著者
高橋 理喜男
出版者
社団法人 日本造園学会
雑誌
造園雑誌 (ISSN:03877248)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.10-17,21, 1963-01-30 (Released:2011-07-19)
被引用文献数
1 1

The 5th Industrial Exhibition of Japan was held in Osaka city in 1903. The City Government, that was obliged to prepare a large site for the Exhibiton, acquired an of about 30 ha. at a great cost, partly by means of compulsive purchase-the application of Land Expropriation Law-on condition that a large city park should be established there after its closing. That is the origin of Tennoji Park of today. Of course all the site was not used for a park area. It was decided to rent its western part (some 10 ha.) in 1911, in order to have the financial basis indispensable to maintenance and management of established parks.The area let out on lease was generally called “Sakugaichi”i. e. “the Outside Area of Tennoji Park” for the reason of being separated with a fence from the inside area-the actual park area. Soon thereafter Sakugaichi and its vicinities were developed as a kind of amusement centre, and became famous by the name of “Shinsekai”, literally “New World”.At the ending of Taisho era was completed the first and most ambitious Park Planning Scheme, which was involved in the 2nd Town Planning of Osaka a few years later. So the Government tried to sell the rented area to tenants in 1937, for getting a financial source available for execution of proposed parks and playgrounds. Their opposition against disposal, however, was so violent that the accumulation of the park constrution fund got deadlocked.In the meantime the fund problem was fortunate enough to be solved in the form of adding a item of “Park Working” to “Working Expenses for Town Plahning, Special Account”. Because, by all means, the Government had to promote the park planning in memory of the year 2600 of Imperial era, that had been agreed in the Osaka City Council. Consequently the leased area still remains unsettled in the middst of Osaka City. It is very regrettable, for the above mentioned policy has already finished its historical role, which might have been inevitable and important before.
著者
塩田 昌弘
出版者
名古屋大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2010-04-01 (Released:2010-08-23)

フランスのレンヌ大学のFichouと共同研究を行い、2つの問題を解決した。1つは、解析的関数の芽の分類に関するある特異点理論の未解決問題。2つめは、 Milnor fiberに関する問題。1つの論文を発表し、1つの結果を書いている。またイギリスのマンチェスター大学Tressleと共同研究をし、1つの問題を解決した。問題はArtinの近似定理の位相的証明で、良く知られた予想問題である。その結果は今書いている。そのほか、兵庫教育大学の小池敏司氏と埼玉大学の福井敏純氏と特異点理論の共同研究をして、1つの論文を発表し、1つの結果を書いている。
著者
増岡 彰 柴田 大樹
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01 (Released:2014-04-04)

代数群はスーパー代数群に一般化される。この一般化が重要なのは、標数零の代数閉体上、リジッドなアーベル対称テンソル圏が必ずスーパー代数群の表現圏として実現される(Deligne)からである。この研究の目的は、ホップ代数の方法を用いてスーパー代数群の研究を行なうことである。可換環上のスーパー代数群とハリッシュ-チャンドラ対の間の圏同値を証明した。応用として、シュヴァレー・スーパー群を、有理整数環上再構成した。体上のスーパー代数群に関して、(i) 可解性、(ii) ベキ零性等の性質を研究した。結果を応用して、研究代表者と天野が与えた一般化ピカール・ヴェシオ理論を、スーパー化できると期待している。
著者
石井 卓
出版者
成蹊大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

多変数非正則保型形式のフーリエ展開を記述するために、実半単純リー群上の球関数の研究を様々な場合に行った。これら球関数は偏微分方程式系によって特徴付けられる。表現論的手法によりその方程式系を導出することから始め、保型形式への応用に耐えうる形でその解の積分表示を求めた。さらに、保型L関数への応用として、これら球関数の積分変換である、ゼータ積分の無限素点における計算を実行し、L関数の関数等式、正則性という大域的な結果を得た。
著者
劉 雪琴 金 明哲
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.245-260, 2017-09-28 (Released:2017-11-24)
参考文献数
27

