著者
上里 隆史
出版者
公益財団法人 史学会
雑誌
史学雑誌 (ISSN:00182478)
巻号頁・発行日
vol.114, no.7, pp.1179-1211, 2005-07-20 (Released:2017-12-01)

This article investigates the migration of Japanese in the China Sea region, especially in and around Naha, the capital of the Kingdom of Ryukyu, between the 16th and 17th centuries. Previous research on the Japan-Ryukyu relations during medieval times has chiefly focused on the diplomatic relations between the Muromachi government, the Shimazu family of Satsuma, and the Ryukyus. It goes without saying, however, that the focus on state trade alone does not fully explain the historical relations between the two states. It is also necessary for us to consider such private aspects of trade as the activities of people who participated as well as recent findings on medieval maritime trade for a proper understanding of the relationship between medieval Japan and the Ryukyus. The migration of people from Japan to the Ryukyu Islands dates back to the 15th century. The "Ryukyu Kokuzu 琉球国図", a map of the Kingdom in those days depicts Japanese and Ryukyuans living together in Naha. According to the genealogical data on the Ryukyus, Japanese who had emigrated there during the 16th and 17th centuries through the transportation mode which had evolved at that time, can be divided into three groups, based on their places of origin: Kinai, Hokuriku, Kyushu groups. Those people were probably maritime merchants who commuted between the Ryukyus and Japan, but resided permanently in the Ryukyus and engaged in certain occupations, such as the administration of Naha, foreign affairs, medicine, and the tea ceremony. As for the structure of the port city of Naha, Naha-Yomachi 那覇四町, literally, the four townships of Naha, had developed on the fringe of the Chinese settlement of Kumemura 久米村, which was the core of Naha. The fact that Japanese institutions, such as a Shinto shrine, were located on the periphery of Naha-Yomachi shows that, like the goddess Mazu 媽祖 for the Chinese people, Naha was one of the overseas territories of Japanese merchants. Japanese immigrants resided together with Ryukyuans in Naha-Yomachi. During the 16th century, wajin (倭人), or armed Japanese merchants would throng into Naha in quest of the Chinese goods when ever Chinese envoys visited the Ryukyus. The Ryukyu royal government tried to restrict armaments, but failed. Japanese trading facilities called Nihon Kan 日本館 were set up in Naha. During the latter half of the 16th century, Kumemura, the center of Naha and the Chinese settlement, declined, while Naha-Yomachi prospered. During this period, the trade route between Japan and Fujian via Manila was established based on the active circulation of Japanese and new continental silver and Chinese raw silk. The Ryukyus functioned in it as an entrepot between Japan and Manila. It has been thought that the route from the Ryukyus to Southeast Asia was completely abolished in 1570, however, this is not true, for the Ryukyus changed its form of trade from state-sponsored trade to private trade carried out by wajin maritime merchants. The Ryukyus thus become a node connecting East to Southeast Asia.
著者
国文学研究資料館史料館

口絵凡例三井文庫旧蔵資料<袋綴本>目録解題三井文庫旧蔵資料<袋綴本>目録
著者
井上 雅 横山 光彦 石井 亜矢乃 渡辺 豊彦 大和 豊子 公文 裕巳
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.62, no.3, pp.359-362, 2011 (Released:2011-09-15)
参考文献数
11

尿管結石の疝痛発作に対して芍薬甘草湯を投与し,その臨床的有用性を非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)と比較検討した。対象は尿管結石患者25名で,11名に対し芍薬甘草湯5.0gを内服させ,コントロール群として,14名にNSAIDsを内服させた。内服時,内服後15分,30分,60分にNRS(numerical rating scale)を用いて比較検討した。NRSは0点を全く痛みなし,10点を最も強い痛みとした。結果は芍薬甘草湯内服群では内服時NRSは6.7 ± 2.3点で,内服後15分で3.4 ± 3.5点と有意に軽減した。NSAIDs内服群では内服時8.3 ± 1.8点で,内服後15分では7.0 ± 1.9点と有意な鎮痛効果は認めたが,鎮痛効果は芍薬甘草湯の方が有意に優れていた。その他の時点においても同様の結果で,芍薬甘草湯は尿管結石の疝痛発作に対して即効性があり,NSAIDsよりも有意に鎮痛効果を認めた。
著者
Susumu Ohtsuka Kazunori Hasegawa Taeko Kimura Hiroshi Miyake Yusuke Kondo Ken Iida Honorio Pagliawan Ephrime Metillo
出版者
The Malacological Society of Japan
雑誌
Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) (ISSN:13482955)
巻号頁・発行日
vol.75, no.1-4, pp.93-98, 2017-11-27 (Released:2018-01-11)
参考文献数
39

