7 0 0 0 OA 武士道

著者
山岡鉄舟 (鉄太郎) 述
出版者
光融館
巻号頁・発行日
1902

3 0 0 0 OA 鉄舟言行録

著者
安部正人 編
出版者
光融館
巻号頁・発行日
1907

2 1 0 0 OA 鉄舟随筆

著者
安部正人 編
出版者
光融館
巻号頁・発行日
1903
著者
Nobuo HAMADA
出版者
Osaka Urban Living and Health Association
雑誌
SEIKATSU EISEI (Journal of Urban Living and Health Association) (ISSN:05824176)
巻号頁・発行日
vol.50, no.5, pp.343-350, 2006 (Released:2006-10-19)
参考文献数
16
被引用文献数
1

A review was undertaken of fungal contamination in indoor environments. Fungal contamination of house dust in carpets and tatami-mats during the summer seemed to have decreased compared to thirty years ago, unlike contamination in winter. Recently, excessively dry indoor environments have been found in the upper stories of condominiums. On the other hand, bathrooms are still the rooms most severely contaminated by fungi. Especially in bathrooms without windows, ventilation and dehumidifying equipment are essential for eliminating fungal contamination.Air-conditioners and washing machines as new sources of fungal contamination were discussed. Contaminated air-conditioners discharge fungal spores in their output and may promote fungal allergy in users. In the last ten years, manufacturers have attempted to improve the design to reduce fungal contamination. The interior of automatic-type washing machines can become contaminated by mold with dark hyphae. The concentration of mold and dirt was most severe in the upper part of the spine tube and seemed to parallel the quantity of surfactant adhering to the surface of the spine tube. Detergent is thought to promote fungal contamination in washing machines. Effective treatments are thus important for controlling fungal contamination in washing machines, including usage of nutrient-free detergent.
著者
戸梶 亜紀彦
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.360-368, 2001-12-01
被引用文献数
3

This study deals with just a emotion of emotions. When we see good movies or wonderful landscapes, read heart-warming stories, our hearts are frequently moved. This phenomenon evokes fairly certain emotions. However, it has hardly been studied in psychology. Many researches by the author were reviewed in order to investigate and elucidate mechanisms of evoking emotional responses of “Kandoh (the state of being emotionally moved)”. On the basis of these researches, first, the various types of “Kandoh” are categorized, and secondly a comprehensive process model is proposed. The outlines of this model are as follows. It is suggested that event related knowledge and information are very important factors for an audience (that is spectators, listeners, viewers, readers, and so on) to become highly involved, and then high involvement states elicit psychological and physiological stress. Therefore, desirable developments of a story produce stress reduction or relaxation, and finally people evoke “Kandoh”. Based on these results, some characteristic aspects of our cognitive system and some significance of emotional responses of “Kandoh” are discussed.
著者
丹羽 利文 齋藤 洋典
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.100, no.331, pp.1-6, 2000-09-28

物語において先行呈示される不快情報が, 後続の快情報に対する感情評価と感動評価に及ぼす影響を, 評定課題実験を用いて検討した.刺激材料として, 感動の喚起が想定される物語(原文)を, 不快情報が含まれる文(不快先行文)と, 快情報が含まれる文(快後続文)とに2分割した後に, 快不快の評価が偏らない文(修正文:中立先行文, 中立後続文)を作成した.実験1・2において, 先行文と後続文の組み合せから4種類の物語文(例えば, 不快-快, 中立-快)を構成し, 物語読了後の感情の程度と感動の程度とを調査した.その結果, 感動の評価は, 先行文と後続文の感情情報の操作によって異なった値となることが示され, さらに, 快感情より高いことが示された.このことは, 物語を読む際の感動の評価は, 物語の構造に影響を及ぼされ, かつ, 快感情とは異なる評価であることを示唆する.
著者
三好 浩和 鈴木 俊輔 臼井 旬 奥出 直人
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告情報システムと社会環境(IS) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2004, no.35, pp.93-100, 2004-03-23

