著者
高松 みどり Takamatsu Midori タカマツ ミドリ
出版者
大阪大学大学院人間科学研究科教育学系
雑誌
大阪大学教育学年報 (ISSN:13419595)
巻号頁・発行日
no.7, pp.283-290, 2002

研究ノート修士論文では、ヘンティヒの学校理論における経験概念について思想的にアプローチした。その際明らかとなった彼の経験概念は、その学校実践にどういった影響を与えているのか。今後こういった問題を考えるにあたり、本稿では生徒の経験という行為にアプローチする方法について考える。ここで取り上げるのは、クライネスペルらによる現象学的方法、グステットナーらによる規律化論的方法、ヴルフらによる儀礼・パフォーマンス概念を中核に据えた方法である。その結果明らかとなったのは、クライネスペルらの方法も、グステットナーらの方法も、筆者の問題設定には適合しないが、おそらくヴルフらによる方法であれば適用可能であるということである。確かにヴルフらの方法はヘンティヒの「経験の余地」を閉め出しているようにも思えるが、決してそうではないと思われる。というのもヴルフの場合、生徒達が経験の中で新しい共同体を作り出すというダイナミックな儀礼概念が見られ、それはヘンティヒの経験概念にも通じると思われるのである。
著者
川崎 則子
出版者
岐阜市立女子短期大学
雑誌
岐阜市立女子短期大学研究紀要 (ISSN:09163174)
巻号頁・発行日
vol.55, pp.1-8, 2005

William Blake's Milton depicts the restoration of the lost unity of the ideal selfhood, or Human Form in Blake's terminology. The protagonist Milton tries to regain and redeem the lost wholeness of human integrity by his incarnation after realizing his failure in his former life upon hearing the bard's song which tells of Satan's failure at self-righteousness. Along his journey back to the phenomenal world, he encounters Urizen, who is the eternal phase of Satan. This paper discusses Milton, Plate19[21], lines 1-14, where Milton's strife with Urizen entails forming rather than destroying Urizen, who tries to assume false universality. The characteristics of this strife are endowed with concrete vividness by the images of foot, clay, marble, and biblical Jacob. These are contrasted by an equivalent pictorial design in Plate 16[18] which amplifies the metaphysical connotations of the boundary between the eternal and phenomenal worlds with the designs of sun, Mosaic Decalogue, and the colors: red, blue, and yellow.
著者
末柄 豊
出版者
吉川弘文館
雑誌
日本歴史 (ISSN:03869164)
巻号頁・発行日
no.582, pp.18-33, 1996-11
著者
水谷 惟紗久
雑誌
日本医史学雑誌 (ISSN:05493323)
巻号頁・発行日
vol.43, no.3, pp.140-141, 1997-09-10
著者
山口 智也 足立 憲保 加賀 智之 大桑 芳宏
雑誌
組込みシステムシンポジウム2012論文集
巻号頁・発行日
vol.2012, pp.188-196, 2012-10-10

近年、自動車制御システムに対する要求は益々高くなってきており、それを実現する制御ソフトウェアの大規模・複雑化が避けられない状況である。一方で、制御ソフトウェアの開発期間の短縮が望まれており、高い品質を維持しつつ、これに対応する為には、開発プロセスの効率化が必須である。筆者らはソフトウェア要求の検証にモデル検査を導入し、網羅的な検査を実施することで、開発プロセスを効率化することを目指している。本稿では、自動車制御ソフトウェア開発プロセスへのモデル検査の適用に向けて、検証ツール開発の取り組み、モデル検査の自動車制御ソフトウェアへの適用事例とツールによるモデル検査の実施時間の低減効果について述べる。
著者
大門 恭平 生野 公貴 瑞慶覧 朝樹 湯田 智久
出版者
公益社団法人 日本理学療法士協会
巻号頁・発行日
pp.Bb1421, 2012 (Released:2012-08-10)

