著者
金 蘭九
出版者
九州看護福祉大学
雑誌
九州看護福祉大学紀要 (ISSN:13447505)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.139-154, 2003-03

本稿の目的は、日本と韓国の視覚障害者教育政策の歴史的変遷を整理、比較研究し、障害者福祉政策のための1つの方向性を提示することにある。 また、本稿では、日本における視覚障害者教育政策の史的展開と韓国における視覚障害者教育政策の史的展開の、大きく2つに分けて考察を続けた。まず、日本における視覚障害者教育政策の史的展開は、盲学校の誕生、盲教育制度、教育方法の変遷、普通科重視の教育などの内容である。次に、韓国における視覚障害者教育政策の史的展開ほ、済生院の設立、盲教育制度、教育方法の変遷、ソウル盲学校などがその内容である。The formation of this study is to review and reorganize the historical changes of the policies of the education for the visually disabled in comparison between Korea and Japan, and then propose a positive direction for the policies of the welfare for the visually disabled. Firstly the two countries historical developments of educational policies for the visually disabled are analyzed and studied individually. In Japan measures were taken in setting up the schools fol the blind, revising the educational system and its method and paying attention on normal classes. Secondly, in Korea the following is the content of the development, e.g.establishing the Saiseiin, revising the educational system and its method and setting up the Seoul school for the blind.
著者
岡本 正明
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター
雑誌
イスラーム世界研究 (ISSN:18818323)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.231-251, 2016-03

The transgender group called waria in the Indonesian language was politically active nationally during the direct presidential campaign in 2014. It was the first national political movement for waria. Waria in major cities enthusiastically supported the presidential candidate, Joko Widodo (Jokowi) partly because some waria leaders thought Jokowi was a pro-poor and communicative candidate and his pluralist standpoint could benefit the waria, one of the most marginalized groups in Indonesia. The widely opened political space under the democratic regime enabled the rise of warias' political activism. The waria was the most politically active group among the LGBT, partly because their grouping and organizing pattern is hierarchical under one leader called mami. Mami could rather easily mobilize the members of her own group or organization for political purposes. This undemocratic character of waria groups and organizations (and the national networks among them) paradoxically enabled the nationwide political support for Jokowi in a democratic election.
著者
伊賀 司
出版者
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
雑誌
アジア・アフリカ地域研究 (ISSN:13462466)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.73-102, 2017

This paper explores the politics of sexuality issues (sexuality politics) between the government and the LGBT movement in Malaysia since the 1980s. The Malaysian LGBT movement has faced repressive government policies and discrimination from society. However, some LGBT movements in the post-Mahathir era, such as Seksualiti Merdeka, Justice for Sisters, and Pelangi, have associated with the other NGOs and social movements and actively advocated the protection of LGBT people's human rights in public spaces. This paper explores when and how sexuality politics between the state and the LGBT movement appeared in Malaysia. Four incidents or moments were found to be important for the birth of sexuality politics in Malaysia: Islamization since the 1980s, the Asian Values discourse during the Mahathir administration, the HIV/AIDS epidemic, and the sodomy court case of Anwar Ibrahim. In the post-Mahathir era, the state has introduced new ways of repressing LGBT people, while the LGBT movements have also adopted new strategies.
著者
土本 俊和
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.62, no.500, pp.221-228, 1997
被引用文献数
4 3

This paper deals with urban formation of "chou" especially by "Koya-gake" which meant to build rude buildings to meet an immediate need. In Kyoto the rapid urbanization was prompted by the construction of Juraku-dai from 1586 onward. "Koya-gake" formed "Koya-no-chou" close to Juraku-dai. The form could be seen through Daichuh'in archives which recorded the width, but not the depth, of each premise in "Koya-no-chou" of 1587. This showed that "Koya-no-chou" was urbanized only in the land facing on streets. The paper concludes that the construction boom changed only the surface of blocks at the first urban dynamics.
著者
Poppe Clemens
出版者
開拓社
雑誌
音韻研究
巻号頁・発行日
no.17, pp.67-74, 2014
著者
楠 弘〓
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
日本心理学雑誌 (ISSN:18841074)
巻号頁・発行日
vol.T2, no.6, pp.157-253, 1924 (Released:2010-07-16)
参考文献数
37
著者
河村 朗
出版者
関西国際大学
雑誌
研究紀要 (ISSN:13455311)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.47-57, 2004-03-30

世界的に人口成長率がここ数十年高かったアラブ地域の中で,サウジアラビアに焦点を絞って,この国の人口爆発が雇用問題にいかに影響を及ぼしているかを明らかにしている。またその問題の解決策としてサウジ政府が採用してきたサウジ人化が進んでいない理由を取り上げて,今後の課題について考察している。
出版者
日経BP社
雑誌
日経ニューメディア (ISSN:02885026)
巻号頁・発行日
no.1607, pp.8-9, 2018-04-30

