著者
山中 亮一 上月 康則 野上 文子 魚谷 昂一郎 三好 真千 五島 幸太郎
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集B2(海岸工学) (ISSN:18842399)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_1206-I_1210, 2012 (Released:2012-11-15)
参考文献数
12

Mytilus galloprovincialis (mussel) is a dominant species that attach to seawalls in eutrophied enclosed ports in Japan. Mussel drop-off occurrs every summertime causing sediment contamination at the sea bottom. To avoid the occurrence of mussel drop-off, we suggest to harvest an attached mussel just before the drop-off and composting it. To predict the occurrence of the mussel drop-off, we have to investigate it's biological reaction to influential factors, especially water quality variation. Therefore, we conduct the field observation and reaction experiment of mussels. As a result, we clarified that adhesion characteristics of mussels are affected by the pattern of water quality variation and caused by internal seiche which improves the number of byssus of the mussels.
著者
三宅 俊浩
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.1-17, 2016 (Released:2017-03-03)
参考文献数
23

本稿は「読める」等「可能動詞」の成立過程について論じる。従来その成立については「レル」起源説,「得ル」起源説,下二(一)段自動詞「切ルル>切レル」等への類推説という三つの説が存在する。本調査により,中世末期の「読ムル」が動作主を取らず対象語に備わる一般的な可能属性を叙述するものであり,さらにこの様相は語彙的・意味的・統語的に近世前期の可能動詞と連続的であることが確認された。一方,「レル」「得ル」は「読ムル」および可能動詞の様相と著しく異なるものであった。さらに自動詞類推説について検証すると,属性叙述を行う有対下二(一)段自動詞と四段他動詞の関係は,可能動詞および「読ムル」と派生元の四段他動詞との対応と並行的であることがわかった。以上から可能動詞は属性叙述を行う下二(一)段自動詞への類推により成立したと結論付けた。
著者
橋本 行洋
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.2, no.4, pp.92-107, 2006-10-01

本稿は、新語の成立および定着・普及の経緯を「食感」という語を通して観察するとともに、その要因について考察したものである。「食感」は近年広く用いられるようになった新語であるが、この語は教科書や公的文書にも使われ、筆者のいうところの《気づかない新語》の一つに数えることができる。この語はもと食品学・調理学研究者の間で、「味・香・触」を総合した〈広義の「食感」〉の意味で用いられたが、食品のテクスチャー研究が本格化した1960年代ころから、現在のような口内の触覚を示す〈狭義の「食感」〉の用法が多く見られるようになった。この〈狭義の「食感」〉発生の背景には、先行する同音の類義語「触感」の存在が関与しているものと考えられる。「食感」が《気づかない新語》となり急速に一般語化した要因としては、この語が漢字表記を本来の形とする漢字語であること、また「味」や「色」に対応する触覚を総合することばの欠を補うものであったことや、「食味」「食育」などの「食-」語彙の一つに位置づけられるといった、《語彙体系のささえ》の存在があげられるだろう。

6 1 1 1 IR 性同一性障害

著者
木下 勝之 Katsuyuki KINOSHITA 埼玉医科大学総合医療センター産婦人科 Department of Obstetrics and Gynecology Saitama Medical Center Saitama Medical School
雑誌
日本産科婦人科學會雜誌 = Acta obstetrica et gynaecologica Japonica (ISSN:03009165)
巻号頁・発行日
vol.52, no.8, pp.1208-1214, 2000-08-01
参考文献数
12