【はじめに、目的】 脳卒中後の麻痺側足関節背屈筋に対する治療としてミラーセラピー(Mirror Therapy:MT)や神経筋電気刺激(Neuromuscular Electrical Stimulation:NMES)が実施され、それぞれ下肢・歩行機能を改善させると報告がある。加えて、MTは視覚錯覚、NMESは体性感覚などの感覚入力により感覚・運動関連領野を活性化させるとの報告もある。これらのことからMTやNMESは単独治療でも効果が期待できるが、MTの視覚錯覚にNMESによる体性感覚入力を付与することにより、さらに効果がある可能性がある。よって、本研究の目的は、MTとNMESの併用治療(MT+NMES)を実施し、臨床効果を予備的に検討することである。【方法】 対象は同意の得られた脳卒中患者5名である。症例1は発症後127日経過した60歳代の右片麻痺男性、症例2は発症後129日経過した70歳代の左片麻痺女性、症例3は発症後47日経過した70歳代の右片麻痺男性で下肢運動麻痺はBrunnstrom Recovery Stage(BRS)にて共にstage4であった。症例4は発症後291日経過した80歳代の左片麻痺男性、症例5は発症後130日経過した60歳代の右片麻痺女性でBRSは共にstage2であった。尚、MT+NMESによる視覚錯覚は症例5以外に認められた。介入は椅子座位で1日約240回の背屈運動を20分間、2週間実施した。鏡に映る非麻痺側下肢を注視させ麻痺側下肢へのNMESと同期して両側背屈運動を行った。NMESには低周波治療器Trio300(伊藤超短波社製)を用い、電極位置は麻痺側前脛骨筋、総緋骨神経とした。パラメーターは周波数50Hz、パルス幅300μsecの対称性二相性パルス波を使用した。刺激強度は疼痛が出現しない範囲で関節運動が起こる程度とし、刺激時間1.5秒、休息時間3秒とした。評価項目はFugl-Meyer Assessment下肢項目(FMA)、膝関節屈曲90°位の自動足関節背屈角度(AROM)、Modified Ashworth Scale足関節背屈(MAS)、裸足条件の10m最大歩行時間(MWT)、歩行動作観察、内省報告とした。評価は2週間の介入前後で実施した。【倫理的配慮、説明と同意】 本研究は当院施設長と主治医の許可を得た上で実施した。全ての対象者には本研究の主旨を十分に説明し、自書による同意が得られた後に治療介入を行った。【結果】 全症例でFMAは改善がみられ、平均17±8.8点から19.6±9.3点となった。AROMは平均3.2±7.2°から6.6±15.3°となった。MWTは平均47.6±36.5秒から35.5±23.9秒となった。FMAでは症例1-4は足関節項目、症例5は他の項目で改善を認めた。AROMは症例1-3で改善を認めた。MWTは症例3以外に改善を認めた。歩行動作観察では、症例1、2で麻痺側背屈による踵接地が見られ、症例4は麻痺側遊脚時、わずかな麻痺側背屈が見られた。症例3、5は麻痺側背屈に変化はなかった。MASは全症例変化がなかった。内省報告は全症例肯定的で副作用の報告はなく、受け入れは良好であった。【考察】 症例1-4はFMA足関節項目、症例1-3はAROMに改善を示し、症例1、2、4は歩行時に背屈が見られ、MWTに改善を示した。よって、症例5以外はMT+NMESが下肢機能改善に関与した可能性がある。症例5の改善度が低かった要因としては重度運動麻痺・感覚障害があり、随意的筋収縮が不可能なことや体性感覚入力低下による視覚錯覚入力の低下が関与している可能性がある。これらのことから、MT+NMESは、随意的に背屈筋の収縮が可能であり、MT+NMESにより視覚錯覚が引き起こされる対象者は効果が期待できる可能性がある。また、先行研究では、体性感覚入力を他者による背屈介助によって実施し、背屈角度の改善度が低かったと報告している。よって、MTに付与する体性感覚入力としてNMESを用いることで、より改善効果がみられる可能性がある。今後は症例数を増やし、MTやNMES単独治療との比較設定等により下肢へのMT+NMESの効果を検証していくとともに、治療適応についても調査していく必要がある。【理学療法学研究としての意義】 本研究は、小数例ながらMT+NMESの併用治療の介入効果について検討した初めての報告であり、下肢機能を改善させる可能性がある。また、NMESによる体性感覚入力はMTによる視覚錯覚を低下させることなく、併用することでより高い治療効果が得られる可能性がある。
著者
磐下 徹
出版者
関東学園大学
雑誌
関東学園大学紀要. Liberal arts (ISSN:09194355)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.12-38, 2013-03-31

