著者
外薗 英樹 上原 絵理子
出版者
公益社団法人 日本食品科学工学会
雑誌
日本食品科学工学会誌 (ISSN:1341027X)
巻号頁・発行日
vol.63, no.7, pp.306-311, 2016-07-15 (Released:2016-08-31)
参考文献数
20
被引用文献数
4

GABA摂取が肌質,並びに,睡眠の質に及ぼす影響を評価することを目的として,肌荒れを自覚し,疲労や睡眠の不調を感じている成人女性を対象に,二重盲検並行群間試験を実施した.その結果,GABA摂取群において頬の皮膚弾力性指標がプラセボ摂取群と比較して有意に改善した.睡眠の質の評価においてはGABA摂取群とプラセボ摂取群の両群ともに摂取開始後に改善がみられたが,有意な群間差はみられなかった.本試験の結果から,GABAの摂取は日頃から疲労や睡眠の不調を感じ,肌荒れの自覚がある成人女性の頬の粘弾性の悪化を抑制する可能性が示された.
著者
平松 隆円
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 (ISSN:09150900)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.193-241, 2012-09-28

髪には、人々の身分や生き方が如実に反映されてきたという歴史から社会の変遷を読み取り、また人々のもつ無意識の戦略について論じることで、普遍的な美への志向を読み取る。化粧や髪形は時代とともに変化する。動態的には公家から武家へといった支配的地位にいる者の変化、異性から同性など、「誰のためによそおうのか」というよそおう対象の変化に伴って、表現として変化する。
著者
筧 重和
出版者
公益社団法人 日本理学療法士協会
雑誌
理学療法学Supplement Vol.38 Suppl. No.2 (第46回日本理学療法学術大会 抄録集)
巻号頁・発行日
pp.GbPI1477, 2011 (Released:2011-05-26)

【目的】性同一性障害とは,医学的な疾患名である.性同一性障害の定義は,生物学的には完全に正常であり,しかも自分の肉体がどちらの性に所属しているかをはっきり認知していながら,その反面で人格的には自分が別の性に属していると確信している状態,とされている.治療としては,第1段階(精神療法),第2段階(ホルモン療法),第3段階(手術療法)の順で行なわれる.精神療法では,これまでの経過や今後の人生において,どちらの性別で暮らすのが良いのかを検討する.精神療法は,ホルモン療法や手術療法の前,あるいは継続中,終了したあとにも引き続き行なわれる.第2段階のホルモン療法は,十分な精神療法が行われた後に行なわれる.身体的,精神的な安定感を得るためにはホルモン療法が必要と判断された場合は,ホルモン療法を行なう.男性が女性性を望む時は女性ホルモンを,女性が男性を望むときは男性ホルモンが投与される.第3段階の手術療法は,外性器形成,乳房・内性器切除が必要とされた時に行なわれる.今回,入学試験合格通知後,性同一性障害である事の報告を受け対応を行なったので報告する.【方法】平成15年秋より大学病院にて,3~6ヶ月毎に精神科医師との面談治療を受け,並行して染色体検査や心理検査などを受けていた.翌年春より,院外の美容形成外科にてホルモン治療を開始した.ホルモン治療は,2週間隔で筋肉注射を行っていた.同年夏,同病院にて美容形成手術を行った.改名については,家庭裁判所へ申し立てを行い受理されていた.その後,理学療法士を志し平成16年入学試験受験に至った.入学後,戸籍変更を行うために性別再判定手術を受け,その後書類を家庭裁判所へ提出・受理を経て戸籍変更が認められた.【説明と同意】第45回日本理学療法士学術大会で発表を行うにあたり,本人の同意を得ている.【結果】入学に際し,厚生労働省(以下厚労省)に確認を行った.確認内容は,入学時の戸籍の性別と卒業時の戸籍の性別が変わる可能性があり,このような場合においても国家試験受験資格および国家資格取得に問題は生じないか、という点である.厚労省より,学校が入学を認めれば特に問題はないが文部科学省(以下文科省)にも確認をして欲しい,との返答であった.文科省に確認した所、厚労省との返答と同じであり,学校が入学を許可すれば問題ない,との事であった.問い合わせ,返答についてはすべて電話で行なった.厚労省,文科省の返答後,入学を希望する受験生と現在の状況確認を行なった.受験生よりの希望は,次の2点であった.戸籍上の性別ではないトイレの使用,更衣室の利用,であった.この点に関して,学校で協議し使用の許可を認めた.学校より受験生には,カリキュラムの中で体表解剖学実習や徒手筋力検査の演習講義があり,学生同士でも体に触れる事がある事を伝えた.この点に関しては,受験生より戸籍上の性別ではない学生とペアを組ませて欲しい,との要望があった。この点に関しては,教員がペアの組み合わせを配慮する事により,特に問題なく演習講義を受講することができた.入学後,特に大きな問題は起きず卒業している.【考察】今回,性同一性障害により,入学後戸籍が変わることは国家試験受験資格,国家資格取得に際して何の問題もなかった.学内の対応としては,教員が学生の状況を把握し,教員と学生が綿密に対応を検討する事で学内生活に支障をきたさないようにすることができた.養成施設として受入を行う際には,本人と綿密な打ち合わせを行い,入学後問題が起きないように対応することが重要であると考える.【理学療法学研究としての意義】さまざまな疾患や障害がある中でも,理学療法士を志す者は少なくない.理学療法士が医療技術者の一員として,またリハビリテーションに携わる中では,これらの者に対し門戸を開いていく必要がある.養成施設として入学を許可していく中では,理学療法士資格取得までの対応を今後更に検討する必要があると考える.
著者
島田 光一郎 Koichiro Shimada
出版者
関西学院大学
巻号頁・発行日
2018-03-16
著者
伯井 泰彦
出版者
長崎大学経済学会
雑誌
経営と経済 (ISSN:02869101)
巻号頁・発行日
vol.76, no.2, pp.1-38, 1996-09

