69 28 1 1 OA 豆腐百珍

著者
醒狂道人何必醇 輯
出版者
藤屋善七
巻号頁・発行日
vol.[正編], 1782
著者
松永 和風
出版者
コロムビア(戦前)
巻号頁・発行日
1930-10
著者
Watanabe Yasunori Saeki Hiroshi Hosking Roger J.
出版者
Cambridge University Press
雑誌
Journal of Fluid Mechanics (ISSN:00221120)
巻号頁・発行日
vol.545, pp.291-328, 2005
被引用文献数
87

The large-scale vortex structures under spilling and plunging breakers are investigated, using a fully three-dimensional large-eddy simulation (LES). When an overturning jet projecting from the crest in a breaking wave rebounds from the water surface ahead, the vorticity becomes unstable in a saddle region of strain between the rebounding jet and a primary spanwise vortex, resulting in spanwise undulations of the vorticity. The undulations are amplified on a braid in this saddle region, leading to a vortex loop with counter-rotating vorticity. This vortex loop consequently envelops adjacent primary vortices, to form a typical rib structure. This rib component (the stretched vortex loop) in the large-scale vortex structure, which intensifies in the strains associated with the multiple primary vortices generated throughout the splash-up cycle, appears to be the previously found obliquely descending eddy.
著者
長野 慎一
出版者
慶應義塾大学大学院社会学研究科
雑誌
慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要 (ISSN:0912456X)
巻号頁・発行日
no.57, pp.75-85, 2003

論文1. はじめに2. アイデンティティ・カテゴリーの外部と批判的非主体化3. 抵抗の戦略としてのメタファーによる再形象化4. 抵抗の戦略としてのパロディ5. おわりに
著者
小川 弘俊 大村 豊 大橋 大造 入谷 勇夫 加藤 政隆 待木 雄一
出版者
Japan Surgical Association
雑誌
日本臨床外科医学会雑誌 (ISSN:03869776)
巻号頁・発行日
vol.47, no.2, pp.250-253, 1986-02-25 (Released:2009-02-10)
参考文献数
15

従来無毒蛇と考えられていたヤマカガシによる蛇咬傷で,著明な出血傾向をきたし脳出血で死亡した症例を経験した. 症例は14歳男性で,ヤマカガシに左手背を咬まれ,数十分後より頭痛が出現,続いて局所が腫脹,約16時間後より出血傾向が出現,約19時間後に昏睡状態となり,さらにその数時間後呼吸停止をきたした.頭部CTスキャンで左側頭葉および後頭葉に脳出血を認めた.交換輸血などを行ったが軽快せず,受傷後10日目に死亡した. ヤマカガシ咬傷では,上顎後部のDuvernoy腺より分泌される毒液が体内に入ることにより出血傾向がひきおこされる.本邦では坂本の症例以来自験例を含めて8例の報告例があり,全例に出血傾向が認められる.咬傷患者に対しては,出血傾向の出現に注意し,異常があれば早期に交換輸血や抗毒素血清の注射などが必要である.
著者
Yasuyuki Okumura Naoya Sugiyama Toshie Noda Hisateru Tachimori
出版者
Japan Epidemiological Association
雑誌
Journal of Epidemiology (ISSN:09175040)
巻号頁・発行日
pp.JE20180096, (Released:2018-09-15)
参考文献数
27