In this article, I provide an overview of the shifting in the system of appointment as the local administrative official, referred to as gunji, and who was selected from regional powerful clans, during the ancient period of Japan. Along with many previous studies, this article discusses the system of appointment by focusing on both the presence of the group consisting of multiple regional powers referred to as gunjiso and the relation between the gunji and the emperor. From these perspectives, the transition of the degree of centralization of the power in the ancient state during the eighth and ninth centuries is revealed, and a view of the actual situation of centralization is obtained.
著者
Kengo Arai Kazuaki Yasunaga
出版者
Meteorological Society of Japan
雑誌
SOLA (ISSN:13496476)
巻号頁・発行日
pp.2019-016, (Released:2019-03-26)

This study examines dominant precipitation patterns during winter in the north-central region (Hokuriku District) of Japan, based on empirical orthogonal functions (EOFs) analysis. The pattern of the first leading component is similar to that of the mean precipitation, and the second leading component shows a dipole structure in which positive and negative regions are separated by the coast line. This dipole pattern across the coast line is robust regardless of data stratifications for the EOF calculation. Composites reveal that maritime and inland precipitation is relatively enhanced before and after the passage of a mid-level trough, respectively. In the former case, the temperature is higher and westerly or southwesterly wind prevails, while northwesterly wind dominates in the latter case. It is suggested that interactions between cold air over the land and warm air over the ocean are essentially important to the distinct precipitation patterns; offshore winds wedge the inland cold air under the maritime warm air, and intensifies the precipitation over the ocean. On the other hand, the northwesterly monsoonal flow pushes the maritime warm air onto the inland cold air, and more precipitation is brought about around the mountain range.
著者
亀山 宗彦 佐藤 孝紀 谷本 浩志 小川 浩史 角皆 潤 山下 洋平
出版者
北海道大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2015-04-01 (Released:2015-04-16)

本研究では海表面への落雷に伴う物質循環が起きる可能性を検証した。実際の海水、河川水、純水に純空気及びアルゴン雰囲気下で放電を行うことで実際の落雷を模擬した。本研究では特に窒素酸化物の生成がみられ、放電に伴い硝酸・亜硝酸塩及び亜酸化窒素が生成されていることがわかった。硝酸・亜硝酸は気相中での生成が知られており、本研究でも主な生成は気相中で起こっていたが、液相中でもその生成が起きていることがわかった。また、溶存態・粒子態有機物の生成・分解も確認された。
著者
千田 恭子 嶋田 愛
出版者
富山大学人間発達科学部
雑誌
富山大学人間発達科学部紀要 (ISSN:1881316X)
巻号頁・発行日
vol.3, no.1, pp.75-91, 2008-11

現在,わが国のクラシックの演奏会における西洋声楽曲のレパートリーは幅広い。その中でも,ドイツリートやイタリア歌曲,イタリアオペラに馴染みが深いように感じるが,ここに至るまでにわが国の西洋声楽曲のレパートリーはどのように変化してきたのだろうか。 本論では,明治以来のわが国の近代化と共に歩んできた西洋声楽曲のレパートリーの移り変わりについて明らかにする。方法としては主に,現在の東京藝術大学の前身,東京音楽学校で行われた各種コンサートの資料を用い,その中から独唱曲として演奏されている西洋声楽曲について調査する。また,時期としては日本人によって初めて西洋声楽曲が演奏された明治29年から東京藝術大学設立までの約55年間を,時代を追って扱うものとする。

