著者
小槻 勉
出版者
一般社団法人 資源・素材学会
雑誌
資源と素材 (ISSN:09161740)
巻号頁・発行日
vol.117, no.6, pp.479-483, 2001 (Released:2006-01-08)
参考文献数
23

History of lithium batteries is briefly described with emphasis on how they have been growing, why some of them have been ruined, and which scientific field has been triggered. Some background for lithium-ion batteries is given and the state-of-art science and technology are highlighted. A series of trials on the research of lithium insertion materials for advanced lithium-ion batteries is also discussed in terms of materials science.
著者
縄田 健悟 山口 裕幸
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.167-177, 2011-03-25 (Released:2017-02-21)
被引用文献数
1

When an outgroup member's behavior proves harmful for an ingroup member, a member of the victim's group sometimes retaliates against a member of the perpetrator's group. This phenomenon is called intergroup vicarious retribution. The purpose of this study is to examine the effect on intergroup vicarious retribution of being observed by ingroup members (ingroup audience effect). In this study, we allowed the winner of a one-on-one match to impose a fine on the loser in order to manipulate and measure aggression. It was found that participants imposed a bigger fine on an outgroup member when observed by ingroup members than when they were not. Path analysis revealed that being observed by ingroup members has an effect on the fine imposed on the outgroup member through expected admiration from ingroup members and the motivation of retaliation only in the condition of being informed about harm. Being observed by ingroup members enhances the expectations of gaining admiration from ingroup members and intergroup vicarious retribution occurs to a higher degree. The findings of this study suggest that intra-group processes, such as being observed by ingroup members, escalate intergroup conflict.
著者
塩見 雄毅
出版者
一般社団法人 日本物理学会
雑誌
日本物理学会誌 (ISSN:00290181)
巻号頁・発行日
vol.73, no.8, pp.594-595, 2018-08-05 (Released:2019-03-12)
参考文献数
1

新著紹介チョコレートはなぜ美味しいのか
著者
山内 貴史 須藤 杏寿 丹野 義彦
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.114-116, 2007 (Released:2007-10-30)
参考文献数
7
被引用文献数
10

The purpose of this study was to develop Japanese version of Paranoia Checklist (JPC), in order to assess persecutory ideation in a non-clinical population. One hundred and twenty undergraduates completed JPC, the Paranoia Scale, and Peters et al. Delusions Inventory (PDI). Results revealed that JPC had one-factor structure and high internal consistency. JPC scores had positive correlations with scores of the Paranoia Scale and PDI. The results of the present study suggested that JPC had high reliability and validity as a measure of persecutory ideation.
著者
本多 新平
出版者
關西大学經済學會
雑誌
關西大學經済論集 (ISSN:04497554)
巻号頁・発行日
vol.17, no.4, pp.611-629, 1967-10-25
著者
伊藤 修一郎
出版者
行政管理研究センター
雑誌
季刊行政管理研究 (ISSN:0386684X)
巻号頁・発行日
no.166, pp.4-17, 2019-06
著者
半澤 誠司
出版者
一般社団法人 人文地理学会
雑誌
人文地理 (ISSN:00187216)
巻号頁・発行日
vol.56, no.6, pp.587-602, 2004

アニメーション産業と家庭用ビデオゲーム産業は, 現代日本の最も広く知られた文化産業のうち2つである。両産業は, 高い離職率と東京への集中という共通の特徴を有する。しかし, 詳細な立地や, 労働市場, 企業間関係という点では明らかに違いがある。ゲーム会社に比べてアニメーション会社の立地は, 国単位ではより東京に, 地域単位ではより東京西部に集中する。ゲーム産業の労働者は, 新卒であろうと中途であろうと公募を通じて採用され, 時折深刻な人間関係の悪化があるためしばしば企業間を移動する。逆に, アニメ産業では, 明らかな人間関係の悪化は少ない。アニメの離職者のほとんどは, フリーランサーになるか自分の会社を設立するかして, そうでなければ完全に当該産業から離れる。ゲーム会社は, アニメ会社に比べ取引関係が少なく, 取引先を替える柔軟性も小さい。<br>これらの違いは, 特有の流通システム-アニメ産業における「合法寡占的」テレビキー局と, ゲーム産業におけるプラットフォームホルダーの存在-と特有の制作工程-前者の「ウォーターフォール工程」と後者の「リバイズド工程」-から生じる。それらは, 産業レベルで相互に影響するだけではなく, 個々の企業の行動にも影響を与える。
著者
林 登志雄
出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
化学と生物 (ISSN:0453073X)
巻号頁・発行日
vol.46, no.7, pp.460-464, 2008-07-01 (Released:2011-04-14)
参考文献数
13