Why monetary control in capitalist economies fails? Endogenous money approach, according to Wray and taking Keynes's nominalist view into consideration, could answer this. Money is a balance sheet's script in transferring purchasing power, a term in which debt positions are described, and its asset item thus financed on demand by banking system. Historically and institutionally, endogenous money is a nominal asset that circulates in every sort of giro systems. Wallerstein's World-System might be reinterpreted in view of its wobbly circulation towards the World- (Giro) -System. Money supply cannot be controlled exogenously since it is determined by private decisions to enter into debt commitments for spending. Liabilities are contractually fixed but assets are indeterminate thus cyclically could fall. This nominalistic nature of monetary contracts is based on the characteristics discussed bellow. Such uncertainties in turn make liquidity preference volatile, whose constraints will emerge, as it were, quasi-exogenously. The latter is no way identified with the demande for money, nor met with the money supply. Financial instability in capitalism is therefore due to a dynamics between the endogeneity of money supply and the "quasi-ex-ogeneity" of liquidity preference. This view on monetary theory provides a compelling critique of financial liberalization.

7 3 2 1 OA 千島アイヌ

著者
鳥居竜蔵 著
出版者
吉川弘文館
巻号頁・発行日
1903
著者
知里 眞志保
出版者
北海道大學文學部
雑誌
北海道大學文學部紀要 (ISSN:04376668)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.101-118, 1952
著者
伊藤 裕子
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.49, no.4, pp.458-468, 2001-12-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
41
被引用文献数
3 1

本研究の目的は, 第1に, 青年期女子の性同一性を測定する尺度を開発してその発達過程を明らかにし, 第2に, 自尊感情および身体満足度と性同一性との関連を検討することにある。中1, 中3, 高2, 大学に在籍する701名の女子青年に, 性同一性, 自尊感情, 身体満足度を尋ねた。その結果,(1) 女子青年の性同一性は, 父への信頼, 母への同一視, ステレオタイプな性役割への同調, 性的成熟への戸惑い, 性の非受容から構成される,(2) 性同一性は中学1年から3年にかけて低下し, その後上昇するという発達的変化を示す,(3) 身体満足度との関連から, 青年前期には身体的側面において性同一性の危機が経験されている,(4) 青年期における女子の自尊感情は, 両親の良好な関係を認知し, その関係を生み出す源泉としての父親を頼りに思い尊敬できること, および自己の性を受容できることが関係していた。このことより, 性同一性から摂食障害に至る過程において, 母親の存在の背後にある父親の影響が小さくないことが示唆された。なお, 性同一性尺度 (GIIF) の信頼性, 構成概念妥当性, および基準関連妥当性も併せて検証された。
著者
日下 渉
出版者
一般財団法人 アジア政経学会
雑誌
アジア研究 (ISSN:00449237)
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.56-75, 2020-04-30 (Released:2020-06-09)
参考文献数
61

This paper explains why majority of Filipinos have come to tolerate President Duterte’s violence in the name of “discipline.” His “war on drugs” is estimated to kill almost 20,000 people but nearly 80 percent of Filipinos have supported him. To explain his popularity, previous studies have pointed out such factors as failure of the existing liberal democracy and Duterte’s penal populism. However, these studies do not explain why these issues have come to the forefront only in the mid-2010s although they are the long-standing problems. This paper argues that it is because the neoliberal governmentality has increasingly penetrated into societies and constructed new moral subjectivities among Filipinos as “virtuous citizens” who embrace discipline and diligence in the 21st century.Neoliberalism propagates the doctrine that people’s economic status and welfare are dependent on individual’s responsibility, shifting the blame for misfortunes of lives from the state to individuals. Thus, people are required to discipline themselves to become “virtuous citizens” independent from the state and skillful in the market for subsistence and opportunities. However, despite efforts of self-disciplining, they usually remain helpless to overcome socio-economic inequality and precariousness in the society where the state does not fully function. This shared frustration of disciplined “good citizens” has created a popular resentment against undisciplined “evil others” at the top and bottom: the elites who abuse the state power and resources, and drug users who put danger to their families and communities. It is their resentment that has justified Duterte’s violence.Lower middle class who have emerged in the global service industry in the 21st century mainly constitute the “virtuous citizens.” Based on annual research in Western Leyte, however, this paper argues that struggling poor in rural societies have also developed the moral subjectivities as “virtuous citizens” strengthening resentment against “evil others.” In the localities, the super typhoon Yolanda devastated the feudal coconut agriculture in November 2013. Those who lost the main livelihood have become dependent on resources provided by NGOs, the private sector and the state. Their programs have the neoliberal characteristics to require the beneficiaries to become independent, disciplined and diligent “virtuous citizens” in exchange for resources. While many struggle to live a disciplined life for subsistence, others found alternative source of income in the illegal drug trafficking. The former developed their frustration against the latter and became ardent supporters of the war on drugs in a situation where drugs and violence are perpetrated by a drug lord family.