1 1 1 1 OA 御重寶

著者
高島易斷所本部 編纂
出版者
神靈舘
巻号頁・発行日
vol.昭和6年, 1930
著者
脇 司 島野 智之 浅見 崇比呂
出版者
日本動物分類学会
雑誌
タクサ:日本動物分類学会誌 (ISSN:13422367)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.34-39, 2019-02-28 (Released:2019-03-23)
参考文献数
24

We report parasitic mites from six species of land snails, which are listed in Prefectural Red Lists and/or Red Data Books authorized by Ministry of the Environment Government of Japan and Prefectural Governments in Japan; Riccardoella reaumuri Fain and van Goethem, 1986 were found from Euhadra brandtii sapporo Ijima, 1891 in Hokkaido, Oxyloma hirasei Pilsbry, 1901 in Ibaraki, and Phaeohelix submandarina Pilsbry, 1890 in Kagoshima. Riccardoella tokyoensis Waki and Shimano, 2018 were sampled from Tauphaedusa tau Boettger, 1877 in Ibaraki, Megalophaedusa surugensis Kuroda, 1936 in Kanagawa, and Megalophaedusa yagurai Kuroda, 1936 in Tokyo. Extinction risks of the two mites should be low because they are found in land snails which are currently common and do not appear in any categories of Red List and Red Data Book.
著者
森 哲彦
出版者
名古屋市立大学
雑誌
人間文化研究 (ISSN:13480308)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.1-14, 2008-12-23

カントの哲学フレーズに「人は哲学を学ぶことはできない...ただ哲学することを学びうるのみである」(B866)とある。カントのいうこの「哲学を学ぶ」とは、知の認識偏重に対する諫めのことで「哲学すること」とは、哲学を通しての思考を求めていることである。カントも前批判期で苦闘して道を開いたように「哲学すること」は、哲学と哲学史の相互関係問題でもある。つまり「哲学すること」にとっては、誰かの根源的なものを問う哲学や人間社会の現実を思考する思想を手掛かりとして、歴史的に対話することが問題となる。従って「哲学の過去に立ち戻ることは、常に同時に哲学的自己省察と自己反省という行為でなければならない」といえよう。さて十八世紀後半のカントが課題とする理性、人間、人格、平和、啓蒙、多元主義をめぐる諸問題は、今日的課題とある種の類似関係がある、と思われる。そうだとするとこのような問題意識を自覚するために、本論では、カント批判哲学の理性哲学、実践哲学、美学、宗教哲学、そして人間学を解明るものである。なおカントは、今日に至るまでドイツや日本のみならず世界的にも、多くの市民により、高く評価されてきている。では人々を引き付けて止まないカントの偉大な精神とはなにか。まず第一は、批判の精神といえよう。カントの批判精神は、恣意的、独断的見解や懐疑的見解を退け、厳密な思考により、対象を全体的な関連から明晰に解明する。つまり批判とは「書物や体系の批判のことではなく、理性が全ての経験に依存せずに切望するべく全ての認識に関してのことであり、従って形而上学一般の可能性もしくは不可能性の決定、この学の源泉、範囲、限界を規定」(AXII)することにより、普遍的なものを求める精神である。第二は、人格尊重の精神である。カントによれば、理性的存在者としての人格は、相対的価値しかもたないものから区別され、目的自体として絶対的価値をもつとする。つまりカントは、人間尊厳の根拠のために、普遍的な道徳的法則を立て、理性自ら立法する自律的、理性的人格を確立する。その理性的人格は、良心の声、絶対的な道徳の声、道徳的義務の声を要請する。そしてこの道徳的義務の使命を発するところの人間を尊ぶカントの人格主義が、カントの名を不朽のものにしているのである。
著者
沖田 翔 尾崎 正志 上條 将吾 福井 裕晋
出版者
日本デジタル教科書学会
雑誌
日本デジタル教科書学会年次大会発表原稿集
巻号頁・発行日
vol.5, pp.101-102, 2016

<p>NPO法人伊能社中では、地域課題解決型学習「ふくちやまモデル」を開発・実践した。地域の担い手となる若い世代が、地域の魅力・課題を継続的に発見・共有・発信できる体制の構築を目指す本モデルを、京都府・福知山成美高校での実践報告と共に紹介したい。</p>