1 1 1 1 OA 積雪計測法

著者
村松 謙生
出版者
The Society of Agricultural Meteorology of Japan
雑誌
農業気象 (ISSN:00218588)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.423-424, 1983-03-10 (Released:2010-02-25)
参考文献数
6

1 1 1 1 OA 漢語字類

著者
荘原和 (庄原謙吉) 編
出版者
青山清吉
巻号頁・発行日
1869
著者
高田 実 大河内 重信 那須 伝夫
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.23-27, 1954-03-30 (Released:2017-06-02)

The values of the absorption coefficient of snow have been measured by Standing Wave Method. The propagation of sound has also been tested under various conditions of snow, such as soft new, hard old, frozen and falling. The results obtained were compared with that under the snowless condition. In newly fallen state, because of its appreciable absorption, sound is considerably reduced at a distance more than two hundred meters from the sound source, while, in hard and frozen state, the reduction is comparable with that of the snowless condition. The propagation of sound under the condition of a rising vapour in spring was found quite peculiar.
著者
亀山聿三編
出版者
夢硯堂
巻号頁・発行日
1963
著者
赤水 尚史
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.105, no.4, pp.653-657, 2016-04-10 (Released:2017-04-10)
参考文献数
9

甲状腺クリーゼは甲状腺診療における救急の代表例であり,多臓器における非代償性状態を特徴とする.臨床症状に基づいて診断され,日本における診断基準が作成されている.同診断基準に基づいて,我が国における全国疫学調査が実施され,致死率が10%を超えていた.致死的疾患であるので,疑診の段階でも治療を開始することが肝要である.
著者
山崎 照
出版者
大阪学院大学
雑誌
大阪学院大学論叢
巻号頁・発行日
no.2, pp.199-216, 1964-04
著者
宝井琴窓 講演
出版者
博文館
巻号頁・発行日
1921
著者
雪花山人 述
出版者
立川文明堂
巻号頁・発行日
1914
著者
和品正编
出版者
云南美术出版社
巻号頁・発行日
2005
著者
大野 航平 武田 龍 中野 幹生 ニコルズ エリック 駒谷 和範
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

我々は,暗黙的確認により対話システムの知識にない単語(未知語)の獲得を行う手法の開発に取り組んできた.システムは未知語のクラスを含めた暗黙的確認要求をユーザに対して行い,ユーザの応答からその内容が正しいとわかった場合に,そのクラスを獲得する.本論文では,ユーザの応答などに基づいて正しい確認要求を抽出する手法と,同じ確認要求に対する複数の抽出結果を用いてより確実に知識を獲得する手法とについて述べる.
著者
Noriaki Katagiri Goh Kawai
出版者
ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
Acoustical Science and Technology (ISSN:13463969)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.94-104, 2013-02-01 (Released:2013-03-01)
参考文献数
29
被引用文献数
1 or 0

Within the context of English language taught solely using English language at Japan's secondary schools, no research quantifies the differences between native instructors (first language English, may or may not speak Japanese) and non-native instructors (first language Japanese; second language English). We developed a video corpus of an English language classroom, and examined the speech of 3 native and 1 non-native instructors. The corpus contains 49 English lessons of 45 minutes each in a Japanese public high school with monolingual learners of English as a foreign language. The native and non-native instructors occasionally taught together. Almost all speech in the lessons was in English. We compared lexical tokens and types found in our transcriptions with a collection of typical classroom English dialogues, and a wordlist created from large bodies of written and spoken English. We obtained the distributions of words, and words preferred by either native or non-native instructors. Results suggest that (a) native and non-native instructors share a core vocabulary of classroom English, (b) native instructors teach vocabulary depth via open-ended conversations, (c) non-native instructors teach vocabulary breadth via textbook explanations, and (d) native and non-native instructors differ in teaching roles but not in language ability.
著者
児玉 恵美
出版者
九州ルーテル学院大学
雑誌
応用障害心理学研究
巻号頁・発行日
no.12, pp.13-26, 2013-03-31

本研究では, 1)卒業論文を提出し終わったばかりの大学生の卒業論文作成に対する認識と, その自尊感情との関連を調査し, 2)卒業論文作成について, 学生と卒業論文を指導する教員の考え方の相違を探索的に検討した。結果, 学生は卒業論文作成を重大なものと認識していることが示された。そして, 卒業論文作成過程におけるストレス度が自尊感情と負の相関を示し, 卒業論文作成状況に対する肯定的な認知が自尊感情と正の相関を示していた。また卒業論文作成について, 多くの学生がそれを肯定的な体験と意味付け, 研究の実施や新しい知識の獲得を楽しみ, 周囲の人との関わりを学んでいることがわかった。一方教員は学生に, 研究に対する姿勢や, 諦めずやり遂げる精神などを期待していた。そして卒業論文作成について, 学生・教員ともに, 達成感を得て自己成長できる体験だと捉えていることが示唆され, これらが卒業論文作成の教育的意義の大事な一側面を表していると考えられた。