近年,テキストから抽出する文体的特徴の変化から筆者の感情や思想,精神状態などの変化を検討する研究が進んでいる.本稿では,脳の大患を経験した宇野浩二という作家の文体変化の時期を計量的アプローチにより分析することを目的とする.宇野浩二は日本の有名な作家であり,1927年に精神病にかかり,約6年間執筆活動を停止していた.1933年に文壇に復帰した宇野浩二の作風は著しく変化したと言われている.しかし,入院する前に発表された「日曜日」は,病後の作品と類似した特徴を示し,宇野浩二の文体は病気休養以前に既に変化し始めていた可能性が示唆されている.本稿では,宇野浩二が入院する直前に発表された作品を分析対象とし,判別分析法を用いて分析を行った.その結果,宇野浩二の文体は入院する前から既に変化し始めていたことがわかった.
著者
縵沢 奈穂美 高久 雅生
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.161-174, 2017-05-27 (Released:2017-07-21)
参考文献数
25

本研究の目的は「書籍の種類・読む目的が変わると,着目する項目が変化する」かどうかを明らかにすることである.オンライン調査により,同じタイトルの書籍の電子書籍と紙の書籍を示し,どちらを選択するかを尋ねた.課題ごとに「書籍の種類」,「あとがきの有無」などの提示情報を変化させ,どの情報を重視しているのかを調べた.小説を取り扱った課題では紙の書籍を選択した人数が多く,実用書では電子書籍を選択する人数が多いという結果が得られた.また,読む目的を変更すると,項目の重要度の値が変化していた.特定の書籍の種類や読書の目的を設定した場合,「書籍の種類・読む目的が変わると,着目する項目が変化する」可能性があるのではないかと考えられる.
著者
Masami Ikeda Minoru Sugihara Makiko Suwa
出版者
The Biophysical Society of Japan
雑誌
Biophysics and Physicobiology (ISSN:21894779)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.104-110, 2018 (Released:2018-04-27)
参考文献数
28
被引用文献数
1

We report the development of the SEVENS database, which contains information on G-protein coupled receptor (GPCR) genes that are identified with high confidence levels (A, B, C, and D) from various eukaryotic genomes, by using a pipeline comprising bioinformatics softwares, including a gene finder, a sequence alignment tool, a motif and domain assignment tool, and a transmembrane helix predictor.SEVENS compiles detailed information on GPCR genes, such as chromosomal mapping position, phylogenetic tree, sequence similarity to known genes, and protein function described by motif/domain and transmembrane helices. They are presented in a user-friendly interface. Because of the comprehensive gene findings from genomes, SEVENS contains a larger data set than that of previous databases and enables the performance of a genome-scale overview of all the GPCR genes. We surveyed the complete genomes of 68 eukaryotes, and found that there were between 6 and 3,470 GPCR genes for each genome (Level A data). Within these genes, the number of receptors for various molecules, including biological amines, peptides, and lipids, were conserved in mammals, birds, and fishes, whereas the numbers of odorant receptors and pheromone receptors were highly diverse in mammals. SEVENS is freely available at http://sevens.cbrc.jp or http://sevens.chem.aoyama.ac.jp.
著者
苗村 弘太郎
出版者
京都大学文学部科学哲学科学史研究室
雑誌
科学哲学科学史研究 (ISSN:18839177)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.21-42, 2018-03-31

Circumstantial (indirect) evidence is supposed to be unreliable in historical research. Historians, however, sometimes succeed in establishing a fact based on circumstantial evidence. The reason why circumstantial evidence can achieve it despite its infamous reputation is a question left to be answered. I will give an answer to this question by arguing that credibility of inference in historical research does not depend on whether it is based on circumstantial evidence but on whether its hypothesis is a good explanation in terms of IBE (inference to the best explanation). McCullagh(1984) argues that there are seven explanatory virtues that concern IBE in historical research: some explanation to evidence, explanatory scope, explanatory power, plausibility, ad-hocness, disconfirmation, relative superiority. This criteria can help us understand historical inference based on circumstantial evidence, but it has some problems. Therefore, I will try to modify his criteria in terms of Bayesiansim. I will argue three points. First, plausibility should be interpreted as prior probability in terms of Bayesianism. Second, ad-hocness should be turned into a virtue reflecting degree of unification. Third, how much weight is put on each of explanatory virtues depends on individual historian's judgement. I will demonstrate these points by a case study.
著者
前田 博 進士 五十八 Hiroshi MAEDA SHINJI Isoya 東京農業大学大学院農学研究科環境共生学専攻 東京農業大学地域環境科学部造園科学科 Specialize of Environment Symbiosis Department of Agriculture Tokyo University of Agriculture Department of Landscape Architecture Science Faculty of Regional Environment Science Tokyo University of Agriculture
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, pp.274-282,

