著者
柏原 全孝
出版者
追手門学院大学
雑誌
追手門学院大学社会学部紀要 (ISSN:18813100)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.1-16, 2013-03-30
被引用文献数
0 or 1

大相撲 / 賭博 / 八百長 / ガチンコ / 行司 / 審判
著者
西 修
出版者
駒澤大学
雑誌
政治学論集 (ISSN:02869888)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.1-29, 1996-03-31
著者
西 修
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤大學法學部研究紀要 (ISSN:03899896)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.27-65, 1996-03-10
著者
Naoko Ozawa Naoki Shimojo Yoichi Suzuki Shingo Ochiai Taiji Nakano Yoshinori Morita Yuzaburo Inoue Takayasu Arima Shuichi Suzuki Yoichi Kohno
出版者
Japanese Society of Allergology
雑誌
Allergology International (ISSN:13238930)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.261-266, 2014 (Released:2014-06-06)
参考文献数
18

Background: There are reports that the maternal diet during pregnancy may affect development of babies' eczema. We sought to investigate the association between the maternal diet during pregnancy and the risk of eczema in infancy in Japan. Methods: A birth cohort was set up at 2 hospitals in Chiba city. Dietary habits concerning fish, butter, margarine, yogurt and natto during pregnancy was obtained from mothers just after delivery. The intake frequencies of these foods were classified into four groups: 1) daily, 2) 2-3 times a week, 3) once a week and 4) once a month or less. Diagnosis of eczema at 6 months of age was made by the presence of an itchy rash that persisted more than two months. Results: Valid data on 650 mother-baby pairs were obtained. No relationship between frequencies of the maternal intake of fish, margarine and yogurt during pregnancy and the onset rate of the babies' eczema were observed. For butter consumption, the incidence of babies' eczema was significantly higher in the group with daily intake than in those with an intake 2-3 times a week or less (p = 0.044). For natto, incidence of babies' eczema was significantly lower in the group with everyday intake than those eating it 2-3 times a week or less (p = 0.020). Conclusions: High frequency intake of natto during pregnancy possibly reduces the incidence of eczema in children at 6 months of age.
著者
橋迫 瑞穂
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.88, no.3, pp.597-619, 2014-12-30 (Released:2017-07-14)

本稿は、一九八〇年代に主として少女たちの間で流行した「占い・おまじない」が、特に学校で人間関係を築くさいに生じる軋轢に対応するための手段を与えるものであったことを、少女向けの占い雑誌『マイバースデイ』を分析することによって明らかにすることを目的とする。従来、「呪術=宗教的大衆文化」のなかでも「占い・おまじない」は、少女が自身の立ち位置や周囲との人間関係を推し量りながら自己を定位する「認識のための『地図』」としての役割を担うものとして彼女らに消費されたととらえられてきた。しかし、『マイバースデイ』を詳細に分析した結果、「占い・おまじない」は、少女たちが学校生活に適応する過程に神秘的な意味を与えることで、学校を人間関係構築のための修養の場に作り変える働きを有するものであり、さらには、彼らに緩やかな共同体を形成する場を提供する働きをも担っていたことが明らかになった。
著者
平本 健二
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.57, no.11, pp.799-808, 2015-02-01 (Released:2015-02-01)
参考文献数
7
被引用文献数
1 or 0

日本において情報交換の基盤になるのが,文字情報交換の仕組みである。文字情報基盤は,個人の氏名を正確かつ使いやすく実装する仕組みとして政府が整備してきており,フォントや画数などの文字情報等を,誰でも無料で利用できるように提供している。ツールへの実装,自治体への導入も進み始めており,多くの自治体では,従来もっていた外字の同定作業も実施している。国際標準への対応を進めるとともに,単に文字数を増やすのではなく,JISを活用した日常での簡易な活用方法を提案する等,今後の日本の社会の基盤となる仕組みといえる。本稿では,現在の取り組みとその将来展望について解説を行う。
著者
男全 恵里花 岸本 桂子 福島 紀子 櫻井 秀彦
出版者
日本社会薬学会
雑誌
社会薬学 (ISSN:09110585)
巻号頁・発行日
vol.36, no.2, pp.78-87, 2017-12-10 (Released:2018-01-05)
参考文献数
23

