著者
孫 大輔 密山 要用 守本 陽一
出版者
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
雑誌
日本プライマリ・ケア連合学会誌 (ISSN:21852928)
巻号頁・発行日
vol.41, no.3, pp.136-139, 2018-09-20 (Released:2018-09-26)
参考文献数
5

地域志向性ケアの一つのあり方として「モバイル屋台de健康カフェ」プロジェクトを紹介する.家庭医・医学生である筆者らは,東京の「谷根千」地域と,兵庫県豊岡市でモバイル屋台による健康生成的なダイアローグを実践した.モバイル屋台は健康無関心層へのアプローチや多世代がつながる場として,「小規模多機能」な機能を発揮する可能性がある.
著者
岩淵 令治
雑誌
学習院史学 (ISSN:02861658)
巻号頁・発行日
no.54, pp.105-126, 2016-03-01

15 15 0 0 Music perception

出版者
University of California Press
巻号頁・発行日
1983
著者
Avril H. Underwood Ilka Straehler-Pohl Teresa J. Carrette Jessica Sleeman Jamie E. Seymour
出版者
The Plankton Society of Japan, The Japanese Association of Benthology
雑誌
Plankton and Benthos Research (ISSN:18808247)
巻号頁・発行日
vol.13, no.4, pp.143-153, 2018-11-21 (Released:2018-11-14)
参考文献数
71

This research presents the early life history stages of Malo maxima, a recently described tropical Australian cubozoan from the family Carukiidae, from sexual fertilisation to metamorphosis including planula, polyp, asexual reproductive strategies and young medusa. We discuss the similarities between M. maxima and two closely related carukiid species from Japan and Australia including morphology and behaviours previously undocumented in the class Cubozoa. All three carukiids can reproduce by mono-disk strobilation, a strategy common to all other orders of the class Scyphozoa but only recently described in Cubozoa.
著者
Shamima Akter Tohru Nakagawa Toru Honda Shuichiro Yamamoto Keisuke Kuwahara Hiroko Okazaki Huanhuan Hu Teppei Imai Akiko Nishihara Toshiaki Miyamoto Naoko Sasaki Takayuki Ogasawara Akihiko Uehara Makoto Yamamoto Taizo Murakami Makiko Shimizu Masafumi Eguchi Takeshi Kochi Ai Hori Satsue Nagahama Kentaro Tomita Maki Konishi Ikuko Kashino Akiko Nanri Isamu Kabe Tetsuya Mizoue Naoki Kunugita Seitaro Dohi for the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study Group
出版者
The Japanese Circulation Society
雑誌
Circulation Journal (ISSN:13469843)
巻号頁・発行日
vol.82, no.12, pp.3005-3012, 2018-11-24 (Released:2018-11-24)
参考文献数
28
被引用文献数
1

Background: The effect of smoking on mortality in working-age adults remains unclear. Accordingly, we compared the effects of cigarette smoking and smoking cessation on total and cause-specific mortality in a Japanese working population. Methods and Results: This study included 79,114 Japanese workers aged 20–85 years who participated in the Japan Epidemiology Collaboration on Occupational Health Study. Deaths and causes of death were identified from death certificates, sick leave documents, family confirmation, and other sources. Hazard ratios (HRs) and 95% confidence intervals (CIs) were estimated via Cox proportional hazards regression. During a maximum 6-year follow-up, there were 252 deaths in total. Multivariable-adjusted HRs (95% CIs) for total mortality, cardiovascular disease (CVD) mortality, and tobacco-related cancer mortality were 1.49 (1.10–2.01), 1.79 (0.99–3.24), and 1.80 (1.02–3.19), respectively, in current vs. never smokers. Among current smokers, the risks of total, tobacco-related cancer, and CVD mortality increased with increasing cigarette consumption (Ptrend<0.05 for all). Compared with never smokers, former smokers who quit <5 and ≥5 years before baseline had HRs (95% CIs) for total mortality of 1.80 (1.00–3.25) and 1.02 (0.57–1.82), respectively. Conclusions: In this cohort of workers, cigarette smoking was associated with increased risk of death from all and specific causes (including CVD and tobacco-related cancer), although these risks diminished 5 years after smoking cessation.
著者
殷 志強
出版者
新潟大学
巻号頁・発行日
2012

