5 1 1 1 OA 鏡花集

著者
泉鏡花 著
出版者
春陽堂
巻号頁・発行日
vol.第1巻, 1912
出版者
朝日新聞社
雑誌
週刊朝日
巻号頁・発行日
vol.104, no.35, pp.106-108, 1999-08-06
著者
舩戸 修一
出版者
The Kantoh Sociological Society
雑誌
年報社会学論集 (ISSN:09194363)
巻号頁・発行日
vol.1999, no.12, pp.119-130, 1999

It is an undeniable fact that Nohonshugi (Japanese Agrarianism) prospered in pre-war Japan. At that time, Nohonshugi was regarded as a symbol of feudal period in Japan, that is, an ideological basis to protect the landed class. It should be noted, however, that Nohonshugi pursued to construct the ideal rural society and thus was critical of the rural society and the landed class at this time. The aim of this paper is to focus on Seikyo Gondo(1868-1937) and Kanji Kato (1884-1967), two well-known theorists of Nohonshugi, and reinterpret their Nohonshugi from the viewpoint of equalizing the rural society. In this way, it becomes clear how their Nohonshugi had an inclination to dissolve the landed class.
著者
大島 俊之
出版者
神戸学院大学
雑誌
神戸学院法学 (ISSN:03862046)
巻号頁・発行日
vol.29, no.3, pp.729-908, 1999-11
著者
中塚 幹也 小西 秀樹 工藤 尚文
出版者
岡山医学会
雑誌
岡山医学会雑誌 (ISSN:00301558)
巻号頁・発行日
vol.113, no.3, pp.273-278, 2001-12-31 (Released:2009-03-30)
参考文献数
11
著者
勝又 隆
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.5, no.3, pp.95-80, 2009-07-01

上代における「-ソ-連体形」文においては、「ソ」と述語との間に、格助詞「ヲ」を始めとして、格成分が主語を除いてあまり現れない。この現象について、本稿では以下のような考察を加えた。「ソ」は、述語と隣接または近接することで述部を構成し、述語を「焦点」に含むのが主たる用法である。そして、格成分は「ソ」がよく承接する要素である。それに加え、述語の項が「焦点」から外れる場合には「ソ」と述語との間には現れない。その結果、格成分の出現率が低くなっているものと推測できる。また、主語の出現率の高さは、主語そのものの出現頻度と重要度の問題であると考えられる。
著者
新井祥著
出版者
ぶんか社
巻号頁・発行日
2007
著者
澤村 美幸
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.4, no.4, pp.16-31, 2008-10-01

本稿では,民俗儀礼語彙の中から<葬式>という項目を選び,その方言分布の形成に,「葬送儀礼の実態との関連」,「位相との関連」といった社会的要因がどう影響しているのかを探った。方法としては,まず全国調査の結果に基づいて<葬式>の方言分布を明らかにした。次いで,方言分布と文献上の歴史との総合から,<葬式>を表す方言の歴史を構成すると同時に,問題点についても指摘し,葬送儀礼の変遷との対応からそれを解決した上で,結論を導いた。その結果,<葬式>の方言分布に現れた「オクリ」,「ダビ」・「ダミ」,「ソーレイ」・「ソーレン」,「トムライ」,「ジャンボン」,「ソーシキ」といった名称は,庶民層における葬送儀礼の変遷の3段階に対応する形で展開し,それが方言分布の形成に反映していることがわかった。また,位相を超えた名称の普及が,方言の形成につながっていることも明らかになった。
著者
矢田 勉
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.4, no.2, pp.1-12, 2008-04

表記史研究資料の分析に要請される視点として、普遍性-特殊性ということを取り上げる。表記史研究資料における普遍性-特殊性には、(1)当該資料を生み出した文字社会そのものの普遍性-特殊性、(2)文字社会内部における当該資料の普遍性-特殊性、という二つの階層があるが、それぞれが表記史の変化原理及び変化速度と密接な関係を持っていることを指摘し、併せてその観点から表記史を概観することを試みた。
著者
本多 宣裕 越智 宣昭 山根 弘路 藤井 宏美 瀧川 奈義夫
出版者
特定非営利活動法人 日本肺癌学会
雑誌
肺癌 (ISSN:03869628)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.79-83, 2016-04-20 (Released:2016-05-18)
参考文献数
7

目的.本邦では化学療法による発熱性好中球減少症(FN)の重症化を予測するMultinational Association of Supportive Care in Cancer(MASCC)スコアが汎用されている.最近海外よりClinical Index of Stable Febrile Neutropenia(CISNE)スコアの有用性が報告され,その妥当性を検証した.方法.2011年4月から2015年3月の間に当科に入院し,化学療法によりFNを発症した症例のMASCCスコアとCISNEスコアによるFN重症化リスクを比較した.結果.対象は,肺癌38例,悪性リンパ腫16例,消化器癌5例,肉腫5例,卵巣癌4例など計72例であり,うちFNの重症化は10例に認められた.MASCCスコアによる高リスク群は28例(38.9%)で,重症化予測の感度,特異度,ROC曲線下面積はそれぞれ60%,69%,0.63であった.CISNEスコアによる高リスク群は16例(22%)であり,FN重症化予測の感度,特異度,ROC曲線下面積はそれぞれ40%,82%,0.48であった.結論.CISNEスコアはMASCCスコアよりFN重症化の予測が良好とは言えず,本邦における予測モデルを構築する必要があると考えられた.