著者
宮城 道雄[作曲]
出版者
ビクター
巻号頁・発行日
1943-05
著者
宮城 道雄[作曲]
出版者
ビクター
巻号頁・発行日
1943-05
著者
山内 麻理
出版者
日本労務学会
雑誌
日本労務学会誌 (ISSN:18813828)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.37-55, 2016-12-01 (Released:2018-04-05)
参考文献数
40

Dual system of vocational education and training in Germany has been undergoing periodic revisions to meet new requirements in a changing environment and it still maintains a pivotal position in German labor market. However, those reforms to reflect the changes in technology and industry structure have caused dualization and diversification of training occupations, resulting in the co-existence of those requiring more abstract knowledge and theories and those primarily requiring OJT. In the former, dual system now competes with higher education such as universities in order to secure highly capable young people. Low birth rate and globalization of education and labor markets have also increased the interest of German youth in higher education. To cope with this situation, German firms have invented new training options in order to attract highly capable youth, who have graduated from gymnasium with very good scores. For example, dual study program (DSP) is a hybrid system which offers apprentices opportunities of participation in firmbased OJT and higher education at the same time, while receiving training allowances. Since both initial vocational qualification and bachelor degree can be obtained on fast track, DSP is rapidly gaining popularity. More training options are now available for highly capable German youth, while it is becoming more difficult for graduate from hauptschule, a major supplier of apprentices in the past, to receive training positions that lead to good income. In addition, active updating and sophistication of existing occupations have been accompanied by a side effect of crowding out small companies from dual system due to increased costs. Similarly, DSPs are offered almost exclusively by large firms. Thus, within German vocational education and training, disparities among firms as well as among apprentices are now becoming more salient. When we look at another important institution of collective bargaining, coverage ratio of industry based agreements have now substantially fallen. Segmentalization or dualization of collective bargaining and vocational education and training are observed simultaneously.
著者
福田 博美
雑誌
文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要 (ISSN:24325848)
巻号頁・発行日
vol.49, pp.9-16, 2018-01-31

近世初期、男女共に対丈であった小袖は、男物が対丈のままであったのに対し、女物の丈は長くなった。そのために女物では着丈より長い分を腰のあたりで引き揚げ、腰紐で締めて丁度良い丈に調整する「おはしょり」が形成された。その過程に関して日本服装史では言及されていない。そのため、本稿で画像・文献資料より辿ることを目的とした。また、和服裁縫書から用語の初出にも着目した。その結果、江戸時代、室内で裾が引摺られた小袖は、外出の際、たくし上げたり、褄を取って着装された。しかし、片手が塞がる不便さから、「抱帯」「しごき帯」と称された細紐で前身頃をはしょった。明治時代、着付けの段階で「腰帯」と「下締」が締められ、「おはしょり」と称される着装法が完成した。その姿は「腹の辺にカンガルーといふ獣の如く、無益の袋を作るは真に抱腹なり」と揶揄され、大きな袋状の「おはしょり姿」は不評であったが、昭和時代に入り、体形に合わせた着付けが進み、「おはしょり」はその利便性に加えて着装美が求められた中で定着化した。また、和服裁縫書では1957 年に「お端折」の用語が明らかとなったが、1900 年刊「流行」の「ハシヨル」の言葉が初出と捉える。

24 24 0 0 OA 新刀押象集

著者
加島勲, 内田疎天 著
出版者
大阪刀剣会
巻号頁・発行日
vol.上巻, 1935
著者
青山 雅史
出版者
日本地球惑星科学連合
雑誌
日本地球惑星科学連合2018年大会
巻号頁・発行日
2018-03-14