放送もインターネットテレビも変わらないという首相発言があったが、誰もが知るように両者は大違いである。放送も通信も変わらないといった暴論は、このテーマの専門家ではない首相の発言としては聞き流せるが、それを後押ししている規制改革推進会議の周囲…
著者
岡本 健
巻号頁・発行日
2013-07-21

この資料は『日経グローカル』の「観光地点検」に連載された記事です。本著作物は、日本経済新聞社の許諾を得て掲載しています。日本経済新聞社の許可なく内容の全部又は一部を複写・転載することを禁じます。
著者
佐伯 啓思
出版者
新潮社
雑誌
新潮45
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.326-334, 2013-01
著者
久恒 靖人 松下 恒久 野田 顕義 天神 和美 佐治 攻 榎本 武治 民上 真也 福永 哲 大坪 毅人
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.35, no.7, pp.875-878, 2015-11-30 (Released:2016-03-02)
参考文献数
8

性的嗜好により経肛門的異物挿入で直腸穿孔となった症例を経験した。症例1,64歳男性。以前よりホースを肛門に挿入する自慰行為を行っていた。受傷当日も,ホースを使用した自慰行為を施行していたが,行為後より腹痛を認め,経過観察するも症状悪化したため近医へ救急搬送された。近医で処置困難と診断され当院へ紹介となった。精査にて直腸穿孔を認め,ホースによる直腸穿孔と診断し,緊急開腹術を施行した。症例2,75歳男性。友人に肛門へソーセージを挿入された。その後,ソーセージの排泄は認めず,腹痛増悪したため近医を受診された。イレウスと診断され,当院紹介受診。精査にてソーセージによる直腸穿孔と診断し,緊急開腹術を施行した。性的行為による経肛門的直腸異物挿入での直腸穿孔はまれであるため若干の文献的考察を加え報告する。
著者
鈴木 眞一
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.70-76, 2018 (Released:2018-08-24)
参考文献数
17

東日本大震災後の原発事故による放射線の健康影響を見るために,福島県では大規模な超音波検診が開始された。甲状腺検診を実施するとスクリーニング効果から一度に多くの症例が発見されるが,過剰診断にならないように,検診の基準を設定した。5mm以下の結節は二次検査にならず,二次検査後の精査基準も10ミリ以下の小さいものにはより厳格な基準を設けて,過剰診断を防ぐことを準備した上で検診を行った。その結果発見治療された甲状腺癌は,スクリーニング効果からハイリスクは少なく,かつ非手術的経過観察の対象となる様な被胞型乳頭がんは認められず,微小癌症例でも全例浸潤型でリンパ節転移や甲状腺被膜外浸潤を伴っていた。したがって,一次検査の判定基準,二次検査での精査基準さらに手術適応に関する基準などから,超音波検診による不利益は極めて少ないものと思われた。一方で発見甲状腺癌は過剰診断ではないのであれば,放射線の影響による甲状腺癌の増加ではと危惧されるが,現時点ではその影響を示唆する様な事象は得られていない。以上より,放射線被曝という特殊状況下で検診を余儀なくされたにも関わらず,厳格な基準を設定しこれを遵守しながら実施することによって,過剰診断という不利益を極力回避できていることがわかった。
著者
Małgorzata Grabara Janusz Szopa
出版者
理学療法科学学会
雑誌
Journal of Physical Therapy Science (ISSN:09155287)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.361-365, 2015 (Released:2015-02-17)
参考文献数
39
被引用文献数
6 8

[Purpose] The aim of this study was to access the flexibility of the spine in women practicing yoga as a part of the “University for Health” project. [Subjects and Methods] The study included 56 women ranging in age between 50–79 and attending 90 minutes hatha yoga sessions once a week. The measurements were performed twice-at the beginning of the project and after its completion, i.e., after 20 weeks of classes. The range of spine mobility in three planes was measured using a Rippstein plurimeter. The range of motion in the sagittal and frontal planes was measured in a standing position with the feet hip-width apart. The torsional range of motion of the subjects was measured with the trunk bent at a right angle and the legs apart. The flexibility ranges of the spine and hamstrings were also measured by the toe-touch test in a standing position. [Results] This study showed that the applied yoga exercises increased spinal mobility and flexibility of the hamstring muscles regardless of age. [Conclusion] Yoga exercises should be recommended to the elderly to make their muscles more flexible and to increase the range of motion in the joints, which is particularly important for improving their life quality.