Individuals pursuing sex reassignment have not been taken seriously in Japan, differing from in modern Western societies, where gender identity disorder (GID) has been officially adopted in ICD-10 or DSM-IV. Under these circumstances, we established multidisciplinary gender team in Saitama Medical Center, in which transsexuals are diagnosed and treated. The term GID han been used for individuals who show a strong and persistent cross-gender identification and a persistent discomfort with their anatomical sex, or a sense of inappropriateness in the gender role of that sex. The number of the GID in our gender clinic was 317 during 6 years from 1993 to 1999, among which 178 cases (56%) was female to male transsexuals (FTMTS), whereas 139 (44%) was male to female transsexuals (MTFTS). The cases desiring sex reassignment surgery in FTMTS was 102 (57%). Most of the transsexuals visiting our gender clinic became manifest during infant days or before puberty. The sex partners of 48% of FTMTS were female, and one fourth of the patients had the episode of failure to suicide. The origins of transsexualism are still largey unclear. A first indication of anatomic brain differences between transsexuals and no transsexuals have been found. There are two phases for the diagnosis of GID. In the first phase, a diagnosis in made based on formal psychiatric classification criteria, a "strong and persistent cross-gender identification". In the second phase, one's capability to live in the desired role and the strength of the wish for SRS, in the face of disappointments while living in the opposite gender role, is tested. Then the psychological intervention starts, followed by hormone therapy. Sex reassignment surgery for FTMTS is composed of mastoidectomy, a urethra lengthening, closure of vaginal wall and oophorotomy with hysterectomy. The point of operation technique is to make the anterior vaginal flap to lengthening the urethra to reach the tip of clitoris released upward, at hysterectomy. SRS for MTFTS is to dissect penis to make new clitoris and followed by vaginoplasty. SRS was first undertaken in Japan in 1998, and the attitude toward GID has become positive. It seems likely that GID would be accepted in medical, legal social field soon in Japan.
著者
舩戸 修一
出版者
The Kantoh Sociological Society
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.1999, no.12, pp.119-130, 1999

It is an undeniable fact that Nohonshugi (Japanese Agrarianism) prospered in pre-war Japan. At that time, Nohonshugi was regarded as a symbol of feudal period in Japan, that is, an ideological basis to protect the landed class. It should be noted, however, that Nohonshugi pursued to construct the ideal rural society and thus was critical of the rural society and the landed class at this time. The aim of this paper is to focus on Seikyo Gondo(1868-1937) and Kanji Kato (1884-1967), two well-known theorists of Nohonshugi, and reinterpret their Nohonshugi from the viewpoint of equalizing the rural society. In this way, it becomes clear how their Nohonshugi had an inclination to dissolve the landed class.
著者
武田 昌憲
出版者
茨城女子短期大学
雑誌
茨城女子短期大学紀要 (ISSN:02875918)
巻号頁・発行日
vol.24, pp.33-41, 1997-03-17
著者
飛田 良文
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.48-68, 2008-01-01

明治初年の英語教育は、大学南校と慶応義塾から始まった。そのとき使用された英文典のテキストが、クワッケンボスとピネヲの二つの英文典であった。教育課程には外国人教師が正しい発音で教授した正則と、日本人教師が発音におかまいなく翻訳を目的とした変則とがあった。正しい発音を示し、その訳語を普及するために、大学南校と慶応義塾とは、テキストの翻刻とその翻訳書「英文典直訳」を公刊した。そこには言語構造が異なるため、英文に則した逐語訳には、新訳語、新しい訳し分けが必要となった。その中には定着したもの、消滅したものがある。消滅したものの一つが六時制の訳し分けであるが、これこそが欧文直訳体の文末表現の特徴であることを提示した。
著者
竹村 明日香
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.9, no.2, pp.16-32, 2013-04-01

キリシタン資料によると,中世末期のエ段音節ではエ・セ・ゼの3音節のみが硬口蓋化していたと考えられる。しかし中世期資料によっては他の工段音節でも硬口蓋化していたことを窺わせる例もあり,果たしてどの音節が硬口蓋化していたのかが問題となってきた。本稿ではこの問題を解決する一助とするため,近世〜現代九州方言のエ段音節を通時的・共時的に観察した。結果,エ段音節では,子音の調音点の差によって硬口蓋化が異なって現れていることが判明した。即ち,歯茎音の音節では子音の主要調音点を変える硬口蓋化が生じているのに対し,軟口蓋音や唇音の音節ではそのような例が認められない。このような硬口蓋化の分布は,通言語的な傾向と一致している上に,キリシタン資料のオ段拗長音表記とも平行的であることから,中世エ段音節の硬口蓋化の分布としても十分想定し得るものであると考えられる。
著者
加藤 慶
出版者
日本性教育協会
雑誌
日本=性研究会議会報
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.22-29, 2008-11