著者
長尾 眞 森 信介
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)
巻号頁・発行日
vol.1993, no.61, pp.1-8, 1993-07-09
被引用文献数
38

シャノンによる情報理論の確立により,自然言語をマルコフ過程としてとらえ,言語のもつ性質を明らかにしようという立場が提案された.この立場は,あるn文字の組合せがどのような頻度で生じるか(グラム)を調べることにその中心があったが,計算機の性能やテキストデータの不足などにより、大蜆模なテキストに対して、あるいは大きなnに対して言語統計を取ることが行われなかった.我々は,今日の計算機を用いるとこれが実現できると考え,大規模なテキストの任意のnについてのnグラムを簡単にとる方法を考案し,200万文字から3000万文字の中規模の日本語テキストデータに対し,nグラム統計をワークステーションを使って比較的短時間でとることに成功した.その結果,種々のnに対するnグラム統計を比較して調べることによって言葉として有意義なものが取り出せるということが明らかになった.同時にさらに大きいテキストを用いることの必要性と、可能性が明らかになった.In the process of establishing the information theory, C. E. Shannon proposed the Markov process as a good model to characterize a natural language. The core of this idea is to examine the frequency of a string composed of n characters (n-grams), but this statistical analysis of large text data and for a large n has never been carried out because of the low capability of computer and the shortage of text data. Taking advantage of the recent powerful computers to execute it, we developped a new algorithm of n-grams of large text data for arbitrary n and calculated successfully, within relatively short time, n-grams of some middle size Japanese text data containing between two and thirty million characters. From this experiment it became clear that the automatic extraction or determination of words is possible by mutually comparing the n-gram statistics for different values of n.

39 37 4 0 OA 海軍制度沿革

出版者
海軍大臣官房
巻号頁・発行日
vol.巻9, 1940
著者
福水 健次 鈴木 大慈 小林 景
出版者
統計数理研究所
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

H29年度はカーネル法の効率的計算アルゴリズムの課題を中心に研究を遂行した.まず,カーネル法を用いた分布間の距離尺度としてよく用いられる Maximum Mean Discrepancy (MMD)の効率的計算に関して研究を行った.MMDの計算は,そのまま実行するとサンプル数 n に対して O(n^2) の計算量がかかるため大規模なデータに使うことが難しい.これに対し,MMDをU統計量として表現して,データからのランダムサンプリングを行う不完全U統計量の計算を行うと,計算量が削減されるだけでなく,分布の均一性検定の帰無分布が漸近正規性を満たすという非常に良いよい性質を持つことが分かった.この結果に基づいて,MMDの効率計算を従来から研究を行っていた事後選択推論(Post Selection Inference)に応用した論文をまとめて投稿準備を行っている.また,カーネル法を用いた自然言語処理における共起尺度に関して共同研究を行い,低ランク近似の方法を用いることによって比較的少ない計算量で尺度を構築することが可能で,巨大なコーパスからでも学習が可能であることを示した.さらに,カーネル法による分布埋め込みに関するサーベイ論文を出版した.このトピックは本課題においても大きな役割を果たす技術であるが,まとまって書かれた教科書などは存在していなかった.本サーベイ論文は技術を普及するうえで重量な役割を持つと考える.

34 34 34 1 OA 彩美

著者
彩美会 編
出版者
芸艸堂
巻号頁・発行日
vol.第3集, 1920
著者
長尾 龍一
出版者
日本哲学会
雑誌
哲学 (ISSN:03873358)
巻号頁・発行日
vol.1981, no.31, pp.88-103, 1981-05-01 (Released:2009-07-23)

159 32 0 0 OA 福井県大野郡誌

出版者
福井県大野郡教育会
巻号頁・発行日
vol.下編, 1912
著者
野原 理子 冨澤 康子 齋藤 加代子
出版者
東京女子医科大学学会
雑誌
東京女子医科大学雑誌 (ISSN:00409022)
巻号頁・発行日
vol.87, no.5, pp.146-150, 2017-10-25 (Released:2017-10-25)
参考文献数
8