Background: A better understanding of resource use of new psychiatric admissions is important for healthcare providers and policymakers to improve psychiatric care. This study aims to describe the pattern of new psychiatric admissions and length of stay in Japan.Methods: A retrospective cohort study was conducted using data from the National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB). All patients newly admitted to psychiatric wards from April 2014 through March 2016 were included and followed up until discharge to the community.Results: Our sample included 605,982 admissions from 1,621 hospitals over 2 years. The average monthly number of admissions was 25,024 in fiscal year 2014 and 25,475 in fiscal year 2015. There was a seasonal trend in the number of admissions, with a peak in summer (in July). The discharge rates within 90 days and 360 days were 64.1% and 85.7%, respectively, and varied by type of hospital fee and by hospital. For example, the range of hospital-level discharge rate within 90 days in psychiatric emergency units was 46.0–75.3% in the 1st (lowest) quintile, while it was 83.6–96.0% in the 5th (highest) quintile. The prefecture-level indicators in the NDB and the 630 survey had correlations of >0.70.Conclusions: Our study provides fundamental information on resource use of new psychiatric admissions in Japan. Although using the NDB has substantial benefits in monitoring resource use, the results should be interpreted with some caution owing to methodological issues inherent in the database.
著者
MARRA Claudia
出版者
長崎外国語大学
雑誌
長崎外大論叢 = The Journal of Nagasaki University of Foreign Studies (ISSN:13464981)
巻号頁・発行日
no.20, pp.47-55, 2016-12-30

AbstractEven considering Japan’s high literacy rates during the early modern period, it is rather unlikely, that the majority of the Japanese population would have been able to read and understand an important Buddhist text like the Heart Sutra, 般若心経. This naturally posed a problem for the monastic schools, who competed with the rather easy to practice Pure Land and Amida schools, and needed to become more accessible to their lay-supporters. An answer to this problem presented itself in the form of Hanjimono (判じ物), rebus-like allusions, using pictures to represent words or parts of words. Usually used for playfull riddles, artists would also use Hanjimono to represent their names and sometimes even short subversive slogans. It were monks from the Tohoku area who adopted Hanjimono to represent the Heart Sutra and thus helped to make it accessible to the illiterate lay people. The considerations behind that practice are topic of this paper.概要江戸時代に日本の高い識字率にもかかわらず、一般の日本人は般若心経の様な代表的な仏教の経文を読める事が不可能であっただろう。この問題を解決するために普段言葉遊びに使われた判じ物が利用される事になった。東北の寺で制作が始まった判じ物の絵般若心経は全国に広まった。この絵般若心経の意図するところを明らかにするのが、本論文のテーマである。
著者
千田 有紀
出版者
武蔵大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究は、エコロジーとフェミニズムの関係を問い直し、理論的に深化させることを目的としている。その際に、アメリカのカリフォルニアでの反原子力運動に着目する。この運動のうち、カリフォルニア大学が広島の原子爆弾を開発したことを批判し、日本に関心を寄せながら約30年間活動を続けている団体Circle of Concernと、福島第一原子力発電所の事故以降、日本領事館への請願活動を行っている団体を取り上げる。これら団体の調査はすでに、平成27年度におこなっている。今年度は、昨年度のこのフィールドワークの成果である、アメリカのカリフォルニア州バークリーで行ったインタビュー調査のまとめと、参与観察調査の分析をおこなった。さらにそこに韓国の環境運動を視野に入れて、日本の東日本大震災が韓国の環境運動にどのような影響を与えたのかについてなど、日米比較の枠を超えて分析の視野を広げた。有機農法やスローライフといった運動が、放射性物質にどう立ち向かえるのかを考えさせられ、また運動のあり方の再考がせまられたという。それと並行して、エコロジーやフェミニズム、とくに母性に関する基礎文献を読み込んだ。さらに「一億総活躍社会」がめざされ、「保育園落ちた、日本死ね」といったブログが注目され、女性の就労が支援されているかのような社会変動の中で、専業主婦的な性別役割分業を前提とした母性神話は変容をよぎなくされている。その変化についても考察した。
著者
亀田 菜央子 岡田 佳織 金井 美惠子
出版者
相模女子大学
雑誌
相模女子大学紀要. B, 自然系 (ISSN:09167676)
巻号頁・発行日
vol.76, pp.13-19, 2012

