著者
Souta SUGIYAMA Yasuhiro UNO Tomoko AMANO Takio KITAZAWA Hiroki TERAOKA
出版者
JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE
雑誌
Journal of Veterinary Medical Science (ISSN:09167250)
巻号頁・発行日
pp.19-0107, (Released:2019-05-21)

Knowledge of genetic polymorphisms of cytochrome P450 (CYP), the most important xenobiotic metabolizing enzyme, is very limited in cats. Preliminarily, we investigated genetic polymorphisms in CYP2A13, one of the major CYP isoforms in the liver and lung. Four synonymous and three non-synonymous polymorphic variants were identified in feline CYP2A13 in domestic cats in Japan, without an obvious major type. Metabolic parameters, Km and Vmax, of coumarin hydroxylation of CYP2A13 were shown to range within two times for the identified non-synonymous polymorphic variants by using heterologous coexpression system in Escherichia coli. The results confirmed the polymorphic nature of CYP2A13 as a basis for effective application of medicines and prevention of adverse reactions in treatment of domestic cats.
著者
辻 正富 斉藤 宣彦 井上 修二
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.118, no.5, pp.340-346, 2001 (Released:2002-09-27)
参考文献数
28
被引用文献数
4

消化吸収阻害系薬物には, 1)脂質吸収阻害薬と2)糖質吸収阻害薬がある. 脂質吸収阻害薬としてはオルリスタットが, 米国, 欧州で実用化されている. 本邦でも治験が開始されている. カワラケウメイ抽出物はその作用成分が同定されれば薬物として開発される可能性があるが, 当面は食品添加による特定保健用食品(機能性食品)としての実用化が考えられる. 脂肪代替食品としては脂肪の味覚を保持し, 消化吸収されないオレストラ, 蔗糖ポリエステルがあるがまだスナック菓子の添加物として使用されている段階である. 糖質消化吸収阻害薬としては主として, 小腸絨毛にある二糖類分解酵素活性を阻害するα-グリコシダーゼ阻害薬が食後高血糖を抑制する作用により糖尿病薬として実用化されている. これが抗肥満薬として開発されるには下痢, 放屁等の消化器系副作用の克服が鍵になる.

1 1 1 1 OA 水馬掌録

著者
屋代弘賢
巻号頁・発行日
1822

文政5年の日記。毎日書き留められているわけではないが、5月から約半年の期間を収録。一年近くその死が伏せられた塙保己一の葬儀の記事が見えるほか、水戸の学者立原翠軒、国学者平田篤胤と思われる人物なども登場し、屋代の交友の一端をうかがうことができる。なお、屋代の日記は、東洋文庫、阪本龍門文庫、早稲田大学附属図書館などにも所蔵されている。
著者
Peter KORNICKI
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.21, no.6, pp.6_80-6_83, 2016-06-01 (Released:2016-10-07)
参考文献数
9
著者
杉山 直子 杉江 秀夫 五十嵐 良雄 伊藤 政孝 福田 冬季子
出版者
一般社団法人 日本小児神経学会
雑誌
脳と発達 (ISSN:00290831)
巻号頁・発行日
vol.30, no.1, pp.51-55, 1998-01-01 (Released:2011-08-10)
参考文献数
14
被引用文献数
1

小児自閉症の一部において, 脳内セロトニン, カテコラミンの低下がありうるという仮説に基づき, 自閉症児に対しカテコラミンの前駆物質である1-dopa少量投与を行い, 症状改善の有無をcross-over designによる二重盲検試験により検討した.Cross-over analysisでは順序効果, 時期による効果, 薬剤効果を検討したが, 薬剤の有効性は認められなかった.しかし症例によっては, 一部症状の改善の認められた例が20%あった.
著者
小田 雅也
出版者
医学書院
雑誌
神経研究の進歩 (ISSN:00018724)
巻号頁・発行日
vol.37, no.4, pp.617-629, 1993-08-10

はじめに 今から30年ほど前には,肝脳相関する疾患の研究は大きなトピックであり,現在われわれの持っている知識の多くはその頃に発展した1)。その結果,治療の著しい進歩によって,最近ではこの種の疾患は激減し,患者の予後も好転するとともに,研究テーマとしてはやや古くなった感がなきにしもあらずだが,とくに“肝性グリア”と言われるように,アストロサイトの異常形態の多くが,肝性脳症をもととして明らかにされ,これらの研究を通して,神経系機能におけるグリアの重要性が認識される糸口となった。以下には肝疾患のグリア障害につき,著者自身の研究を中心として,形態的な側面から概観する。 定型的な肝性脳症の臨床・病理像の中核は,長期にわたって反復する意識障害のエピソードと,グリアと実質(ニューロン)の二本立ての脳障害である(表1)。これにいかにアストロサイトの異常が役割を演ずるかは,今なお未解決の課題である。最近では,アストロサイトの培養,免疫組織化学,生化学分析,電顕などを併用して,肝性脳症の発生機序に関するbiopathologicalな研究が発展しつつある。
著者
清水 昌 山田 秀明
出版者
The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan
雑誌
有機合成化学協会誌 (ISSN:00379980)
巻号頁・発行日
vol.41, no.11, pp.1064-1075, 1983-11-01 (Released:2009-11-13)
参考文献数
62
被引用文献数
4

