著者
亀井 了 長嶋 祐二
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.1996, 1996-09-18

聾者のコミニケーションの一手段である手話は、手指動作と顔の表情、口形、うなずきなどによって表現される非手指動作によって構成される。著者らは手話工学の立場から、手話を工学および言語学的に解析し、日本語と手話の相互翻訳システムの構築を行っているが、現在のシステムの手話表示体系では、手指動作の表示のみにとどまっている。そこで、本報告では、システムの手話表示に非手指動作を組み込む方法について検討する。
著者
寺内 美奈 藤森 憲男 神田 和幸 長嶋 祐二
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.94, no.102, pp.69-74, 1994-06-18
被引用文献数
3

近年,聴覚障害者の情報伝達手段の一つである手話への関心が高まり,手話の習得を志す人々が年々増加している.一般的に手話を学習する方法として,手話講習会や手話サークルへの参加,TV講座や手話の本の利用などがある.我々は手話を学習するための補助手段として,パーソナルコンピュータによる手話学習システムの構築を目指している.本報告では,手話学習システムを構築するにあたり,従来の手話の学習方法について調査し,本システムにおける学習日標を明確化する.また,手話を学習する上で重要である手話調動を習得するための一機能として,以前我々が報告した液晶シャッターを用いる3D手話アニメーションを採用することについて検討する.さらに,その立体視によるアニメーションでの学習効果を確認するため,初期実験として,3Dアニメーションによる表示された手話語彙について,聴覚障害者を含む20名の被験者により評価実験を行ったので,その結果についても報告する.
著者
宮田 瞳 市川 啓子
出版者
日本法科学技術学会
雑誌
日本法科学技術学会誌 (ISSN:18801323)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.61-72, 2007 (Released:2007-06-27)
参考文献数
18

In an examination of sexual crime cases, the possibility that constituent fibers of the top sheet of a sanitary napkin or a panty liner, which the victim may have been using, might stick to the suspect's hands and fingers were examined.   Nineteen brands of sanitary products (15 sanitary napkin brands and 4 panty liner brands) were classified, by their material of the top sheet, in 12 brands of non-woven fabrics and 7 brands of porous films. The 12 brands of non-woven fabrics products were classified by their bonding process in 2 types, i.e. thermal bonding (through-air oven bonding) and mechanical bonding. Meanwhile out of 19 brands of products, 9 products have non-woven fabrics on both sides of the top sheet to prevent leakage and all of their bonding processes are thermal bonding (point-bond hot calendaring).   Next, materials stuck to two subjects' fingers were collected on a transparent adhesive tape and examined whether constituent fibers came off and stuck to their fingers when two subjects rubbed the surface of a sample with their fingers. It was found that constituent fibers of non-woven fabrics stuck to the transparent adhesive tape.   As a result, it was found that constituent fibers of non-fabrics came off by rubbing and stuck to fingers and hands, though those of porous films did not stick to them. Consequently, it is suggested that examination of constituent fibers of sanitary products is noteworthy for sexual crime cases.
著者
小倉 肇
出版者
日本語学会
雑誌
國語學 (ISSN:04913337)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.1-16, 2003-01-01

〈大為尓〉は,源順の「あめつちの歌四十八首」の冒頭2首および『万葉集』巻1の巻頭歌ならびに『三宝絵』序の冒頭に引く古人の「漢詩」を踏まえて作成された,「江」を含む48字の誦文で,作者は,『口遊』『三宝絵』の著者,源順の弟子の源為憲である。〈大為尓〉は,綿密かつ周到に計算された用語で構成されており,まさに「此誦為勝」と見なすことのできる内容の誦文(韻文)となっている。〈阿女都千〉から〈大為尓〉への改変は,源為憲の「ちゑのあそびの産物」であり,「此誦為勝」という注記は,音韻史の問題(ア行「衣」とヤ行「江」の区別)とは全く関係のないもので,そのまま文字通りの意味で理解することができる。また,五音と誦文との相互補完的な結びつきは,〈以呂波〉が成立してから後のことであることも改めて確認する。
著者
井田 慎一郎 山本 紘子 照沼 真衣 伊藤 眞義
出版者
公益社団法人 高分子学会
雑誌
高分子論文集 (ISSN:03862186)
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.55-60, 2009 (Released:2009-02-25)
参考文献数
16
被引用文献数
1 1