1.はじめに 鬼怒川・小貝川低地の茨城県常総市若宮戸地区における2015年関東・東北豪雨による溢水発生地点周辺では,1960年代以降に砂の採掘や太陽光発電ソーラーパネル設置のため河畔砂丘が大規模に削剥され,無堤区間において堤防の役割を果たしていた河畔砂丘の縮小が進行したことに伴い洪水に対する脆弱性が高まっていったことが確認された.本発表では,本地域における高度経済成長期の砂採取や最近(2014年以降)のソーラーパネル設置のための造成などによる河畔砂丘の人為的地形改変過程とこの地区の溢水発生地点との関係を示す.2.調査方法 2015年関東・東北豪雨による溢水発生地点の一つである鬼怒川・小貝川低地の茨城県常総市若宮戸地区鬼怒川左岸の河畔砂丘における1947年以降の人為的地形変化(特に河畔砂丘の平面分布と面積の変化)と土地利用変化について,多時期の米軍・国土地理院撮影空中写真の判読,それらの空中写真や旧版地形図等を用いたGIS解析,集落内の石碑に関する調査,住民への聞き取り調査などから検討した.3.調査結果 1947年時点における若宮戸地区の河畔砂丘は,南北方向の長さが2,000m弱,東西方向の最大幅は400m弱,面積42haであり,3~4列の明瞭なリッジを有していた.その後,この河畔砂丘は人為的土地改変によって次第に縮小していった.1960年代中期から1970年代前半にかけて砂の採取のために削剥され,この時期に面積が大きく減少し,明瞭なリッジ(高まり)が1列のみとなり幅が著しく減少した(細くなった)箇所が生じた.若宮戸集落内には,元来河畔砂丘上にあった石碑や石塔が砂採取工事のため1968年に移築されたことを記した碑が存在する.2014年以降は,ソーラーパネル設置のため,河畔砂丘の人為的削剥が行われた.これらの結果,洪水発生直後の2015年9月末時点の河畔砂丘の面積は,1947年時点の河畔砂丘面積の約31%と大幅に縮小していた.2014年頃からソーラーパネル設置のため河畔砂丘北半部の一部が削られて河畔砂丘が消失した区間が生じた.この区間には,応急対策として大型土のうが設置されていた.2015年関東・東北豪雨におけるこの地区での溢水は,河畔砂丘が人為的に削られて洪水に対して著しく脆弱化していた2箇所において発生した.2015年段階の河畔砂丘の面積は13haであり,1947年から2015年にかけて1/3弱に減少していた.
著者
山田 忠雄
出版者
慶應義塾大学
雑誌
史学 (ISSN:03869334)
巻号頁・発行日
vol.43, no.1, pp.241-257, 1970-05

今宮新先生古稀記念

25 25 0 0 文學界

出版者
文藝春秋
巻号頁・発行日
vol.52, no.9, 1998-09
著者
YOUSUKE KAIFU IWAN KURNIAWAN DAISUKE KUBO ERICK SUDIYABUDI GUNAWAN PONTJO PUTRO ENDANG PRASANTI FACHROEL AZIZ HISAO BABA
出版者
The Anthropological Society of Nippon
雑誌
Anthropological Science (ISSN:09187960)
巻号頁・発行日
vol.123, no.3, pp.161-176, 2015 (Released:2015-12-19)
参考文献数
62
被引用文献数
3 3

Ngawi 1 is an undated but well-preserved Homo erectus calvaria from Java. Previous craniometric and morphological studies have shown its similarities to late Javanese H. erectus from Ngandong as well as Sambungmacan (Sm 1 [and Sm 3]). Some researchers emphasize their morphological homogeneity, and suggest that this ‘Ngandong/Sambungmacan/Ngawi group’ is morphologically distinct from H. erectus from the Early Pleistocene of Sangiran and Trinil, possibly at a species-level. In this study, we reinvestigated Ngawi 1 based on the newly cleaned original specimen and using micro-computed tomography with the aim of testing if such morphological discontinuity really exists within the Javanese fossil record. We metrically and non-metrically examined 33 cranial characters that are useful to distinguish earlier and later Javanese H. erectus. We also evaluated the morphology of the three Sambungmacan crania (Sm 1, 3, and 4) in the same way. The results of these and multivariate analyses support previous studies that Ngawi 1 exhibits many characteristic features of Ngandong H. erectus. However, Ngawi 1 is more or less similar to earlier Javanese H. erectus in smaller cranial size, a weak but distinct supraglabellar depression, a relatively short temporal bone, limited posterior projection of the middle part of the occipital torus, a shallower and ‘roofed’ mandibular fossa, and a smaller mastoid process. The three Sambungmacan crania also show general affinities to Ngandong, but are similar to earlier Javanese H. erectus in a few or more characters. Such slightly shifted character distribution is at least consistent with the hypothesis of continuous evolution of H. erectus through the Pleistocene of Java. This minor but potentially meaningful pattern of morphological variation should not be overlooked when a morphological group is defined for the specimens from Ngandong, Sambungmacan, and Ngawi. We also determined the endocranial volume of Ngawi 1 to be 959 cm3.
著者
Toshitaka Gamo Harue Masuda Toshiro Yamanaka Kei Okamura Junichiro Ishibashi Eiichiro Nakayama Hajime Obata Kiminori Shitashima Yoshiro Nishio Hiroshi Hasumoto Masaharu Watanabe Kyohiko Mitsuzawa Nobukazu Seama Urumu Tsunogai Fumitaka Kouzuma Yuji Sano
出版者
GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
雑誌
GEOCHEMICAL JOURNAL (ISSN:00167002)
巻号頁・発行日
vol.38, no.6, pp.527-534, 2004-12-20 (Released:2008-04-08)
参考文献数
31
被引用文献数
12 19