Recent advances in the synthesis of optically active amino acids by enzymatic method are described. L-Lysine, L-cysteine, L-tryptophan and D-forms of various amino acids, including D-p-hydroxyphenylglycine, are synthesized from chemically synthesized substrates by asymmetric ringopening hydrolysis. Multifunctional pyridoxal enzymes are useful for synthesis of various aromatic amino acids and sulfur-containing amino acids. Several enzymatic reactions being useful for production of amino acids are also described.The described enzymatic methods are simple and the most economical process to date for the industrial production of these amino acids.
著者
埋木庵 編
出版者
金槙堂
巻号頁・発行日
vol.上巻, 1901
著者
伊藤 毅志
雑誌
ゲームプログラミングワークショップ1999論文集
巻号頁・発行日
vol.1999, no.14, pp.177-184, 1999-10-15

将棋のような複雑な問題解決では,先読みしきれない膨大な局面に対する論理的思考を補うために,人間は経験に基づく直観や大局観を利用した思考をしている.本研究では,将棋におけるある局面において,人間がどのように考えて,次の一手を決定していくのかを詳細に調べて,人間の直感的思考のメカニズムを明らかにしていく.心理実験の結果,アマチュア5級程度になると,すでに上級者と同様の思考過程(将棋対局者スクリプト)を辿れることが明らかになった.また,上級者になるほど大局的に局面を見ることが出来るようになり,注目すべき箇所への言及が多く,深い先読みを行う以前に,有力な指し手であることが感じ取れるようになっていることがわかった.
著者
HIRAKU ONISHI TAKEO KAWAGUCHI TSUNEJI NAGAI
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.35, no.8, pp.3370-3374, 1987-08-25 (Released:2009-10-19)
参考文献数
22
被引用文献数
7

3'- (7-Carboxyheptanoyl) -5-fluoro-2'-deoxyuridine (C6-FUdR) was conjugated to decylenediamine-dextran T70 (T70-C10) or poly-L-lysine (PLL) by using 1-ethyl-3- (3-dimethylaminopropyl) -carbodiimide hydrochloride (EDC). Drug release patterns from the conjugates between C6-FUdR and T70-C10 (T70-C10-C6-FUdR) or PLL (PLL-C6-FUdR) by enzymatic and nonenzymatic processes were investigated at neutral and weakly acidic pHs. Under the nonenzymatic conditions, 5-fluoro-2'-deoxyuridine (FUdR) was released slowly only at neutral pH. This property is similar to that of C6-FUdR. Gradual drug release was observed enzymatically from T70-C10-C6-FUdR at both pHs, while PLL-C6-FUdR did not show enzymatic drug release. However, after the treatment of PLL-C6-FUdR with trypsin, FUdR was released enzymatically from the products; in this case, the release rate of FUdR was faster at neutral pH than at the weakly acidic pH. However, the release of FUdR by enzymatic processing was much slower from these conjugates than from C6-FUdR.
著者
川口 健夫 鈴木 嘉樹 南部 直樹 永井 恒司
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.33, no.7, pp.2956-2961, 1985-07-25 (Released:2008-03-31)
参考文献数
13
被引用文献数
6

Five acidic 3', 5'-diesters of 5-fluoro-2'-deoxyuridine (FUdR) including 3-carboxypropionate, 4-carboxybutyrate, 5-carboxypentanoate, 6-carboxyhexanoate and 7-carboxyheptanoate were synthesized, and their susceptibility to porcine liver, rat liver homogenate, rat intestinal homogenate and rat plasma esterase preparations was studied. The susceptibility of the derivatives to porcine liver esterase preparation increased as the number of methylene groups in the ester promoiety increased in both acidic (pH 5.0) and neutral (pH 7.0) solutions. The derivatives showed about 100 times higher reactivity to the esterase at pH 5.0 than at pH 7.0. With the rat tissue homogenates and plasma preparations, the longer the ester chain the higher the susceptibility, except for 3', 5'-bis (3-carboxypropionyl) FUdR (I) with rat liver homogenate. Though the reactivity of I was the lowest with porcine liver esterase preparation and not measurable with rat intestinal homogenate and plasma, I showed the highest reactivity with the rat liver homogenate.
著者
熊本 吉一 小泉 博義 黒沢 輝司 山本 裕司 呉 吉煥 鈴木 章 松本 昭彦 近藤 治郎 清水 哲 梶原 博一
出版者
Japan Surgical Association
雑誌
日本臨床外科医学会雑誌 (ISSN:03869776)
巻号頁・発行日
vol.45, no.11, pp.1429-1434, 1984-11-25 (Released:2009-02-10)
参考文献数
10

急性腸間膜血管閉塞症は,絞扼性イレウスと共に腸管の血行障害をきたす代表的な疾患である.最近我々は塞栓摘除術のみで救命せしめた上腸間膜動脈塞栓症の1例を経験したが発症より手術による血流再開に至るまで3時間40分と短時間であったため腸切除を免れた.また横浜市立大学第1外科のイレウス症例中,術前に動脈血ガス分析をおこなった33例を検討したところ,腸切除を免れた.すなわち腸管が壊死に陥らなかった症例ではbase excessはすべて-2.8mEq/l以上であった.このことより絞扼性イレウスの手術適応決定の指標としてbase excess測定が有用であるとの結論を得たが,本来イレウスにおける手術適応の決定は遅くとも腸管の可逆的な血行障害の時点でなければならず,この点よりbase excessのみでの適応決定は慎重でなければならないと考えられた. これらの経験をもとに,腸管の血行障害における有用な補助診断法としての的確な指標を検討するために犬を用いて上腸間膜動脈を結紮する実験をおこなった.その結果,早期診断の一助として, total CPK, base excessが有用であるとの結論を得た.