著者
鈴木 雄 日野 智
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.50, no.3, pp.690-696, 2015-10-25 (Released:2015-11-05)
参考文献数
9

本研究では,地方都市中心市街地にある駐車場の無料時間について取り扱った.駐車開始からの駐車無料時間の長さによる中心市街地への訪問行動や,中心市街地での滞在特性について分析を行っている.分析のため,中心市街地の訪問者に対しての意識調査と,追跡調査を実施した.追跡調査の結果,駐車無料時間が30分から45分に延長されても,滞在時間や訪問店舗数が増えない結果となった.これは,駐車無料時間が延長されたことの周知不足と,駐車無料時間が15分しか延長されていないことが原因と考えられる.意識調査の結果,駐車場選択における駐車無料時間の効用値が最も高くなった.また,駐車無料時間が60分に拡大されると大幅に訪問意識が増える結果となった.これらのことから,中心市街地への訪問回数や滞在時間を増加させるためには,駐車無料時間延長の周知を増やすとともに,駐車無料時間の60分への延長を検討することが望ましいと考えられる.
著者
成田 健太郎
出版者
書学書道史学会
雑誌
書学書道史研究 (ISSN:18832784)
巻号頁・発行日
vol.2017, no.27, pp.29-41,85-84, 2017-11-30 (Released:2018-03-23)

In this article, I examine the nature of bibliographic records of calligraphic rubbings based on a grasp of their distinguishing characteristics as source material and give an outline of the preparation of bibliographic records and underlying ideas that I have been putting into practice at the University of Tokyo Library, to which I am affiliated, when making the Libraryʼs calligraphic rubbings publicly accessible.  The principal distinguishing characteristic of calligraphic rubbings as source material is the multilayeredness of responsibility. The responsibilities of many people from different periods accrue during the course of creating a calligraphic rubbing, and in research importance must be given to both the individuality and commonalities conferred on the material by these multiple responsibilities. But judging from precedents for bibliographic records of calligraphic rubbings―such as bibliographic records based on the Nippon (Japanese) Cataloging Rules, catalogues of Chinese books, metadata elements used in the main collections of rubbings in Japan, and the “Cataloging Rules for Chinese Rubbings” prescribed by the National Library of China―a form of bibliographic description that takes due account of the multilayeredness of responsibility has not yet been realized.  Meanwhile, it is worth noting that in the Functional Requirements for Bibliographic Records endorsed by the International Federation of Library Associations and Institutions it is reported that bibliographic records require functions for recording four attributes, namely, work, expression, manifestation, and item. However, because the locus of responsibility for each attribute cannot be recorded in this model, I have not applied it as it is to calligraphic rubbings and have only referred to its underlying ideas.  Taking the above observations into account, in this article I propose metadata elements that are divided into the five strata of work, version, materialization, item, and data and make it possible to record the multilayeredness of responsibility with a certain degree of accuracy.
著者
山根 章生 武信 誠一 井上 大輔 吉田 誠一 小崎 昌義 藤本 洋介 伊与田 健敏 崔 龍雲 久保田 譲 渡辺 一弘
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
巻号頁・発行日
vol.2003, pp.65-66, 2003

汎用超音波トランスデューサは, その周波数特性より中心周波数40kHzより±5kHzで約20dBの減衰が生じる。これらの送受信器特性を考慮し, スペクトル拡散音波の信号伝搬特性を実験より求め, 拡散要素である設定について検討を行う。
著者
Erdembileg Anuurad Kuninori Shiwaku Akiko Nogi Keiko Kitajima Byambaa Enkhmaa Kumiko Shimono Yosuke Yamane
出版者
(公社)日本産業衛生学会
雑誌
Journal of Occupational Health (ISSN:13419145)
巻号頁・発行日
vol.45, no.6, pp.335-343, 2003 (Released:2003-12-11)
参考文献数
34
被引用文献数
128 or 0

