者
日本都市社会学会
雑誌
日本都市社会学会年報 (ISSN:13414585)
巻号頁・発行日
vol.2012, no.30, pp.43-58, 2013-09-01 (Released:2014-03-07)
参考文献数
23

This paper aims to examine the role of Art in revitalizing city's run-down area. For this purpose, this paper draws upon empirical work in Mukoujima, known as former industrial zone and typical ‘Shitamachi' area of east Tokyo. Art movement in Mukoujima started at late 1990s. At the first time, it was experimental solution for abandoned houses and shops, mainly to reduce the risk of arson. However, the movement has continued for 10 years, bringing more and more young artists and trendy places for them. Up to now, Mukoujima gradually came to be known as “Hidden Art town in Tokyo's traditional area”. By analyzing the interaction of various actors, this paper reveals two points. Firstly, Experiencing decline and redevelopment at the same time, ‘revitalization of local' means vary from each actor. Therefore, art movement as revitalization strategy has always been placed in tension and conflict between actors. Secondly, positioning art movement within the context of urban change, you can see an opposite role of art in present stage: Consumption of space which reminiscent of gentrification, on the other hand, one form of diversifying local culture due to local change.
著者
谷口 孝介
出版者
Society of Japanese Language and Literature, University of Tsukuba
雑誌
日本語と日本文学 (ISSN:02856352)
巻号頁・発行日
vol.64, pp.1-11, 2019-12-28

〔付記〕本稿は、和漢比較文学会第十回特別例会(二〇一七年八月三一日、中国、西北大学)における口頭発表に基づいている。席上貴重なご意見を賜った各位に感謝する。また科研費(基盤研究(C)17K02423、研究代表者:白井伊津子氏)による研究成果の一部である。
著者
奥山 睦 高橋 和勧 村瀬 博昭 前野 隆司
出版者
一般社団法人 経営情報学会
雑誌
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
巻号頁・発行日
vol.2017, pp.237-240, 2017

近年、映画による地域活性化が注目を浴びている。主たる議論としては、交流人口拡大のための観光領域、地域アイデンティティー形成のためのコミュニティ領域に集約されることが多い。 <br> 映画『未来シャッター』は、中小地域間連携による産官学金、市民の協力により、大田区を拠点とするNPO法人ワップフィルムが企画・製作した。本作は、従来型の地域映画と異なり、鑑賞後の対話を通して、鑑賞者、主催者、制作者、出演者等が各々の立場を越境し、新たなアクションへ繋げていっている。本研究は、本作の構造を明らかにし、協創力を創発して価値の再創造を行うためのファクターを洗い出し、複雑・大規模化する社会課題解決の新たな一方策を提示する。
著者
中島 淑恵
出版者
富山大学附属図書館

テーマ:今年度へるんトークのまとめ:ハーン作品における女性の諸相※引用資料,参考資料については,下方の「関連URI」にリンクがあります。0.はじめに・第31回翁久允賞受賞1.2018年度 へるんトーク総括・第1回 2018年4月25日(水) 日本の第一印象:未知の感動を伝えること・第2回 2018年5月30日(水) 黒い髪の女:ファム・ファタルかファム・イデアルか?・第3回 2018年6月27日(水) 南の島の記憶:『チタ』を読む・第4回 2018年7月25日(水) 美しきクレオール:『ユーマ』を読む・第5回 2018年10月24日(水) 夫婦の契りの物語:約束を守るか守らないか・第6回 2018年11月28日(水) 死せる美女の物語:幽霊妻の源流2.『死んだ恋人 (A Dead Love)』と『死後の恋 (L'Amour après la Mort』を読む:夏目漱石『夢十夜』より「第1夜」と比較して・1908年(明治41年)7月25日から8月5日まで『朝日新聞』に連載・(1867年2月9日(慶応3年1月5日)~1916年12月9日)・『吾輩は猫である』(1905年)・『坊っちゃん』(1906年)・『草枕』(1906年)・『三四郎』(1908年)・1907年(明治40年)2月一切の教職を辞し,朝日新聞社に入社3.2019年度のへるんトーク(予定)いずれも13時00分から14時30分・第1回 2019年5月29日(水)・第2回 2019年6月26日(水)・第3回 2019年7月31日(水)・第4回 2019年10月30日(水)・第5回 2019年11月27日(水)・第6回 2019年12月18日(水)・第7回 2020年2月26日(水)