著者
大櫛 陽一 春木 康男 宗田 哲男 銅冶 英雄 糖質ゼロ食 研究会 山内 忠行
出版者
日本脂質栄養学会
雑誌
脂質栄養学 (ISSN:13434594)
巻号頁・発行日
vol.19, no.1, pp.53-58, 2010 (Released:2010-05-01)
参考文献数
19

Introduction: A control of blood glucose is known to be the most important fact to protect development of complications of diabetes. A low-carbohydrate diet has been recognized to be one of the choices of diets for patients with diabetes. But, a very low-carbohydrate diet where the uptake of carbohydrate is lower than 130g per day is not recommended by American Diabetes Association now. Methods: We examined 16 patients who are continuing in some years a very low-saccharide diet where the uptake of saccharide is lower than 5g per diet. Results: Their fasting glucose, HbA1c, triglyceride, HDL-C, creatinine, all ionic values, pH and bicarbonate of venous blood were normal. Their ketone body and free fatty acid were higher than people who have normal diet, but their respiratory quotient was 0.72 and it assures their resource of energy changes from glucose to ketone body. Conclusion: Dietary ketosis never makes acidosis. The very low-saccharide diet is a safe and most effective diet for patients with diabetes.
著者
古庄 正
出版者
駒澤大学
雑誌
駒沢大学経済学論集 (ISSN:03899853)
巻号頁・発行日
vol.26, no.4, pp.1-95, 1995-03
著者
Avril H. Underwood Ilka Straehler-Pohl Teresa J. Carrette Jessica Sleeman Jamie E. Seymour
出版者
The Plankton Society of Japan, The Japanese Association of Benthology
雑誌
Plankton and Benthos Research (ISSN:18808247)
巻号頁・発行日
vol.13, no.4, pp.143-153, 2018-11-21 (Released:2018-11-14)
参考文献数
71

This research presents the early life history stages of Malo maxima, a recently described tropical Australian cubozoan from the family Carukiidae, from sexual fertilisation to metamorphosis including planula, polyp, asexual reproductive strategies and young medusa. We discuss the similarities between M. maxima and two closely related carukiid species from Japan and Australia including morphology and behaviours previously undocumented in the class Cubozoa. All three carukiids can reproduce by mono-disk strobilation, a strategy common to all other orders of the class Scyphozoa but only recently described in Cubozoa.
著者
片岡 栄美
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.1-20, 1996-07-01 (Released:2016-08-26)
参考文献数
11
被引用文献数
2

本稿は、多様な文化活動に対する文化評価の根底にある認識図式の集団的・社会学的特徴を解明した。主な知見は、以下のとおりである。(1)文化活動の序列評価は異なる社会集団間で共通性が高いが、階層上の地位が高いほど文化弁別力は大きい。(2)社会階層と文化活動のヒエラルヒーは対応し、階層上の地位か高い集団は文化による差異化戦略を採用している。(3)文化評価の構造を検討すると、階層上の地位は文化評価に影響を与え、各階層成員は自らの所属集団の文化を高く、社会的距離のある階層の文化を低く評価することにより、自らが優位となるような評価分類図式を採用する。すなわち文化弁別力の階層差は、客観的な社会経済的な条件のなかから生み出される階級のハビトゥスとなった文化の知覚分類図式である。(4)世代間地位移動が文化評価に与える効果は男女で異なり、男性には文化同化仮説があてはまるが、女性は結婚による下降移動による影響は受けず、出身階層の文化評価パターンを相続する。
著者
長野 祐児 横川 慎二
出版者
日本信頼性学会
巻号頁・発行日
pp.49-52, 2015-12-15 (Released:2018-02-09)