ウロコガイ科二枚貝ベッコウマメアゲマキScintilla philippinensis Deshayes, 1856の生体がフィリピン・パラワン島で採集されたが,外套膜とその膜上の突起,足を用いてウミウシ類及びカニ類に擬態と考えられる行動が観察された。ウミウシ類型の場合,外套膜を変形させて形態を似せる。カニ類型の場合には形態的類似性だけでなく足も用いて行動も真似る。ウロコガイ上科は他の動物に共生することで知られるが,擬態に関する知見は少ないので,今後のより詳細な研究が待たれる。
著者
堀江 尚子 渥美 公秀 水内 俊雄
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.1-17, 2015 (Released:2015-12-22)
参考文献数
51

本研究は,ホームレスに対する支援のための入所施設において,継続的な支援の関係の構築を目指したアクションリサーチであり,支援の関係性の継続と崩壊という現象を理論的に考究するものである。近年,急増したホームレスの人々が抱える問題は多様である。なかでも対人関係に問題を抱える人は少なくない。ホームレスの支援活動では,当事者と支援者の関係性の継続が重要である。関係性の継続には,関係の本来の様態である非対称が非対等に陥らないことが要請され,そのためには偶有性を喚起・維持する方略に希望がある。本研究はこの方略を組み込んだアクションリサーチである。具体的には,ホームレスを多く引き受ける生活保護施設Yが開催するコミュニティ・カフェに注目し,その施設の退所者と地域の人々の協働の農作業プロジェクトを実践した。偶有性の概念を媒介にして戦略的な実践によって継続的な関係が構築された。支援関係の継続と崩壊について理論的考究を行い,労働倫理を強く持つ人々は支援を受ける当事者になることが困難であることを指摘した。
著者
川原 有加
出版者
日本国際情報学会
雑誌
国際情報研究 (ISSN:18842178)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.3-14, 2010-11-03 (Released:2014-12-30)
参考文献数
14

This paper focuses on color descriptions in The Lord of the Rings. This fantasy fiction is a story of dangerous journey in which Frodo and Sam endeavor to throw away the evil ring into the crater of the mountain. All the time, they fight against enemies under the control of the Dark Lord Sauron. The battles, for Frodo and Sam, include both internal and external conflicts. Tolkien experienced World War I and II, therefore, some of which are reflected in many battles of the story. He tried to picture the tragic wars with the symbolical use of colors and to clarify what evil is.
著者
高木 絢加 谷口 彩子 駒居 南保 村 絵美 永井 元 森谷 敏夫 永井 成美
出版者
日本栄養・食糧学会
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.67, no.1, pp.19-25, 2014

炭酸水の口腔内刺激 (清涼感) に着目し, 炭酸水の飲水が実体温をどの程度変化させるのか, その反応は炭酸の口腔内刺激のみでも起こるのかどうかを明らかにするために, 等温・等量の炭酸水と水を用いた飲用試験と偽飲 (Sham-feeding;SF) による口腔内刺激のみの試験を行った。炭酸水の飲水 (炭酸水) , 水の飲水 (水) , 炭酸水の偽飲 (炭酸水SF) , 水の偽飲 (水SF) の4試行をrandomized crossover designで実施した。前夜10時より絶食した若年女性13名に, 室温を26℃に保持した実験室で異なる日の朝9時にサンプル (15℃, 250 mL) を負荷した。心電図 (心拍数, 心拍変動) をサンプル負荷前20分間および負荷後40分間測定し, 深部体温 (鼓膜温) , 末梢体温 (足先温) を高感度サーモセンサーで連続測定した。鼓膜温は水・炭酸水ともにSFでは変化せず, 飲水で一過性に低下した。足先温は, 飲水 (水, 炭酸水) で約2.5-3℃低下し, 水SFでは約1℃の低下であったのに対し炭酸水SFでは約2.5℃の低下を認めた。心拍数は, 炭酸水, 炭酸水SFで負荷直後に一過性に上昇した。結果より, 炭酸水の口腔内刺激 (味, 炭酸刺激) のみでも足先温や心拍数を変化させることが示された。
著者
高森 順子 諏訪 晃一
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.25-39, 2014 (Released:2014-08-29)
参考文献数
14

