著者
粳間 剛 仙道 ますみ
出版者
三輪書店
雑誌
地域リハビリテーション (ISSN:18805523)
巻号頁・発行日
vol.13, no.3, pp.224-231, 2018-03-15

要するに痛みのシステムが正常かどうかだけの分類だ!m9( ゜Д゜)復習ドーン
著者
村中 孝司 石井 潤 宮脇 成生 鷲谷 いづみ
出版者
日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 = Japanese journal of conservation ecology (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.19-33, 2005-06-30
参考文献数
88
被引用文献数
21

外来生物の侵入は生物多様性を脅かす主要な要因の1つとして認識されている.日本においても, 2004年に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」が公布され, 生態系等に係わる被害を及ぼすあるいは及ぼす可能性がある外来生物を特定外来生物として指定し, 防除などの措置を講ずることが定められている.本研究では, 同法にもとづいて指定すべき特定外来生物の検討に先立ち, 同法基本方針における「特定外来生物の選定に関する基本的事項」を維管束植物に適用して, 生物多様性を脅かす特定外来植物の候補種を選定した.これまで得られた生態学, 保全生態学およびその他の科学的知見を整理し, (1)国内外における侵略性の高さ, (2)国内における侵入面積, (3)生態系・在来種に及ぼす影響, および(4)対策事例の有無の4項目に関して, できる限り数量的に評価することにより, 108種を対策の必要性の緊急度からA-Cの3ランクに分けてリストアップした.対策緊急度の最も高いAランクには, オオブタクサAmbrosia trifida, シナダレスズメガヤEragrostis curvula, ハリエンジュRobinia pseudoacacia, アレチウリSicyos angulatus, セイタカアワダチソウSolidago altissima, オオカナダモEgeria densa, オニウシノケグサFestuca arundinacea, オオフサモMyriophyllum aquatica, コカナダモElodea nuttallii, ホテイアオイEichhornia crassipes, カモガヤDactylis glomerata, アカギBischofia javanica, 外来タンポポ種群Taraxacum spp., オオカワヂシャVeronica anagallis-aquatica, ヒメジョオンStenactis annuus, ボタンウキクサPistia stratiotesの計16種が選定された.いずれの種も生態系・在来種に及ぼす影響が顕著であり, すでに行政や地域住民が主体となり駆除対策が実施されているものである.また, オオカワヂシャを除いた15種は日本生態学会(2002)がリストアップした「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されており, 国内の河川における優占群落面積が大きい種が多く含まれる.それに次ぐBランクには, ハルザキヤマガラシBarbarea vulgaris, イタチハギAmorpha fruticosa, ミズヒマワリGymnocoronis spilanthoides, キショウブIris pseudacorusなど計35種が, Cランクには計57種が選定された.ここに掲載された種の中には, 現在もなお緑化用牧草, 観賞用水草などとして盛んに利用されている種が含まれている.特にAランクに選定された種については速やかに特定外来生物に指定し, 侵入・蔓延を防止するための有効な対策を強化することが必要である.
著者
吉田 永弘
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.9, no.4, pp.18-32, 2013-10-01

可能の「る・らる」は,中古では否定可能を表す用法しか持たず,中世になって肯定可能を表す用法が現れたと言われている。本稿では,通説の検証を行いながら,肯定可能の「る・らる」の展開を描く。まず,実現の有無という観点から肯定可能を<既実現可能><未実現可能>の2類に分け,事態の性質によって,I既実現の個別的事態,II恒常的事態,III一般論,IV未実現の個別的事態の4種に分ける。その上で,中世以前はI〜IIIの<既実現可能>に留まり,IVの<未実現可能>は近世に現れることを示す。また,<未実現可能>が出現した要因を,未実現の事態の表現方法の変化のなかに求める。
著者
村瀬 雅俊
出版者
物性研究刊行会
雑誌
物性研究 (ISSN:05252997)
巻号頁・発行日
vol.82, no.1, pp.57-64, 2004-04-20

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
著者
柳谷 あゆみ
出版者
東洋文庫
雑誌
東洋学報 = The Toyo Gakuho (ISSN:03869067)
巻号頁・発行日
vol.99, no.1, pp.01-017, 2017-06