現代社会において注目されているエネルギー技術の一つとして,リチウムイオン二次電池(以下,LiB)が挙げられる.LiBは将来の社会構造の主役となる電気自動車や定置型蓄電設備に利用されるキーデバイスとしての期待も大きい.ところが現状では課題も多く,特に需要に比例して発煙・発火事故や,それに伴う火災の報告件数も増加している.中でもモバイルPCのバッテリー不具合による発煙・発火事故や,ボーイング社製787型機におけるバッテリーの不具合に関する事故は記憶に新しい.発煙・発火事故は物理的または人的損害を及ぼす火災につながるだけでなく,製品を開発・製造する企業側にも多大な損害を及ぼす.そのような社会的背景を踏まえ,本研究では事故の未然防止を目的とし,様々なLiB使用製品の不具合に対して共通する不具合の発生プロセスを検討する.報告されている197件の製品事故事例を品質管理の手法であるQC七つ道具や,信頼性工学における事故分析のフレームワークを用いて分析し,効果的な未然防止策のための提案を行う.
著者
Shamima Akter Tohru Nakagawa Toru Honda Shuichiro Yamamoto Keisuke Kuwahara Hiroko Okazaki Huanhuan Hu Teppei Imai Akiko Nishihara Toshiaki Miyamoto Naoko Sasaki Takayuki Ogasawara Akihiko Uehara Makoto Yamamoto Taizo Murakami Makiko Shimizu Masafumi Eguchi Takeshi Kochi Ai Hori Satsue Nagahama Kentaro Tomita Maki Konishi Ikuko Kashino Akiko Nanri Isamu Kabe Tetsuya Mizoue Naoki Kunugita Seitaro Dohi for the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group
出版者
The Japanese Circulation Society
雑誌
Circulation Journal (ISSN:13469843)
巻号頁・発行日
vol.82, no.12, pp.3005-3012, 2018-11-24 (Released:2018-11-24)
参考文献数
28
被引用文献数
1

Background: The effect of smoking on mortality in working-age adults remains unclear. Accordingly, we compared the effects of cigarette smoking and smoking cessation on total and cause-specific mortality in a Japanese working population. Methods and Results: This study included 79,114 Japanese workers aged 20–85 years who participated in the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study. Deaths and causes of death were identified from death certificates, sick leave documents, family confirmation, and other sources. Hazard ratios (HRs) and 95% confidence intervals (CIs) were estimated via Cox proportional hazards regression. During a maximum 6-year follow-up, there were 252 deaths in total. Multivariable-adjusted HRs (95% CIs) for total mortality, cardiovascular disease (CVD) mortality, and tobacco-related cancer mortality were 1.49 (1.10–2.01), 1.79 (0.99–3.24), and 1.80 (1.02–3.19), respectively, in current vs. never smokers. Among current smokers, the risks of total, tobacco-related cancer, and CVD mortality increased with increasing cigarette consumption (Ptrend<0.05 for all). Compared with never smokers, former smokers who quit <5 and ≥5 years before baseline had HRs (95% CIs) for total mortality of 1.80 (1.00–3.25) and 1.02 (0.57–1.82), respectively. Conclusions: In this cohort of workers, cigarette smoking was associated with increased risk of death from all and specific causes (including CVD and tobacco-related cancer), although these risks diminished 5 years after smoking cessation.
著者
鈴木 真理子 大海 昌平
出版者
日本哺乳類学会
雑誌
哺乳類科学 (ISSN:0385437X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.241-247, 2017 (Released:2018-02-01)
参考文献数
17
被引用文献数
2

イエネコFelis catusによる在来種の捕食は,日本においても特に島嶼部において深刻な問題である.鹿児島県奄美大島と徳之島にのみ生息する遺存固有種アマミノクロウサギPentalagus furnessiの養育行動を2017年1月から3月にかけて調査していたところ,繁殖穴で離乳間近の幼獣がイエネコに捕獲される動画を自動撮影カメラによって撮影したので報告する.繁殖穴における出産は2017年1月14日~15日の夜に行われたが,幼獣(35日齢)がイエネコに捕獲されたのは2月19日1時ごろで,この前日は繁殖穴を母獣が埋め戻さずに入り口が開いたままになった初めての日であった.この動画の撮影後,幼獣は巣穴に戻っていないことから,捕食あるいは受傷等の原因で死亡した可能性が高い.イエネコは幼獣の捕獲から約30分後,および1日後と4日後に巣穴の前に出現し,一方アマミノクロウサギの母獣は1日後に巣穴を訪問していた.幼獣の捕食は,本種の個体群動態に大きな影響を与えうる.本研究により,アマミノクロウサギに対するイエネコの脅威があらためて明らかとなった.山間部で野生化したイエネコによるアマミノクロウサギ個体群への負の影響を早急に取り除く必要がある.