阪神・淡路大震災の体験についての手記を集め,その一部を出版した「阪神大震災を記録しつづける会」の手記集には,読み手があらかじめ想定していた震災体験の典型には収まらない体験も含めた,多様な体験が収録されている。その理由を,手記集の成立過程を踏まえて考察した。「震災」という出来事と個人の体験は互いに影響し合う関係にある。加えて,一般に,手記集に収められた手記の内容は,ある特定の目的に適う内容に収斂される傾向がある。従って,通常,手記集を通じて多様な体験を残すことには困難が伴う。それにもかかわらず,「記録しつづける会」の手記集に多様な体験が収録されている理由は,編集者と手記執筆者の対話によって,それぞれの手記,そして手記集が共同構築されたからである。さらに,手記を共同構築することは,手記執筆者が,創られた震災像に抗いながら体験を再構築することであり,そのことを通じて,典型的な被災者像とは異なる「災害体験者」が成立する。これらの考察を踏まえ,最後に,手記集を媒介として災害体験の伝承を行うことが,伝承活動を行う人々の連帯を創り,災害体験のより豊かな伝承の一助となることを指摘した。
著者
Seung Wan Hong Yun Gil Lee
出版者
ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN, ARCHITECTURAL INSTITUTE OF KOREA, ARCHITECTURAL SOCIETY OF CHINA
雑誌
Journal of Asian Architecture and Building Engineering (ISSN:13467581)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.125-132, 2018-01-15 (Released:2018-01-15)
参考文献数
27

This study examines the previously unknown relationship between using human behavior simulation, equipped autonomous, intelligent Virtual-Users, and students′ self-experimentation performance in fire egress planning. The research method involved 70 students in authentic design courses who proposed floor plans for office buildings before and after simulating evacuee behaviors. They then scored their experiences based on using the simulation. Statistical analysis of those scores reveals that using human behavior simulation helps students find unexpected problems, evaluate the validity and functionality of design solutions, conduct the experimentation process more efficiently, and determine the solutions with relative ease. The main reasons for these results are posited to be the explicit, analytic, and observable representation of virtual evacuees, their manipulative parameters, and an integrated system between human behavior simulation and Building Information Modeling (BIM). The findings of the present study can contribute to developing a rational computational means for education in fire egress planning.
著者
酒井 浩介
出版者
日本文学協会
雑誌
日本文学 (ISSN:03869903)
巻号頁・発行日
vol.58, no.12, pp.47-58, 2009-12-10 (Released:2017-08-01)

一九二〇年代の新潮合評会の佐藤春夫と久米正雄の会話の記録の不備を手掛りとして座談会と速記の関係に着目し、帝国議会議事速記録(一八九〇)から小林秀雄までを射程に座談会の批評的な意義を考察する。座談会とは会話を活字として現前させようという欲望によって生み出された言説のトラブルなのであり、それは書き言葉の無意識として現れ、言文一致という形で整除された近代文学にひびを入れることで批評性を獲得するのである。
著者
柴田 由己
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.198-208, 2008-01-01 (Released:2008-03-30)
参考文献数
29
被引用文献数
2 or 0

本研究は,青年用刺激希求尺度を作成して,その信頼性と妥当性を検討することを目的とした。研究1では,先行研究と予備調査において収集された126項目について探索的因子分析を行った。大学生189名のデータから,スリルと冒険 (TAS),抑制の解放 (Dis),内的刺激希求 (IS),日常的な新奇性希求 (DNS) の4因子が抽出された。研究2では,大学生480名のデータを用いたSEMにより,4因子構造と男女間での因子パターン不変性の確認,さらに男女間で因子得点の平均構造の比較を行った。結果は4因子構造の因子的不変性とTAS, Dis, DNSにおける因子得点の有意な男女差を示した。研究3ではα係数と再検査信頼性が検討され,SSS-JAの下位尺度における充分な内的一貫性と安定性が示された。さらに,他尺度との相関分析から,収束的妥当性と弁別的妥当性が論じられた。