This paper reports a series of studies leading to the discovery of a submarine hydrothermal field (called Nakayama Field) at an arc seamount (12°43′N, 143°32′E) in the southernmost part of the Mariana Trough, western Pacific Ocean. We first detected hydrothermal plumes characterized by water column anomalies of temperature, light transmission, Mn, Fe, Al, O2, CH4, and δ13C of CH4 above the summit caldera of the seamount. Then deep-tow camera surveys confirmed the existence of hydrothermal activity inside the caldera, and an ROV dive finally discovered white smoker-type fluid venting associated with vent fauna. A high concentration of aluminum in the plume and white smoker-type emissions imply acidic hydrothermal activity similar to that observed at the DESMOS Caldera in the eastern Manus Basin, Papua New Guinea. Anomalously low δ13C (CH4) of −38‰ of a vent fluid sample compared to other arc hydrothermal systems along the Izu-Bonin and Mariana Arcs suggests an incorporation of biogenic methane based on a subsurface microbial ecosystem.
著者
大谷 道輝 松元 美香 山村 喜一 内野 克喜 江藤 隆史
出版者
公益社団法人 日本皮膚科学会
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.121, no.11, pp.2257-2264, 2011-10-20 (Released:2014-11-13)
被引用文献数
2

副腎皮質ステロイド外用薬4種類の先発医薬品に対する後発医薬品の同等性を簡便に評価することを目的として,基剤に溶けている主薬の濃度とin vitroでの皮膚透過性を指標にして検討した.基剤に溶けている主薬の濃度は先発医薬品と後発医薬品で大きく異なっていた.ヘアレスラットによるin vitroでの皮膚透過性は先発医薬品が後発医薬品に対し,有意に優れていた.基剤に溶けている主薬の濃度とin vitroでの皮膚透過性の関係は,基剤の組成が類似している場合にのみ,良い対応関係が認められた.実験結果から,副腎皮質ステロイド外用薬では先発医薬品と後発医薬品の間に製剤学的特性に大きな差が認められた.これらのことから臨床では先発医薬品から後発医薬品への切り替えには患者の経過観察が不可欠であることが示唆された.
著者
鹿児島 崇 山﨑 善隆 坂口 幸治 久保 惠嗣 杉山 広 齊藤 博
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.103, no.4, pp.975-977, 2014-04-10 (Released:2015-04-10)
参考文献数
6

ウェステルマン肺吸虫はモクズガニやサワガニを生食することでヒトに感染する.今回,姉妹の感染例を経験した.両名ともプラジカンテルの投与で軽快した.国内で販売されている淡水産のカニの肺吸虫感染率は決して低くなく,加熱なしで淡水産カニを喫食する際には十分な注意が必要と考えられる.また本例はいずれも外国人であり外国人診療においては食習慣の違いによる感染症にも留意する必要があると考えられた.

175 175 0 0 OA 公方様の話

著者
三田村鳶魚 著
出版者
雄山閣
巻号頁・発行日
1924
著者
根津 一嘉
出版者
公益社団法人 計測自動制御学会
雑誌
計測と制御 (ISSN:04534662)
巻号頁・発行日
vol.56, no.2, pp.111-116, 2017-02-10 (Released:2017-02-21)
参考文献数
13
著者
三中 信宏
出版者
日本計量生物学会
雑誌
計量生物学 (ISSN:09184430)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.117-125, 2018-03-01 (Released:2018-05-18)
参考文献数
21

The recent controversy over the use and abuse of p-values in statistical data analysis sheds a light on the epistemological diversity of scientific researches and the nature of science. Since the nineteenth century theoretical statisticians including Karl Pearson, Ronald A. Fisher, Jerzy Neyman, and Egon S.Pearson constructed the mathematical basis of modern statistics, for example, experimental design, sampling distributions, or hypothesis testing, etc. However, statistical reasoning as empirical inference is not necessarily limited to the Neyman-Pearson’s decision-making paradigm. Any kind of non-deductive inference—for example, abduction—also uses statistics as an exploratory tool for relative ranking among alternative hypotheses and models. We must understand not only the proper use of statistical methods and procedures but also the nature of each science to which statistics is applied.