平成15年の地方自治法の改正によって公の施設に関して「指定管理者制度」が導入されることとなり,地方公共団体の所有する各種の施設と並んで都市公園もその対象となった。導入時のいきさつから招かれざるものとして公園管理者に受け止められた制度であるが,施行から2年を経過した現在比較的好印象で迎えられているように感じられる。そこで,都市公園管理史の観点から「指定管理者制度」の導入が都市公園の管理行政にどのような意味を持つかを検証した。考察の結果,「指定管理者制度」の導入は太政官布達第16号以来の都市公園管理史における転換期の特徴である外圧性と偶然性を持ち,近年の都市公園管理行政の閉塞感を打破する可能性,むしろ将来的に市民利用本位の公園管理のあり方を示唆する主要方策のひとつであることがわかった。具体的には ○1公園管理を再点検 ○2正確な数量把握による予算確保 ○3評価のための利用者意向把握等の動きが見られ,財政悪化時代を迎え危機的状況にあった公園管理行政の転換点となった。
著者
Khem Raj Joshi Hari Prasad Devkota Takashi Watanabe Shoji Yahara
出版者
The Pharmaceutical Society of Japan
雑誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin (ISSN:00092363)
巻号頁・発行日
vol.62, no.2, pp.191-195, 2014-02-01 (Released:2014-02-01)
参考文献数
24
被引用文献数
3 4

Three new glycosides: thotneoside A (quercetin 3-O-(6″-O-phenylacetyl)-β-D-galactopyranoside) (1), thotneoside B (quercetin 3-O-(6″-O-phenylacetyl)-β-D-glucopyranoside) (2) and thotneoside C (3-methyl-2-butenoic acid 1-O-β-D-glucopyranoside) (3), together with nine known compounds; quercetin (4), quercetin 3-O-β-D-galactopyranoside (5), quercetin 3-O-(6″-O-galloyl)-β-D-galactopyranoside (6), quercetin 3-O-β-D-galacturonopyranoside (7), quercetin 3-O-β-D-glucuronopyranoside (8), quercetin 3-O-α-L-rhamnopyranoside (9), rutin (10), quercetin 3-O-α-L-arabinopyranoside (11) and 2,4,6-trihydroxyacetophenone 2-O-β-D-glucopyranoside (12) have been isolated from the shade dried leaves of Aconogonon molle, commonly known as “Thotne″ in Nepal. The structures were elucidated on the basis of chemical and spectroscopic methods. All of these compounds were isolated for the first time from A. molle and their in vitro antioxidant activity was evaluated by 1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl (DPPH) free radical scavenging assay. Quercetin (4) and its glycosides (1–2, 5–11) showed potent free radical scavenging activity.
著者
水内 俊雄
出版者
経済地理学会
雑誌
経済地理学年報 (ISSN:00045683)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.1-19, 1994-03-31 (Released:2017-05-19)
被引用文献数
4

空間への言及は近年隣接諸科学において著しいものがある. 中でも都市史研究は, 都市論, 江戸・東京論と接合して, 多くの研究蓄積をみる. 本稿では特に, 明治期以降の近代都市空間形成を分析対象にした都市史研究にいかなる蓄積があるかを概観した. 中でも地理学の研究視角に符合し, それでいながら, 地理学が不問にしてきたいくつかの問題群について, 空間構築論, 空間を創出する思想, 計画的意図, それらを背景から支える政治的・社会的コンテキストを踏まえた立場からの研究整理を行なった. 明治期においては, 東京の市区改正事業を除いて, 都市の経済基盤を支える成長部門への投下が市営事業の成立につながり, 加えてイベントを利用した街路整備事業が主流をなしたこと, 大正中期の本格的都市政策の登場の背景として, 都市イデオローグの存在の重要性を指摘し, その制度自体が社会政策・住宅政策と混合し, なおかつ都市計画も包含されるような, まさしく都市社会政策が, 新たな都市空間の創出をになったこと, 震災復興事業などで実際の事業が大々的に進行してゆく中で, 区画整理事業などが全国的に一般化したこと, 戦時体制では, 規格化・標準化の流れの中で, 都市計画, 住宅政策の質的転換がみられ, 社会政策的色合いが薄くなり, その画期をなす事業がニュータウンづくりの原初形態としての新興工業都市計画事業であったことなどを指摘した. なお, 創出された都市空間のさまざまな断片をいかに解読するか, その行為や心性を読み, 文化を摘出する作業は, 本稿では紙幅の関係もあり, 触れていない.
著者
羽鳥 徳太郎
出版者
公益社団法人 日本地震学会
雑誌
地震 第2輯 (ISSN:00371114)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.355-363, 1976-12-15 (Released:2010-03-11)
参考文献数
5
被引用文献数
2 2