Purpose: In Japan, although much effort has been made to promote the work-life balance of women and to achieve a society with prosperity and vitality, consideration of working environment including childcare support is still behind. It is necessary to construct an effective system to support childcare for both men and women. This study aimed to examine the system of sick child leave and improvement of childcare environment, by investigating the situation of absence due to illness among nursery children in Tokyo.Methods: All the children who attended three nurseries in Tokyo between April 2011 and March 2016 were studied. The investigation was conducted for 4 days during August 2016. Data for age, sex and days of absence due to illness were extracted from either the attendance lists or health records of the children in each nursery for the period of 2011-2015. Children who were absent for the whole month were excluded from analysis for that month. This study was approved by the Tokyo Women's Medical University Ethics Committee (Approval Number 4040).Results: A total of 1,834 children (989 boys and 845 girls) were studied. The average annual number of days of absence due to illness per person by class was 19.3 days in the 0-year-old class. The number decreased with age, and was 5.4 days in the 5-year-old class. The average frequency of sick absence per month was the highest in July and the lowest in June.Conclusion: The present study showed that sick absence was the highest among the 0-year-old nursery children, indicating that a fine-tuned childcare support system such as allowing more sick child leave in the first year may be helpful to improve working environment.
著者
宮崎 市定
出版者
東洋史研究会
雑誌
東洋史研究 (ISSN:03869059)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, 1961-10

36 31 0 0 OA 高等警察報

出版者
朝鮮総督府警務局
巻号頁・発行日
vol.第1号, 1933
著者
Shintaro TANABE Eiiti KASUYA Takahisa MIYATAKE
出版者
The Herpetological Society of Japan
雑誌
Current Herpetology (ISSN:13455834)
巻号頁・発行日
vol.38, no.1, pp.14-22, 2019 (Released:2019-02-28)
参考文献数
29

The traits of many animal species exhibit individual and sexual differences. Individuals repeatedly receiving a stimulus without harm become habituated to it. However, few studies have been conducted on individual and sexual differences in the process of habituation to unfamiliar food stimuli. Therefore, we hypothesized that individual differences or sexual differences would be observed in reaction to an in-lab food-stimuli presentation of potential prey items (after that “food stimuli”). We tested the hypothesis using the Japanese tree frog Hyla japonica, and conducted statistical analyses of these results. A generalized linear model (GLM) showed individual and sexual differences in time to get used to the food stimuli. Females habituated more rapidly to food stimuli than males. The difference between sexes is discussed in view of two ultimate and one proximate reasons.
著者
國久 美由紀 松元 哲 吹野 伸子
出版者
農業技術研究機構野菜茶業研究所
巻号頁・発行日
no.4, pp.71-76, 2005 (Released:2011-03-05)

野菜茶業研究所で開発したイチゴ品種識別用CAPSマーカーのうち9マーカーを用いて,市場で流通していた韓国産輸入イチゴ5パックの品種識別を行った。本試験の目的は,開発した識別技術が長期の流通期間を経て鮮度の低下した果実サンプルに適用できるか確認すること,および韓国からの輸入イチゴ品種の実態を調査し,‘さちのか’に関する育成者権の侵害が起こっていないか確認することであった。分析の結果,著しく鮮度の低下したサンプルでも品種の特定は可能であった。また,分析した5パックのうち4パックは‘さちのか’と‘レッドパール’の混合であり,全71果実のうち27個が‘さちのか’で,種苗法に違反している疑いが極めて強かった。また3パックは‘女峰’と表示され店頭で販売されていたことから,品種の不正表示も示唆された。
著者
高橋 幸利 松平 敬史 笠井 良修
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.106, no.8, pp.1591-1597, 2017-08-10 (Released:2018-08-10)
参考文献数
10

ヒトパピローマウイルス(human papillomavirus:HPV)ワクチン(子宮頸がんワクチン)接種後に,日常生活が困難な状況に陥った症例が1万人あたり2名程度ある.そのような症例の中で中枢神経系関連症状を呈した32例の髄液を検討し,①Th2シフトを示唆するIL(interleukin)-4,IL-13,CD4+ T cells増加,②IL-17増加(発症後12~24カ月),③IL-8,MCP-1(monocyte chemoattractant protein-1)増加,④GluN2B,GluN1に対する自己抗体増加等が明らかとなった.