著者
村井 忠康
出版者
The Philosophy of Science Society, Japan
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.99-114, 2012 (Released:2016-01-15)
参考文献数
24

According to the standard form of conceptualism, which comes from McDowell (1994), the conceptual content of experience is propositional. But this is at variance with naive realism, which conceptualism craves for. Given that, we should seek non-propositionalist forms of conceptualism, which make room for naive realism. In this paper I propose such a conceptualism, exploiting Sellarsʼs idea of visual experience as “thinking in color”, although he himself has never been conceptualist. Elaborating the idea will lead to the conception of visual experience as analogous, in a unique way, to drawing a picture. I argue that this enables conceptualism to take seriously the particularity and concreteness of perception, which are emphasized by naive realism.
著者
神出 計 樺山 舞
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.55, no.4, pp.539-546, 2018-10-25 (Released:2018-12-11)
参考文献数
19

高血圧患者の血圧管理基準については未だに議論が絶えない.今回のテーマであるSPRINT(Systolic Blood Pressure Intervention Trial)研究は降圧目標値に関する疑問に対して答えを求めた米国の研究である.非常にインパクトが大きく重要な研究であるが,この研究の結果を高齢者高血圧の診療にどう活かすのかを検討する必要がある.本項では高齢者高血圧治療を行っていく上でのSPRINT研究の意義の検証ならびに2017年に出された我が国の‘高齢者高血圧診療ガイドライン2017’と米国高血圧治療ガイドラインを解説し,真に望まれる高齢者高血圧の管理につき議論する.
著者
井川 純一 中西 大輔
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
pp.27.3.6, (Released:2018-12-11)
参考文献数
29

本研究では,グリット(Grit:根気・一貫性)とバーンアウト傾向(情緒的消耗感・脱人格化・個人的達成化の低下)及び社会的地位との関係について,対人援助専門職(医師,看護師,介護福祉士(男性233名,女性217名))を対象に検討した。Gritと社会的地位に関連が認められるのであれば,職業威信スコアの最も高い医師のGrit得点が最も高くなると予測したが,Gritの間に職種間の差異は認められなかった。一方,管理職と非管理職を比較したところ,一貫性において管理職のほうが高い値を示した。また,Gritがバーンアウト傾向に与える影響について検討したところ,根気は脱人格化及び個人的達成感の低下,一貫性は情緒的消耗感及び脱人格化を抑制していた。分位点回帰分析を用いた検討では,これらのGritのバーンアウト傾向抑制パタンは症状の増悪に伴って変化するものの,どのパーセンタイルでもバーンアウトを増加させる要因にはならないことが明らかとなった。
著者
櫻井 勇
出版者
公益社団法人 日本不動産学会
雑誌
日本不動産学会誌 (ISSN:09113576)
巻号頁・発行日
vol.24, no.3, pp.71-76, 2010-12-28 (Released:2015-07-30)
参考文献数
14
著者
山田 邦明
出版者
公益財団法人 史学会
雑誌
史学雑誌 (ISSN:00182478)
巻号頁・発行日
vol.96, no.3, pp.310-341,412-41, 1987-03-20 (Released:2017-11-29)

Conventional research on Kamakura-Fu (鎌倉府), which ruled the ten eastern provinces of the Kanto region during the Muromachi period, has tended to concentrate more on its relationship with the Muromachi Bakufu in Kyoto and less on what kind of power structure supported it and how this government controlled the various classes in the Kanto area. The present paper starts out to consider Kamakura-Fu's power structure and its control over the Kanto Plain, especially the power base of the Kamakura Kubo (鎌倉公方). Then, the author switches attention to the Hoko-shu (奉公衆) itself, which formed the military and political base of the Kamakura Kubo's ruling power ; and together with identifying that group of attendants from existing documents, he summarizes the Hoko-shu's conditions of existence and its organizational process. Concerning the Hoko-shu's conditions of existence, from the historical source entitled Kamakura Nenchu Gyoji (鎌倉年中行事), describing yearly events and ceremonies in that administrative town, we find three statuses within the Hoko-shu, namely 1)the Hyojo-shu (評定衆), 2)the Hikitsuke-shu (引付衆) and 3)other members. We see clear status discrimination toward those "other members" excluded from (or positioned below) statuses 1) and 2). Also, as the Hoko-shu formed a rotation system for guarding the Kubo's palace (gosho 御所), there were also members located (or living) in the provinces. The author was able to identify from the available sources 74 members of the Kamakura-Fu Hoko-shu. Their names and conditions of membership may be summarized as follows : A)The Ashikaga clan families including the Kira (吉良), Shibukawa (渋川), Isshiki (一色), Imagawa (今川), Kako (加子) and Hatakeyama (畠山). B)The original Ashikaga family vassals including the Uesugi (上杉), Ko (高), Kido (木戸), Noda (野田), Teraoka (寺岡), Kajiwara (梶原), Ebina (海老名), Shidara (設楽) and Yanada (簗田). C)Traditional Kamakura based bureaucrats including the Nikaido (二階堂), Nagai (長井), and Machino (町野). All of the families included in A, B and C served the Kamakura Kubo from the inception of Kamakura-Fu ; and during the era of Kubo Motouji (1349-67), the B group of Ashikaga vassals formed the dominant power group of the Hoko-shu. However, beginning from the era of Kubo Ujimitsu (1367-98) the Kamakura Kubo more and more included in the Hoko-shu many provincial bigmen (kokujin 国人) throughout the Kanto Plain. And so, when Mitsukane became Kubo (1398-1409), the number of Hoko-shu members had greatly increased, and their main source of power had shifted to a new group (D) made up of these same Kanto Plain kokujin. These included the likes of the Ohmori (大森) of Suruga, the Honma (本間) and Miura (三浦) of Sagami, the Edo (江戸) of Musashi, the Satomi (里見), Yamana (山名), Nawa (那波) and Takayama (高山) of Kozuke, the Sano (佐野) of Shimotsuke, the Shishido (宍戸), Tsukuba (筑波) and Oda (小田) of Hitachi and the Unagami (海上), Indo (印東) and Ryugasaki (龍崎) of Shimousa. During Mitsukane's reign such families as the Shishido and Unagami even appear in the elite corps of Kubo palace functionaries (gosho bugyo 御所奉行). As a result of their personal hold over these Kanto Plain kokujin, the Kamakura Kubos were able to expand quite successfully their own direct military bases.
著者
岩科 智彩 吉田 光男 伊藤 貴之
雑誌
研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) (ISSN:21888698)
巻号頁・発行日
vol.2018-UBI-60, no.24, pp.1-7, 2018-11-27