Obesity occurs less frequently in Japanese than in various other ethnic populations. A person with abnormal glucose tolerance is often found to have one or more of the other cardiovascular disease risk factors, such as obesity, hypertension and hyperlipidemia. This clustering has been labeled as metabolic syndrome (WHO, 1998). It was suggested that Japanese, categorized as having normal weight (BMI of less than 25.0), as defined by the WHO (2000), have an increasing tendency toward metabolic syndrome. Our objective was to analyze metabolic syndrome in “Overweight” with BMI of 23.0-24.9 in Japanese workers, and to assess the suitability for Asians of the Regional Office for the Western Pacific Region of WHO criteria pertaining to obesity (WPRO criteria, 2000). We conducted a cross-sectional study in the workplace setting and investigated the relationship between BMI classification based on WPRO criteria and metabolic syndrome by gender and age group (18-44 yr vs. 45-60 yr). Three hundred seventy-nine men and 432 women Japanese workers participated in this study. BMI were categorized as 20% “Overweight” (23.0-24.9 BMI), 20% “Obese I” (25.0-29.9 BMI) and 2% “Obese II” (over 30.0 BMI), based on WPRO criteria. Graded increases in BMI were positively associated with body fat percentage, waist circumference, hip circumference and waist/hip ratio in both genders and age groups. A progressively increasing BMI category in the elder group aged 45-60 yr in both genders was positively related with parameters constituting metabolic syndrome. Graded increases in BMI classes in elder workers based on WPRO criteria were positively associated with prevalence of metabolic syndrome, and “Overweight” elder women had significantly higher prevalence of metabolic syndrome. The present investigation, based on the increasing risks of “Overweight” with a BMI of 23.0-24.9, suggests that WPRO criteria are suitable for Japanese workers aged over 45 yr.
出版者
国立国会図書館
巻号頁・発行日
vol.2018年, no.(684), 2018-04-01
著者
宇都野正武 編
出版者
画報社
巻号頁・発行日
1915
著者
八子執筆
出版者
现代中华宅文化研究会
巻号頁・発行日
2017

27 27 0 0 OA 絵本慶安太平記

著者
編輯人不詳
出版者
門戸平吉
巻号頁・発行日
1889
著者
森永 康子 坂田 桐子 古川 善也 福留 広大
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.65, no.3, pp.375-387, 2017 (Released:2018-02-21)
参考文献数
44

「女子は数学ができない」というステレオタイプに基づきながら, 好意的に聞こえる好意的性差別発言「女の子なのにすごいね(BS条件)」(vs.「すごいね(統制条件)」)が女子生徒の数学に対する意欲を低下させることを実証的に検討した。中学2, 3年生(研究1), 高校1年生(研究2)の女子生徒を対象に, シナリオ法を用いて, 数学で良い成績あるいは悪い成績をとった時に, 教師の好意的性差別発言を聞く場面を設定し, 感情や意欲, 差別の知覚を尋ねた。高成績のシナリオの場合, BS条件は統制条件に比べて数学に対する意欲が低かったが, 低成績のシナリオでは意欲の差異は見られなかった。数学に対する意欲の低下プロセスについて, 感情と差別の知覚を用いて検討したところ, 高成績の場合, 低いポジティブ感情と「恥ずかしい」といった自己に向けられたネガティブ感情の喚起が意欲を低めていること, 怒りなどの外に向けられたネガティブ感情はBS条件の発言を差別と知覚することで喚起されるが, 数学に対する意欲には関連しないことが示された。
著者
森脇 優紀
出版者
国公私立大学図書館協力委員会
雑誌
大学図書館研究 (ISSN:03860507)
巻号頁・発行日
vol.106, pp.12-22, 2017-05-31 (Released:2017-09-22)

本稿では,東京大学経済学図書館が所蔵する西洋の古文書を実例として,西洋古文書学について概説を加えつつ,西洋古文書の構造や特徴を紹介することで,文書の内容分析の研究とは違った視点から,西洋古文書を読み解く手法を示す。
著者
山田 高誌
出版者
九州地区国立大学間の連携事業に係る企画委員会リポジトリ部会
雑誌
九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 = The Joint Journal of the National Universities in Kyushu. Education and Humanities (ISSN:18828728)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, 2018-03-31

本論文は, 18世紀後半のナポリの諸劇場と関わりをもった作曲家, 台本作家, 演奏家, それぞれの待遇の経年変化, キャリアの変化について, ナポリ銀行歴史文書館所蔵, 興行師による支払い文書史料113点の支払い文書全訳とともに, その労働条件, 職務を解明するものである.
著者
栗原 俊夫
出版者
足利短期大学
雑誌
足利短期大学研究紀要 (ISSN:03893278)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.35-39, 1997-03-15

昭和31年に始まり,現在も細々とではあるが続けられている「地の塩の箱」運動について,運動の創始者である江口榛一の思想(特に運動の動機)に焦点を当てて考察した。「地の塩の箱」は市中に設置され,その箱の中に有志から入れられた寄金を貧しい者に自由に使ってもらおうという趣旨の箱で,最盛期には国内だけでなく海外でも設置された。この箱の設置運動は慈善が最終目的ではなく,「無償の精神」を社会に広めようとする精神運動であった。江口榛一がこの運動を始めた直接の動機は社会正義的なものであったが,その背後には彼の複雑な人格の問題と信仰が存在していた。江口にとってこの運動は根本的には自己の魂の救済を求める行為であったと思われる。