The purpose of this research was to clarify the factors influencing the approval or disapproval and evaluative opinions of the public concerning separation of dispensing and prescribing functions. We conducted a Web survey with 2006 participants (September 2016). We conducted multiple logistic regression analysis and quantitative analysis of freely recorded their reasons about approval or disapproval. The approval rating was 29.2% in persons who had had some prior experience with at the pharmacies (n=1,778) and 41.9% in participants who made regular clinic visits and always filled prescriptions at the pharmacy (n=430). Multiple logistic regression analysis of the data of participants who visited pharmacies (n=1,778), identified that compared to participants who experienced side effects (OR=1.34), the frequency of used pharmacies (OR:Odds ratio=1.47), the filling burdened by having to fill prescriptions at the pharmacy (OR=0.19, 1/OR=5.18), there was a significant positive association for the approval. Analysis of qualitative data of the group that approved identified many labels related to ‘quality of results’, however no labels related to ‘quality of results’ were generated in the group which disapproved. Public approval or disapproval of non-hospital based prescription is mainly determined based on the burden or inconvenience incurred (due to waiting times, mobility-incurred time and energy, inconvenience associated with travel, inconvenience of repeated visits) when filling prescriptions at the pharmacy rather than on opinions regarding the pharmacy’s drug therapy service. Measures are required to increase the level of merit compared to the burden experienced in the use of pharmacy.
著者
北口 勝也 Katsuya Kitaguchi
出版者
武庫川女子大学大学院文学研究科教育学専攻『教育学研究論集』編集委員会
雑誌
教育学研究論集 (ISSN:21877432)
巻号頁・発行日
no.10, pp.1-8, 2015-03

The present research investigated the relations among praise behaviors, understanding of the applied behavior analysis (ABA), and years of experiences. The participants were 68 teachers who are working as a teacher in charge of a normal class in public elementary schools. The results showed that the more the teachers had knowledge of ABA, the more they provided praise to their students. Experience teachers showed less knowledge of ABA and praise behaviors relative to new young teachers. These results suggest that it is important to provide more effective methods to spread ABA knowledge for teachers.
著者
Nobuyoshi Ozawa Kiyoshi Ito Toru Tase Daisuke Shibuya Hirohito Metoki Nobuo Yaegashi
出版者
Tohoku University Medical Press
雑誌
The Tohoku Journal of Experimental Medicine (ISSN:00408727)
巻号頁・発行日
vol.243, no.4, pp.329-334, 2017 (Released:2017-12-20)
参考文献数
13

The Japanese national immunization programme for Human Papillomavirus (HPV) started in 2010. Vaccination rates increased up to 70% in women in the 1996-1999 birth. However, the proactive recommendation for HPV vaccine was suspended in 2013, following repeated media reports of adverse events. Vaccination rates plumped to less than 1% in women born since 2002. In this study, incidence of abnormal cytology and histology was examined in terms of HPV vaccination among 5,924 women aged 20 to 24 years in the fiscal year (FY) 2014 and 2015. The total rate of vaccination was 16.9% (1,002/5,924). In case of FY 2015, the rates of vaccination were 59.26%, 49.68%, 11.97%, 9.08%, and 4.58% in those aged 20, 21, 22, 23, and 24 years old, respectively. The rates of high-grade squamous intraepithelial lesion (HSIL) or worse were 0.20% (2/1,002) in women with HPV vaccination and 1.14% (56/4,922) in those without HPV vaccination, indicating a significant reduction of 82.46% with vaccination (P < 0.0001). The rates of cervical intraepithelial neoplasia (CIN) 1+ were 0.80% (8/1,002) in women with vaccination and 2.28% (112/4,922) in those without vaccination. The reduction rate of CIN1+ was 64.91% (P = 0.0025). The rates of CIN2+ were 0.10% (1/1,002) with vaccination and 0.69% (34/4,922) without vaccination. The reduction rate of CIN2+ was 85.51% (P = 0.0261). Our data are the first to demonstrate a significant reduction of CIN2+ cases in an Asian population. Scientific discussion is needed to restart the proactive recommendation for HPV vaccine in Japan.
著者
岡﨑 龍史 太神 和廣 横尾 誠 香﨑 正宙
出版者
学校法人 産業医科大学
雑誌
Journal of UOEH (ISSN:0387821X)
巻号頁・発行日
vol.39, no.4, pp.277-290, 2017-12-01 (Released:2017-12-16)
参考文献数
20