情報発信ツールとして利用されている SNS (Social Networking Service) は,現在でも団体や個人による情報拡散を目的とした利用例が増加している.SNS の中でも特に Twitter は気軽に拡散 (リツイート) できることで知られ,その日本国内での利用は著しい.本研究では,Twitter 上で影響力のあるユーザ (キーパーソン) のリツイートユーザ (リツイーター) に焦点を絞り,時間データを使用して情報拡散におけるリツイーターの行動パターンを可視化する.また,その可視化画像から観察されるキーパーソンごとの情報拡散の性質について,ツイート内容とリツイーターの側面から考察する.
著者
原口 友也 松木 秀多 竹中 千瑛 山本 北斗 村田 安哲 成瀬 涼 伊藤 晴倫 西川 晋平 板本 和仁
出版者
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会
雑誌
日本獣医麻酔外科学雑誌 (ISSN:21896623)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1+2, pp.1-7, 2018 (Released:2018-12-08)
参考文献数
15

健常ビーグル犬およびイヌ口腔内腫瘍症例(各5頭)で、頭頸部のCTリンパ管造影(CTLG)を実施した。健常ビーグル犬では多くの個体で投与部位と同側の下顎リンパ節がSLNであったが下顎吻側では左右下顎リンパ節がSLNである個体が存在した。また、症例では内側咽頭後リンパ節がSLNである個体が確認された。このようにイヌ頭頸部リンパ流には個体差があるため、CTLGは術前計画に有用な情報であると考えられた。
著者
Shinya AYABE Kenichi NAKASHIMA Atsushi YOSHIKI
出版者
THE SOCIETY FOR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT
雑誌
Journal of Reproduction and Development (ISSN:09168818)
巻号頁・発行日
pp.2018-128, (Released:2018-12-06)

Clustered regularly interspaced short palindromic repeats (CRISPR)-Cas-based genome editing technology has enabled manipulation of the embryonic genome. Unbiased whole genome sequencing comparing parents to progeny has revealed that the rate of Cas9-induced mutagenesis in mouse embryos is indistinguishable from the background rate of de novo mutation. However, establishing the best practice to confirm on-target alleles of interest remains a challenge. We believe that improvement in editing strategies and screening methods for founder mice will contribute to the generation of quality-controlled animals, thereby ensuring reproducibility of results in animal studies and advancing the 3Rs (replacement, reduction, and refinement).
著者
藤丸 麻紀
出版者
和洋女子大学
雑誌
和洋女子大学紀要 = The journal of Wayo Women's University (ISSN:24326925)
巻号頁・発行日
vol.57, pp.51-63, 2017-03-31

保育園の待機児童の増加に伴い、小学校入学後の学童保育の待機児童も増加しており、「小1の壁」という問題が生じている。そこで女性が活躍できる社会をめざすために、2014年に「放課後子ども総合プラン」が策定された。このプランに基づき、各自治体で放課後子ども教室の拡充が進められ、学童保育も放課後子ども教室と一体化させる自治体が多くなってきた。これは待機児童の解消には効果的であるが、学童保育と放課後子ども教室との本来の意義・機能を損なう懸念がある。本稿では、事例研究として東京23区の例を具体的に調べ、あるべき一体化の方向性を探った。 また、少子化にも関わらず保育園及び学童保育の待機児童が増えている現状を分析するために要因分析を行った。晩婚化・核家族化などにより学童保育の需要増は今後も続くと考えられる。 理論分析としては、家計内生産モデルを用いて、妻の就業時間と家計の収入の選択が、学童保育の有無などでどのように変わるかを分析した。