The Kalapana tsunami was generated off the south coast of Hawaii Island, accompanying the earthquake of magnitude Ms=7.2 (NOAA), at 14h 48m (GMT), Nov. 29, 1975. Some features of this tsunami are investigated on the basis of tide gauge records of NOAA and Japan, adding the reports of the US field investigation.Tsunami magnitude of the Imamura-Iida scale is decided as m=2, judging from the tsunami heights observed near and distant fields. The initial motion of the tsunami waves was in an upward direction at the whole Hawaiian stations, suggesting the uplift of the sea-bottom in the tsunami source area. The source dimension of tsunami is inferred to be 70km along the south coast of Hawaii Island, and the area is 2.2×103km2. By applying the corrections for the refraction and shoaling from the inundation heights at the Hawaii Island, the average vertical displacement of 1.2m would be occurred in the source area. The tsunami energy of approximately is 1.6×1020 ergs. According to statistical relation, the present tsunami is large compared with the earthquake magnitude.The tsunami fronts arrived in NE Japan at about 7h 40m after the occurrence of the earthquake. The maximum double amplitude is 20-30cm with the period of about 15min and the amplitude is relatively higher than that in SW Japan. It is noticed that the wave rays emitting the tsunami source concentrate in the Kuril Islands.

15 0 0 0 OA 新板車つくし

著者
重宣
出版者
辻安
雑誌
おもちゃ絵
巻号頁・発行日
1855
著者
石井 晃 太田 奨
出版者
一般社団法人 日本応用数理学会
雑誌
応用数理 (ISSN:24321982)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.50-58, 2015-06-25 (Released:2017-04-08)

We apply a mathematical theory for hit phenomenon for prediction of the "general election" of AKB48 which is very popular girls group in Japan.
著者
石井 晃
出版者
特定非営利活動法人 組織学会
雑誌
組織科学 (ISSN:02869713)
巻号頁・発行日
vol.48, no.4, pp.5-20, 2015-06-20 (Released:2016-04-07)
参考文献数
16

ヒット現象の数理モデル(石井他2012)を社会の中の人間間相互作用の力学として紹介する.このモデルを社会的ニュース,映画興行,ドラマ視聴率,AKB 選抜総選挙に応用した.
著者
戸倉 新樹
出版者
一般社団法人 日本アレルギー学会
雑誌
アレルギー (ISSN:00214884)
巻号頁・発行日
vol.55, no.11, pp.1382-1389, 2006-11-30 (Released:2017-02-10)
参考文献数
14
被引用文献数
1

光アレルギー機序で発症する疾患には,光接触皮膚炎,薬剤性光線過敏症,日光蕁麻疹,慢性光線性皮膚炎(CAD)がある.通常のアレルギーには,接触皮膚炎,薬疹を代表とするように抗原物質が明瞭なものと,アトピー性皮膚炎,蕁麻疹などのように必ずしもアレルゲンを決定しえないものとがある.この事情は光アレルギーについても同様であり,光接触皮膚炎,薬剤性光線過敏症は抗原となる光感受性物質が明らかであり,その他は明確でない疾患となる.光接触皮膚炎は,抗原が皮膚に塗られて,紫外線が当たって発症し,薬剤性光線過敏症は抗原が薬剤という形で経口投与されて,紫外線が当たって発症する.光接触皮膚炎の原因には,ケトプロフェン,スプロフェンやサンスクリーン剤がある.診断は光貼布試験が決め手となる.薬剤性光線過敏症の原因には,ニューキノロン,ピロキシカム,降圧利尿薬,チリソロール,メチクランをはじめとして多くの薬剤がある.原因物質は光ハプテンとしての性格を持っており,内服照射試験と光貼布試験を行う.CADは,外因性光抗原を原因としない自己免疫性光線過敏症と呼ぶべき疾患で,時にHIV陽性者,ATL患者に発症する.CADの病変組織にはCD8^+T細胞が浸潤している.CD4^+T細胞の数的・機能的減少がCD8^+T細胞を暴走させCADを誘導する可能性がある.