The number of incidents of food poisoning at food service facilities has decreased since the execution of a hygiene control manual for parge-scale food processing facilities in accordance with the HACCP, however the improvement level for sanitary conditions still cannot be deemed sufficient. Especially nowadays where bacteria capable of causing food poising in small numbers are gaining attention, the thorough cleaning and sterilization of kitchen instruments, hands and fingers is extremely important. Here, in order to comprehend the extent of microbial contamination, we conducted an examination of viable count, Escherichia coli and coliform group on the hands and fingers of food processing personnel and kitchen instruments (cutting boards, dish towels, knives, refrigerator, etc.). Results showed the mean values of 10^1 〜 10^2 /100cm^2 prior to usage and 10^2 〜 10^4 / per hand following usage. As the number of viable bacteria increased, the detection rate for coliform group also increased. The degree of viable count and coliform group contamination was especially high in water bowls for placing rice paddles and tongs during usage, used dish towels, hands and fingers during food preparation, and sponges, with more than half of examination targets having results comparable to the degree of contamination for the floor. With the need for improving sanitary conditions of cutting boards, refrigerator handles, hands and fingers, and sponges for washing, the hygiene instruction using the Lumitester PD-20 was carried out. As a result, the degree of contamination for almost all examination targets improved to Rank A, and in the results for examination of viable bacteria counts conducted simultaneously the values decreased to less than 1/10 〜 1/40 in comparison to those prior to instruction. Since the usage of Lumitester makes quick numerical comprehension of contamination possible, it can be deemed an efficient method for improvement of cleaning and sterilization methods at the workplace. The results of this research show that further minimization of secondary food product contamination risk is possible by introduction of the Lumitester into hygiene control.
著者
宮城 道雄[作曲]
出版者
ビクター
巻号頁・発行日
1943-05
著者
宮城 道雄[作曲]
出版者
ビクター
巻号頁・発行日
1943-05
著者
柴田 章久
出版者
日本経済学会
雑誌
The Economic Studies Quarterly (ISSN:0557109X)
巻号頁・発行日
vol.44, no.5, pp.385-401, 1993-12-24 (Released:2007-10-19)
参考文献数
76

25 25 0 0 文學界

出版者
文藝春秋
巻号頁・発行日
vol.52, no.9, 1998-09
著者
国際日本文化研究センター 資料課資料利用係
出版者
国際日本文化研究センター
巻号頁・発行日
2018-10-01

日本には27000以上の泉源と3000を超える温泉地があります。 古来より人々は温泉を求め旅をしました。 そのため、地図・旅行案内・絵葉書が多く作られてきました。 今回は有名な3つの温泉を取り上げました。豊臣秀吉に愛された有馬温泉(兵庫)。 『古事記』において、軽太子の流刑先として日本の文献で初めて記された道後温泉(愛媛)。 家康によって幕府直轄領となり、その後も文豪や著名人に愛される熱海温泉(静岡)。 普段はなかなか目に触れない資料なのでぜひご覧ください。

24 24 0 0 OA 新刀押象集

著者
加島勲, 内田疎天 著
出版者
大阪刀剣会
巻号頁・発行日
vol.上巻, 1935
著者
除本 理史
出版者
北海道大学大学院経済学研究科
雑誌
經濟學研究 (ISSN:04516265)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.85-95, 2014-01-24

福島原発事故はいまだ「収束」していない。汚染水の問題がクローズアップされ,抜本的な対策が求められている。事故の被害も継続している。深刻な事故被害の発生を受けて,宮本憲一や吉田文和ら,日本の公害研究の先駆者たちが,その蓄積を踏まえ,福島の事故について考察を行なっている。そこでは幅広い問題点や課題が網羅されており,大変貴重であるが,個別の論点に関する考察をさらに深めていくことが急務である。筆者は,宮本,吉田らの業績に学びつつ,水俣病や大気汚染などの公害被害補償について研究してきた。そして震災直後から,福島原発事故の被害実態と補償問題に関しても,共同研究者とともに調査・研究を進めてきた。本稿ではその成果の一部について,あらためて述べることにしたい。具体的には,責任と費用負担の問題や,「加害者主導」の枠組みのもとでの被害実態と補償の乖離などを取り上げ,最後に,戦後日本の公害問題の教訓から何を学ぶかについて考える。