第六章では、関東軍の主宰により作られた大奉天都市計画の実行や満洲国期における瀋陽の社会変容を取り上げる。とくにその時期の奉天市政発展の成果や問題を総括的に考察した。まず奉天の特別市制問題や治外法権の撤廃問題など奉天市の発展に関する重要な問題を考察し、日本と満洲国側の微妙な相違点を明らかにした。満洲国の成立により、奉天市の発展は日本の意志に従属せざるを得なかったが、傀儡の立場にいた閻市長を中心とする一部の満洲国官吏は一定の自主権を求め、日本と協力しながら奉天の発展をはかろうとした。そのような傀儡政権の中に一定程度の自立を求めることは満洲国期の奉天都市発展のもう一つの重要な特徴である。また、満洲国期における大奉天都市計画の施行の実態を考察し、道路の敷設、奉天市内交通の整備、水道の進展の状況を検討した。これらの考察を通してさらに奉天の社会変容を明らかにした。第七章では、これまでほとんど利用されていなかった『日本関東憲兵隊報告集』といった資料を分析しながら、民衆の日常生活の角度から都市の発展を検討する。満洲国期における奉天民衆の生活状況がどのように変化したかを考察し、とりわけ関東憲兵隊が押収した通信に隠された日中戦争期における奉天市民生活の実態を解明した。戦争の拡大により、多くの物資が日本に徴収され、奉天ではますます物資不足の状況が深刻化した。米や小麦粉の配給はなくなるのみならず、高粱、粟など代用食糧の配給も徐々に少なくなった。市民はやむを得ず闇市場の高価な食糧に依存した。しかも、餓死を待つという最悪の状況に陥った市民も数少なく存在した。市民の困窮した生活と異なり、一部の日本軍人は贅沢な生活をしていたことも資料から読みとれる。とにかく、本論文は近代奉天市の都市発展と市民生活を三つの段階に分けて、それぞれの時期の特徴を明らかにしつつ、日露戦争から終戦までの奉天市の発展図を描いた。
著者
篠原 慶邦
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌 (ISSN:00047120)
巻号頁・発行日
vol.28, no.8, pp.695-700, 1986-08-30 (Released:2009-07-09)
参考文献数
11

ソ連独特のチャンネル型ウラン黒鉛炉RBMK-1000は,減速材の黒鉛ブロック,圧力管型の約1,700本の燃料チャンネル,約180本の制御棒チャンネル等で炉心が構成され,冷却材は沸騰軽水である。炉心が大型で,反応度の気泡係数や減速材温度係数が正となるため,出力分布制御等の問題が重要である。燃料は原子炉運転中に交換できる。本稿では,この型の原子炉の開発の流れ,主要構造,制御安全保護系および工学的安全系の概要について述べる。
著者
Yusuke Hibino
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.219-223, 2018-11-25 (Released:2018-11-25)
参考文献数
5

A new finless ophichthid eel, Apterichtus soyoae, is described based on a single specimen collected from off Tori-shima island, Zunan Islands of Izu Islands, southern Japan. The new species is similar to A. moseri and A. klazingai in its numbers of supratemporal pores, preopercular pores, and vertebrae. The new species differs from A. moseri in having more supraorbital pores (1+6 vs. 1+4), the number of branchings of the supraorbital canal (1 vs. 0), shape of the snout (distinctly pointed vs. relatively blunt), eye size (50% of snout length vs. 35–45%; 8.8% of head length vs. 6.3–8.0%), and the number of vomerine teeth (1 vs. 2–5). Apterichtus soyoae can also be distinguished from A. klazingai by the number of branchings of the supraorbital canal (1 vs. 2), the number of infraorbital pores (7 vs. 9), and the location of the lower jaw tip (anterior to a vertical through anterior margin of eye vs. posterior to the vertical). The number of supraorbital pores and branchings of the canal are discussed.
著者
大西 健美
出版者
新潟県水産海洋研究所
巻号頁・発行日
no.2, pp.15-20, 2009 (Released:2012-12-06)

新潟県沿岸域におけるアカムツの年齢と成長及び成熟と産卵期の関係を明らかにすることを目的とした。(1)緑辺成長率の経月変化から,輪紋は年一回,少なくとも12月以降7月までの間に形成されると考えられた。(2)鱗による年齢査定の結果雌雄別にBertalanffyの成長式を得た。雄;L1=38.6×(1-e-0.179(t+0.337))雌:L1=46.4×(1-e-0.153(t+0.543))(3)GSIの変化及び雌の卵巣の組織切片の観察から,本種の新潟県沿岸域における主産卵期は9月と推定された。雌が再生産に寄与するのは3齢以上であると考えられる。(4)輪紋形成時期と産卵期にずれが見られるため,満年齢時の体長にすると雄で,L1=9.1cm, L2=14.0cm, L3=18.0cm, L4=21.4cm, 雌でL1=10.7cm, L2=15.8cm, L3=20.1cm, L4=23.8cm, L5=27.0cm, L6=29.8cm, L7=32.1cm, L8=34.2cmとなった。(5)実測値から見られる1,2齢の満年齢時のモードは満年齢時の計算体長よりも小さく(L1=約8cm, L2=約13cm),鱗による査定による結果は,第1輪で反Lee現象が見られたことや小型個体サンプルの不足から若齢魚の体長を過大評価している可能性が考えられる。
著者
Seiki TAKATSUKI Shingo MIURA Kazuo SUZUKI Kaori ITO-SAKAMOTO
出版者
The Mammal Society of Japan
雑誌
Journal of the Mammalogical Society of Japan (ISSN:09141855)
巻号頁・発行日
vol.15, no.2, pp.91-98, 1991 (Released:2010-08-25)
参考文献数
21
被引用文献数
1

A mass mortality of sika deer (Cervus nippon) population occurred on Kinkazan Island in northern Japan in the spring of 1984, which followed an unusual cold winter. We collected a sample of 240 deer skulls. All deer were aged and sexed except some fawns. The sex ratio of >1 year old deer was 50: 50, but was skewed toward males compared with the sex ratio obtained in the population census in 1983. The oldest age at death was 12.5 years for males and 15.5 years for females. The frequency was low for young age classes. A relative cumulative frequency curve was constructed to examine the age-specific mortality pattern. The curves of both sexes suggested that mortality was relatively high for fawns and low for adult and prime-aged animals, and that mortality was higher and life span was shorter for males than for females.