Tārīkh al-dawla al-Atābakīya mulūk al-Mawṣil li-Ibn al-Athīr (Ms. ARABE 1898, Paris) is the only extant manuscript recognized as Ibn al-Athīr’s dynastic history titled al-Tārīkh al-bāhir fi al-dawla al-Atābakīya. Based on this manuscript De Slane published a revised edition in 1876, and then in 1963 Ṭulaymāt published a newly revised edition. Currently the latter is mainly utilized for research as an improved version of De Slane’s edition. In his work, Ṭulaymāt improved the technical inadequacy of De Slane’s edition and refuted (or ignored) De Slane’s claim of the existence of additions to the manuscript in later eras. Focusing on this point, the author of this article examined the descriptions of the manuscript and compared the two editions based on the same manuscript to make clear its contents and the later additions. For verification, since no other manuscript of al-Bāhir has been found, the author utilized as comparative materials two historical texts, Abū Shāma’s Kitāb al-Rawḍatayn and Ibn Qādī Shuhba’s al-Kawākib al-Durrīya, which include many quotations from al-Bāhir. As a result of the close examination, the author selected for detailed textual criticism two chapters, Chap. 97 and Chap. 133, which were suspected of being added to the original text in a later era. Chap. 97 is the chapter which De Slane had considered it as an addition, while Ṭulaymāt did not. The author examined the description and confirmed the authenticity of De Slane’s argument. As for Chap. 133, to which both editors paid no particular attention, the author pointed that its description was possibly not from Ibn al-Athīr’s text, but added from Abū Shāma’s text, by comparing the texts and checking the word “qultu” (= I said) in the texts, which indicated the description was not a quotation.As a result of the examination, the author concluded that the manuscript was supposed to contain some complements from the descriptions which were left in the form of citations by other historical materials which have gone missing.
著者
宮坂 靖子
出版者
奈良大学
雑誌
奈良大学紀要 (ISSN:03892204)
巻号頁・発行日
no.40, pp.149-163, 2012-03

本論文の目的は、1990年以降のセクシュアリティ研究を対象にして、セクシュアリティ研究における近代家族に関する言説を抽出し、その成果が家族社会学における近代家族論に対してもたらすインプリオケーションを明らかにすることである。家族社会学においては、日本の近代家族の生成・普及は、明治20年代(1890年代)に公的領域における男性の言説により牽引されたものの、その後は男性による家庭言説は衰退し、「過程の女性化」が進行したという認識が一般的に受容されてきた。しかし、1910~1920年代の恋愛論、1920年代の通俗性欲学のいずれにおいても、言説の担い手は男性たちであった。この時代、男性たちが、結婚と家庭について再び語り始めたのであり、1920年代(大正9~昭和4年)は、男性による「家庭回帰言説の時代」であった。「近代家族」パラダイムがア・プリオリに措定している「性-愛―結婚」三位一体観、「過程の女性化」、さらには「セクシュアリティの近代」という3つのキー概念を、ジェンダー非対称性に着目して再検討することにより、近代家族論の脱構築が可能になることが示唆された。
著者
小谷 順子
出版者
慶應義塾大学法学研究会
雑誌
法學研究 : 法律・政治・社会 (ISSN:03890538)
巻号頁・発行日
vol.87, no.2, pp.385-412, 2014-02

小林節教授退職記念号一 日本における憎悪表現(ヘイトスピーチ)をとりまく状況 1 はじめに 2 国際社会の動きと日本の対応二 日本国内の法制度の下における憎悪表現への対処 1 既存の法律による対処の可能性 2 刑事法による規制(一) : 表現内容規制の類型(脅迫罪、名誉毀損罪、侮辱罪) 3 刑事法による規制(二) : 表現の二次的効果の規制の類型(威力業務妨害罪) 4 人権法による規制 5 公安条例によるデモ規制 6 民事法の不法行為 7 小括三 憎悪表現の規制をめぐる日本の裁判例 1 京都の朝鮮学校に対する憎悪表現をめぐる事件 2 刑事事件第一審(京都地判平二三・四・二一(判例集未登載)) 3 刑事事件控訴審(大阪高判平二三・一〇・二八(判例集未登載)) 4 民事事件第一審(京都地判平二五・一〇・七(判例集未登載))四 若干の考察 1 京都朝鮮学校事件判決をうけて 2 結語
著者
Tetiana I. Bogdanova Vladimir A. Saenko Mitsuyoshi Hirokawa Masahiro Ito Liudmyla Yu. Zurnadzhy Toshitetsu Hayashi Tatiana I. Rogounovitch Akira Miyauchi Mykola D. Tronko Shunichi Yamashita
出版者
(社)日本内分泌学会
雑誌
Endocrine Journal (ISSN:09188959)
巻号頁・発行日
pp.EJ17-0134, (Released:2017-08-10)
被引用文献数
1