シトルリンはアミノ酸の一種で,尿素回路を構成する化合物の一つである.1930年に日本の研究者によって,スイカの果汁から発見された.化学式は C6H13N3O3,化合物名は2-アミノ-5-(カルバモイルアミノ)ペンタン酸,分子量は175.2である.「シトルリン(citrulline)」という名前は,スイカの学名である Citrullus vulgaris に由来する.動物,特に哺乳類に広く存在し,1950年ごろには,ヒトの体内で重要な役割を果たしていることが明らかになり,1980年代に入ると,一酸化窒素(NO)との関係が見いだされ,今日この分野での研究が活発に行なわれている.
著者
島崎 崇史
出版者
一般社団法人 日本健康心理学会
雑誌
Journal of Health Psychology Research (ISSN:21898790)
巻号頁・発行日
pp.160425037, (Released:2016-12-05)
参考文献数
54

A number of health promotion practices have been developed to increase health awareness and to improve unhealthy lifestyles. It is important to examine how health professionals, including physicians, nurses, public health nurses, physical therapists, school teachers, and psychotherapists convey effective health promotion messages in research and practice. Knowledge about health psychology is expected to contribute not only to understanding the communication process of professionals providing health promotion messages to their target audiences, but also to contribute to conveying effective health promotion messages regarding psychological readiness and the interests of target audiences. The purpose of this literature review was to introduce (a) two theoretical models to understand the give and take of health promotion messages between health promotion professionals and target audiences, and to present a perception-cognition model of health promotion messages, (b) to introduce the process of designing effective health communication materials, and (c) to discuss implications for dissemination and implementation strategies. It is hoped that this study would make a significant contribution to knowledge about the application of health psychology to health promotion practices.
著者
野澤 祥子
出版者
一般社団法人 日本発達心理学会
雑誌
発達心理学研究 (ISSN:09159029)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.22-32, 2011-03-20 (Released:2017-07-27)

1〜2歳の仲間同士における自己主張の発達的変化を明らかにすることを目的とし,保育所の1歳児クラスを対象として約1年間の縦断的な観察を行った。分祈には,誕生月を説明変数とした潜在曲線モデルを用い,発声や発話の声の情動的トーンにも焦点を当てて検討を行った。その結果,多くのカテゴリにおいて,その初期量や変化率が誕生月の違いによって異なること,すなわち,観察開始時の月齢によってその後に辿る発達的変化のパターンが多岐に亘ることが示唆された。次に,この結果に基づきつつ,個々の子どもの発達的軌跡を参照し,その共通性から発達的傾向を検討した。その結果,自己主張がなされる場合,1歳前半には発声による主張が特徴的にみられること,2歳前後にかけて不快情動の表出を示す行動が増加し,その後は減少すること,2歳後半にかけて情動や行動を制御した発話や交渉的表現など,よりスキルフルな自己主張が増加することが示唆された。自己主張の発達を検討する際に,声のトーンを含む情動的側面に着目することや,個々の子どもの発達的変化を考慮することの重要性が考察された。
著者
深水 義之 長石 道博
出版者
一般社団法人 映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会誌 (ISSN:13426907)
巻号頁・発行日
vol.57, no.12, pp.1046-1051, 2003-12-01 (Released:2011-03-14)
参考文献数
19
被引用文献数
1

視覚の誘導場とは, 図形の周りに静電場のような場を仮定し, パターン認知などの視知覚現象を説明する心理学的概念である.最近, 視覚の誘導場について詳細な定量化, 精密なモデルが検討されると共に, パターン認識など工学的な応用が進んでいる.視覚心理現象をベースにした視覚の誘導場は, これまで難しかった人間の感性評価などでの有効性が期待されている.
出版者
日経BP社
雑誌
日経ビジネス (ISSN:00290491)
巻号頁・発行日
no.1419, pp.38-41, 2007-12-03

名和誉弘氏、36歳の独身。アニメの絵を描く「アニメーター」になって16年が経つ。東京の住宅地にある小さなビルの裏手にある階段を上ると、そこに名和氏が働くアニメスタジオがある。 「せめてもう少し安心して生活できるレベルの年収がもらえればいいのだけど」。雑然としたスタジオで名和氏は、そう切り出した。今年の年収は300万円にとどまりそうだという。
著者
Akio Tanikawa
出版者
Arachnological Society of Japan
雑誌
Acta Arachnologica (ISSN:00015202)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.25-27, 2006 (Released:2006-12-06)
参考文献数
5
被引用文献数
1

A new atypid species, Atypus wataribabaorum, is described using the specimens from Amami-ôshima Is., the Nansei-Isls., Southwest Japan. This is the first record of Atypus from a subtropical region of Japan. Atypus wataribabaorum has 3 segmented posterior lateral spinnerets as A. affinis and piceus, but can be distinguished from A. affinis by 1) the position of sigilla I being close to the margin of sternum, 2) having prolateral furrow on male palpal femur, 3) the presense of spines on male metatarsus IV; and from piceus by having four receptacula.