我々は美術館訪問者が作品とのインタラクションから個性的な見方を深めていくことのできる鑑賞支援ツール群、アトバム、アートテーブル、ペンツールを考案・設計した。このツールから、従来受動的であった鑑賞行為を、能動的で感動と発見に満ちた質の高い美術体験へと変えていき、それを可能にする美術館全体の枠組みを構築する。自分の見方や感想をそのまま記録する装置としてのアトバムと、美術の魅力を部分に分けた画像をちりばめたアートテーブルから新たな見方を発見し、さらに記憶装置を兼ねたペンツールによってテーブル上の画像や、美術を自分の視点からみた画像等をアトバムに取り込み、他人との交流に利用すること等で美術とのインタラクションを実現し、これによって鑑賞の楽しみを増幅する。本稿では、この感動の増幅装置としてのツール群の設計と使用シナリオを構築することで、誰もが楽しめる美術館の枠組みというコンセプトの検証を試みる。We devised and designed the art appreciation assistance system for visitors of an art museum to deepen the unique ways of looking at an art by realizing the interaction between the visitor and the piece of work. By using these tools, we will develop a framework for the art museum which enables the historically passive act of art-appreciation to art-appreciation that is highly active with full of sensation and amazement. Also, using them as a communication tool with the others realizes the interaction between user and the art, which enables the augmentation of human's enjoyment of art appreciation. In this paper, we will verify the concept of art museum where anyone can enjoy through the development of use-scenario and the design of these tools as augmentation devices of the sensation.

2 0 0 0 OA 言志録

著者
南洲 手抄
出版者
博聞社
巻号頁・発行日
1888

2 0 0 0 OA 言志録講話

著者
西郷隆盛 (南洲) 手抄
出版者
東亜堂
巻号頁・発行日
1910
著者
西出 亮 坪井 新治 奥 智照 近藤 弓子 大西 真晶 上島 紳一
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. DE, データ工学 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.107, no.131, pp.455-460, 2007-06-25

本稿では,空間型MMOGシステムを利用者から提供されるコンピュータノードを用いたP2Pドロネーネットワークにより構築する手法を提案する.本手法は,利用者の平面上のキャラクターの位置をノードの位置として,ドロネーネットワークを構成し,MMOGにおける処理を分散的に実行する.そこで,まずP2Pドロネーネットワークの構築手法を提案する.空間型MMOGにおいて,各プレイヤーのビュー生成に必要な情報は利用者のキャラクターの近傍のオブジェクト情報である.そこで,平面をボロノイ領域に分割し,各ノードに割り当て,そのボロノイ領域内に含まれるオブジェクト情報を各ノードが管理する手法についても提案する.更に,ノードの移動に備えてP2Pドロネーネットワークを保つ必要がある.そこで,ノードの位置情報の変化に基づきネットワークの組み替えを行い,P2Pドロネーネットワークを保ち続ける手法について提案し,検討を行う.
著者
久原 哲
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.100, no.43, pp.49-56, 2000-05-04

当研究室では、全塩基配列が決定され、約6, 200の遺伝子が同定された酵母の遺伝子を用い、それぞれを欠失、もしくは過剰発現させたときの遺伝子発現パターンをマイクロアレイにより調べている。これにより、その遺伝子の他の遺伝子への影響を調べ、さらにこの過程をくり返すことでデータを集積し、遺伝子間の相互作用あるいはネットワークを解明したいと考えている。酵母をはじめ、全塩基配列が決定された生物種では、その機能が不明な遺伝子がいまだ数多く残されていることがゲノムプロジェクトにより示された。マイクロアレイ法のように全遺伝子を含む情報が一度に得られる手法を用いると、今までに機能さえわからなかった遺伝を含めた制御ネットワークを明らかにすることが可能である。このような手法は、医薬の開発、そして生物学に新たな研究領域を開くことになると考えられる。
著者
Grudin Jonathan
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.1995, no.57, pp.31-36, 1995-06-08
被引用文献数
2

"Computer-supported cooperative work" and "groupware" are terms invented in the mid-1980's to describe the growing interest in using computer technology to support the activities of groups of people. The interest came from researchers and developers who had previously focused on single-user applications such as compilers, word processors, and spreadsheets ; it also came from those who had previously focused on mainframe systems and organizational issues. To understand the work associated with CSCW and groupware in Europe, the United States, and Japan, it is essential to understand the changing nature of systems development from the 1950's through the 1980's. In this presentation I will describe the historical and organizational contexts of CSCW research and groupware development. Who attends the conferences, develops the systems, and identifies with these labels? How and why do their priorities differ? CSCW is often described as an emerging field, but a better metaphor may be a forum or marketplace where people from different places come to browse, shop, and return to their different homes. Communication-understanding each other's work-requires that we understand different histories and cultures. With the phenomenal success of the Internet and World Wide Web and the very respectable achievements of applications such as Lotus Notes, groupware and support for workgroups is changing the face of work. I will conclude by describing a central challenge brought about by these new technologies and the new way we are looking at and using computer and communication technologies. This paper includes original material and work explored in depth in [1-4].

1 0 0 0 國民雜誌

著者
國民雜誌社
出版者
國民雜誌社
巻号頁・発行日
1910