This study set out to compare structural and invasive characteristics of sporadic papillary thyroid carcinoma (PTC) in age-matched groups of children and adolescents of Japan and Ukraine to provide detailed histopathological analysis of tumors from different geographical areas with different iodine intake. A total of 348 (160 Japanese and 188 Ukrainian) PTCs from patients without radiation history were analyzed initially as a combined pediatric group and then subdivided into childhood (aged ≤14 years) and adolescent (aged from 15 to ≤18 years) age series. On multivariate comparison, the Japanese pediatric PTC was characterized by a higher sex ratio (p=1.504E-4), and a higher frequency of microcarcinoma (p=0.039), papillary dominant growth pattern (p=0.024), focal oxyphilic cell metaplasia (p=7.644E-6), intrathyroid spread (p=0.010), lymphatic/vascular invasion (p=0.01) and regional lymph node metastases (p=3.540E-6). In the Ukrainian group, multifocal (p=0.004) and non-encapsulated tumors with the solid-trabecular growth pattern (p=0.05) were more frequent. Childhood Japanese PTCs differed from Ukrainian PTCs by more pronounced invasive properties such as lymphatic/vascular invasion and nodal disease, but did not differ by the dominant growth pattern. In adolescents, the differences were detected not only for lymph node metastases, but also for a higher frequency of the papillary dominant pattern in Japanese PTC. Overall, significantly higher frequencies of oxyphilic cell metaplasia and more pronounced invasive features observed in the Japanese PTC in both age-matched series represent the major differences between the tumors from two geographical areas.
著者
西岡 笑子
出版者
一般社団法人日本衛生学会
雑誌
日本衛生学雑誌 (ISSN:00215082)
巻号頁・発行日
vol.73, no.2, pp.178-184, 2018 (Released:2018-05-31)
参考文献数
25

In this paper, we describe the historical transition of sexuality education in Japan and the direction of sexuality education taken by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Reproductive health/rights, a key concept in sex education, is also discussed. In Japanese society, discussion on sexuality has long been considered taboo. After the Second World War, sexuality education in Japan began as “purity education.” From 1960 until the early 1970s, physical aspects such as genital organs, function, secondary sexual characteristics, and gender differences were emphasized. Comprehensive education as a human being, including physiological, psychological, and social aspects, began to be adopted in the late 1970s. In 2002, it was criticized that teaching genital terms at primary schools and teaching about sexual intercourse and contraceptive methods at junior high schools were “overdue guidance” and “extreme contents.” Sexuality education in schools has become a problem and has stagnated for about 10 years. Currently, schools teach sexuality education that does not deviate from the MEXT course guidelines. The direction of MEXT regarding sexuality education should be examined from the basic position that sexual activity by children is inappropriate. Reproductive health/rights apply the concept of human rights to sexuality and reproduction. Reproductive health/rights are key concepts that support sex education and women’s health.
著者
宮崎 弦太 矢田 尚也 池上 知子 佐伯 大輔
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.33, no.2, pp.61-72, 2017-12-25 (Released:2017-12-25)
参考文献数
18
被引用文献数
2

This study investigated the determinants of exchange anxiety in close relationships—generalized worries that one’s partner will replace him/her with a more suitable person. We hypothesized that exchange anxiety would increase when individuals compare themselves with others who are more competent (experiencing upward social comparisons), especially in environments where they cannot easily find alternative relationships (environments with low relational mobility). By experimentally manipulating the type of social comparison, the results from Study 1 revealed that undergraduates (n=299) living in environments with low relational mobility felt stronger exchange anxiety when they experienced upward social comparison than downward social comparison. In Study 2, an online survey was conducted with a sample of adults living in either urban or rural areas (n=1000). The results showed that the frequency of upward social comparison was positively associated with exchange anxiety and that this tendency was moderated by the combined effect of relational mobility and trait self-esteem. These results suggest that the characteristics of one’s interpersonal environments affect the impact of the perceived risk of being replaced on exchange anxiety in one’s close relationships.
著者
太田 博樹
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (Japanese Series) (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
vol.115, no.2, pp.73-83, 2007 (Released:2007-12-22)
参考文献数
68

現在100種を上回る生物種で全ゲノム塩基配列決定が進行中もしくは完了し,『ゲノム博物学』といった様相を呈している。ヒト近縁種については,ヒト,チンパンジー,マカクの全ゲノム・ドラフト配列が発表され,これらゲノム情報の種間比較により分子レベルから人類進化へアプローチする研究は10年前に比べ格段に容易となった。ゲノムワイドの種内比較研究もヒトで最も進んでおり,国際HapMapプロジェクトが組織され,3大陸(アフリカ,ヨーロッパ,アジア)人類集団から百万個以上のDNA多型マーカーが同定された。各生物種の全ゲノム配列やヒト多型データは,データベースが整備されインターネットを介して容易に入手できる。こうしたゲノム科学の進展は「ヒト」および「人」に関わるあらゆる学問,産業,思想に革命的なインパクトを与えることが予想され,既にそうなりつつある。産業との関連においては,シークエンスやタイピングの効率の向上に重きが置かれがちだが,データ解釈の正確さを忘れない姿勢が科学者のあるべき姿であろう。この点において人類学的視点をゲノム科学へフィードバックする重要性が今後さらに増すに違いない。本稿では,ゲノム科学をめぐる世界的動向を概説し,ゲノム科学と人類学の関わりについて議論する。