著者
Masato Nitta Kazuya Nagasawa
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.117-125, 2017-11-25 (Released:2017-12-05)
参考文献数
55

Haplocotyle japonica n. gen., n. sp. (Monogenea: Microbothriidae) is described from the skin and gill cavity of Rhinobatos hynnicephalus Richardson, 1846 (Elasmobranchii: Rajiformes: Rhinobatidae) in the Seto Inland Sea off Hiroshima Prefecture and the southern Sea of Japan off Fukuoka Prefecture, Japan. The new genus is closely related to Dermophthirioides Cheung and Nigrelli, 1983, Dermophthirius MacCallum, 1926, Dermopristis Kearn, Whittington, and Evans-Gowing, 2010, and Pseudoleptobothrium Young, 1967 in common morphological features (i.e., the anterior extremity of the oötype having a tetrahedral shape, the anterior aperture of a bell-shaped pharynx, and the structure of the male copulatory organ) but differs from the latter four genera by the presence of a single testis and an ovary not looping the intestinal caeca. The phylogenetic analysis based on 28S rDNA sequences suggests that the new species shows affinity with Dermophthirius and Dermopristis. All currently known species of Microbothriidae Price, 1936 are listed, and a key to 12 genera, including Haplocotyle n. gen., of the family is provided.
著者
Naoto Jimi Masaatsu Tanaka Hiroshi Kajihara
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.133-141, 2017-11-25 (Released:2017-12-05)
参考文献数
28

A new species of hesionid polychaetes, Leocratides kimuraorum sp. nov., is described based on material collected from the Shima Peninsula and Sagami Bay (middle Honshu, Japan), as well as museum specimens collected from Sagami Bay, Suruga Bay, and Shirahama. Leocratides kimuraorum sp. nov. is the third species in this genus and can be discriminated from the two congeners, L. filamentosus Ehlers, 1908 and L. ehlersi (Horst, 1921), by i) the length of the antennae, which are as long as palps, ii) the presence of pharyngeal terminal papillae, and iii) the absence of a papillose peristomial membrane. On the other hand, L. filamentosus, originally described from off Western Sumatra, Indonesia, was also collected from Sagami Bay, and represents a new record of this species for Japanese waters. Partial mitochondrial cytochrome c oxidase subunit I gene sequences from the holotype of L. kimuraorum sp. nov. and newly collected specimen of L. filamentosus are provided for reliable species identification in the future.
著者
Shinri Tomioka Ryuta Yoshida Hiroshi Kajihara
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.127-132, 2017-11-25 (Released:2017-12-05)
参考文献数
11

We describe a new capitellid species, Mastobranchus uru sp. nov., from a tidal flat on Iriomote Island, Okinawa, southern Japan. This species differs from its three congeners in having capillary chaetae only on the notopodia in chaetiger 1 and in the number and arrangement of teeth on hooks. We also provide for this new species a barcode nucleotide sequence from the mitochondrial 16S rRNA gene.

62 0 0 0 OA 観音の霊験

著者
中根環堂 著
出版者
有光社
巻号頁・発行日
1940

18 0 0 0 OA 予が一日一題

著者
正宗白鳥 著
出版者
人文書院
巻号頁・発行日
1938
著者
諸熊 奎治
出版者
分子科学会
雑誌
Molecular Science (ISSN:18818404)
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.A0003-A0003, 2007-06-15 (Released:2007-06-29)
著者
ロッシャデソウザ ルシオマヌエル
出版者
東京外国語大学
雑誌
研究活動スタート支援
巻号頁・発行日
2014-08-29 (Released:2014-09-09)

本研究では、ポルトガル、メキシコなどに残る異端審問記録の分析を主におこなった。とりわけ、16世紀後半に日本に滞在したポルトガルのユダヤ系商人であるペレスという一家に関する記録を中心に分析し、そこから当時の長崎におけるコンベルソ商人のコミュニティの存在や、日本人を含む奴隷の生活などが明らかとなった。その成果を英語の単著で公刊した。さらに、ポルトガル人のアジア(とくに日本)における奴隷貿易について、複数の論文を刊行した。そこでは、16~17世紀の南欧語史料の分析をおこない、世界各地でおこなわれた日本人奴隷の取引に関する記録を紹介した。これらの研究の一部は日本語で出版される。
著者
中山 富佐雄 榎戸 裕二 吉田 英一 松本 寿之 長谷部 慎一
出版者
JAEA
雑誌
JNC-TN9420 2005-001
巻号頁・発行日
pp.1-115, 2005-03

ナトリウム冷却型高速炉(FBR)プラントの廃止措置などにおいては、放射院ナトリウムが付着・残留する原子炉容器、中間熱交換器及びコールドトラップ等の大型機器類が発生することになる。また、原子炉から抜き取った数百トン以上の放射性ナトリウムについては、貯蔵あるいは処理・廃棄するために安定した物質に転換(不動態化処理)し、取り扱い時における危険性を排除する必要がある。このため、化学的に活性な大量放射性ナトリウム及び大型機器類残留ナトリウムを安全に、かつ経済的に洗浄・処理処分する技術開発が今後必須となる。本報告書は、先行して進められている海外の高速炉、原子力施設等で実施あるいは計画されている放射性ナトリウムの処理技術等に関して調査を行ったものである。調査は、一次及び二次冷却材にナトリウムを使用し、現在廃止措置を進めている海外高速炉を対象に、ナトリウム中に含まれる放射性核種、大量ナトリウムの転換技術や再利用技術、付着・残留ナトリウムの洗浄処理技術、及びこれらの処理廃液を含む処分技術などについて実施した。これらの調査結果は、今後の放射性ナトリウムの洗浄・処理処分技術開発を進める上で有効な知見として活用できるものと考えられる。 著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
著者
竹石 洋介 Yousuke Takeishi 九州情報大学 経営情報学部 経営情報学科
巻号頁・発行日
vol.14, pp.75-84,

本研究は、日本の「伝統」を教えるための「相撲の教材研究」のひとつの試みである。江戸時代後半から衰退し始め、近代日本においてその存続を危ぶまれた相撲は、「国内に向けたナショナリズム」と「国外に向けての倫理主義」を前面に押し出すことで、近代日本の「国技」として存続し発展してきた。その際、近代相撲にはじめて現れた「天覧試合」「国技館」「品位・礼節」などは、「創られた伝統」として「内に向けたナショナリズム」と「外に向けての倫理主義」を象徴するものだったのである。つまり、相撲における「品位・礼節」は、近代になって発明された「伝統」に過ぎず、それを教える意義は、少なくとも、「伝統」の教育としてではない。では、学校体育で教えるべき相撲の「伝統」とは如何なるものか。「身体」に焦点化しながら考察する。