2011年および2013年に行った福島第一原子力発電所事故の健康影響へのアンケート調査では健康影響への不安は,患児の保護者と放射線知識の高い医師や医学生とでは,患児の保護者の方がより強いことが確かめられた.福島県民健康調査事業で甲状腺検査によって,甲状腺がんが190名報告され,放射線影響の可能性に対する福島県民の不安は残っている.今回,事故後6年を経過後の放射線教育の受講状況や不安に対する調査を行うとともに,福島県内の患児の保護者に対して,放射線影響と福島県民健康調査事業での甲状腺検査についてアンケート調査を行った.全質問20項目の無記名自記式アンケートを福島県小児科医会各医療機関へ郵送し,受診した小児・青少年の保護者,および医療機関関係者から回答を得た.505部回収され,回収率は26.7%であった.患児の保護者では,「放射線教育を受けたことがない」が30%,「人体の影響についての教育を詳しく受けていない」が67%であった.患児の保護者では,「甲状腺がん」,「子どもへの健康影響」,「将来生まれてくる子や孫への遺伝的な影響」の項目に対し,医療従事者に比べ不安が高い傾向にあった.現状での甲状腺がんの発症は,原発事故による放射線影響と考え,甲状腺検査の継続を望む者が多いことが判明した.

22 17 0 0 OA 辞林

著者
金沢庄三郎 編
出版者
三省堂
巻号頁・発行日
1907
著者
小森 治夫 Haruo KOMORI
巻号頁・発行日
vol.47, pp.1-22, 1997-05-30
著者
渡辺 伸一
出版者
環境社会学会
雑誌
環境社会学研究
巻号頁・発行日
no.4, pp.204-218, 1998-10-05
被引用文献数
1 or 0

本稿の課題は、新潟水俣病を中心事例として、当該地域社会における被害者への差別と抑圧の論理を解明することである。水俣病患者に対する差別には異なった2つの種類がある。ひとつは、「水俣病である」と周囲から認知されることによって引き起こされるいわば「水俣病差別」とでも呼ぶべきものであり、もうひとつは、その反対に「水俣病ではない」と認知される、つまり「ニセ患者」だとラベリングされることによって生じる差別である。新潟水俣病の第一次訴訟判決(1971年9月)および加害企業との補償協定締結の時期(1973年6月)の以前においては、地域の社会構造や生活様式、社会規範に密接に関わる形で生み出されてきた「水俣病差別」の方だけが問題化していた。しかし、その後、水俣病認定基準の厳格化によって大量の未認定患者が発生する頃から、別の否定的反応が加わるようになった。これが、「ニセ患者」差別という問題である。これは、地域社会における「水俣病差別」と「過度に厳格な認定制度(基準)」が、相互に深く絡み合う中で生み出されてきた新たなる差別と抑圧の形態であった。本稿ではさらに、差別と抑圧の全体像を把握すべく、新潟水俣病における差別と抑圧の問題は、以下の7つの要因が関与して生み出された複合的なものであること、しかし、その複合化、重層化の度合いは、阿賀野川の流域区分毎に異なっていることを明らかにした。1.加害企業による地域支配、2.革新系の組織・運動に対する反発、3.漁村ぐるみの水俣病かくし、4.伝統的な階層差別意識の活性化、5.水俣病という病に対する社会的排斥、6.認定制度による認定棄却者の大量発生、7."水俣病患者らしさ"の欠如への反発。