PET/PEN/PET-PEN コポリマーからなる三元系ブレンドについて,系内で進行するエステル交換反応が,ブレンド系からコポリマーのみからなる一元系への変化に与える影響を検討した.エステル交換反応の進行度が小さい場合,PET/PEN/PET-PEN コポリマーブレンドは上部臨界溶解温度(UCST)型の相図を示した.エステル交換反応の進行に伴い,ブレンド系は一元系へと変化した.この変化が生じるために必要なエステル交換反応の進行度は,三元系のブレンド比や PET-PEN コポリマーのブロック性にほとんど依存せず約 1 mol%以上であることがわかった.
著者
国書刊行会 編
出版者
国書刊行会
巻号頁・発行日
vol.巻第1-20, 1906
著者
抜山 四郎
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
日本機械学會誌 (ISSN:00214728)
巻号頁・発行日
vol.63, no.498, pp.973-975, 1960-07-05
著者
抜山 四郎
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
機械學會誌
巻号頁・発行日
vol.37, no.206, pp.367-374, 1934-06-01
被引用文献数
4

金屬固體面より沸騰水に傳る熱量Qはそれ等の間の温度差ΔTが増加するに従つて漸次増加するが、或點に達するとΔTをこれ以上増せばQはかへつて減少する様になる。此點が表題に示すに云ふ傳達熱や極大値であつて本文に於ては實驗的に此の如き點の存在を證明し、1気圧のもとでは此點に相當するΔTは水温100℃に於て20℃乃至40℃に過ぎず、また此場合のQは30乃至50cal/cm^2 sec即ち1,080,000乃至1,800,000kcal/m^2 hrに達し之を100℃に於ける等値蒸發率で表はせば2,000乃至3,000kg/m^2 hrであつて從來考へられて居つたQの最大値より桁違ひに大なる事を示した。又極大値に對應して必ず存在するQの極小値(最小値に非ず)も求め且つ此等ΔTとQとの高温部に於ける關係曲線が金屬の燒入れ効果に關係ある事を述べた。
著者
栗原 和幸
出版者
日本小児アレルギー学会
雑誌
日本小児アレルギー学会誌 (ISSN:09142649)
巻号頁・発行日
vol.22, no.5, pp.737-744, 2008-12-10 (Released:2009-03-09)
参考文献数
42
被引用文献数
1 1

食物アレルギーの治療について考えてみると,耐性化に望みを託しつつアレルゲン食品の除去を続けることと誤食による急性症状の注意を与えることしかないのが現状である.しかし,食物アレルギーの発症に関して,経皮感作の可能性,経口免疫寛容による耐性誘導の成立などが解明され,根本的に病態のとらえ方を刷新しなければならない状況が見えてきた.積極的にアレルゲンとなる食品を経口的に摂取することで食物アレルギーを予防,あるいは治療できる可能性もあり,アレルゲンとの接触を断つ,と言うアレルギー疾患における指導原則は食物アレルギーに関してはあてはまらないのかも知れない.

2 0 0 0 OA 参陽商工便覧

著者
川崎源太郎 著
出版者
竜泉堂
巻号頁・発行日
1888
著者
三上 剛史
出版者
神戸大学
雑誌
国際文化学研究 : 神戸大学国際文化学部紀要 (ISSN:13405217)
巻号頁・発行日
vol.29, pp.93-116, 2007-12

The purpose of this paper is to clarify the sociological significance of "Liebe als Passion" written by Niklas Luhmann. Luhmann, a sociologist, is known for having opened up a new type of systems theory. Though he wrote many enlightening books, reference is rarely made to "Liebe als Passion" in sociological research. On the one hand, as love research, this book was probably too complicated. On the other, it was peculiar as a practical example of systems theory. But Luhmann himself considered this book central to his work. Indeed, this book might be rather eccentric as love research. However Luhmann's study of love is highly suggestive when forecasting future society and the relations between individualized persons. There are many points in this work meriting study especially with regard to the nature of individualized consciousness.
著者
戸田 康明
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
日本機械学會誌 (ISSN:00214728)
巻号頁・発行日
vol.61, no.468, pp.93-98, 1958-01
著者
山口 憲二
出版者
新島学園短期大学
雑誌
新島学園短期大学紀要 (ISSN:18802141)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.15-27, 2007

変化するキャリア環境の中で,キャリアデザインの普遍的な意味とは何か,キャリアデザインの方法とは何かを議論する。学生,企業人をはじめ,一般の人々に示すことのできるキャリアデザインの普遍的な意味は,「生き方を意識すること」にたどり着く。そしてその意義は,自律的な生き方,働き方をしているという実感を持つことである。次にキャリアデザインに関する先行研究から,代表的なキャリアデザイン・アプローチを検討し,キャリアツリーモデルというものを導入して,キャリアの全体を視覚的,具体的に捉えることを狙ってその類型化を試みる。類型1:目標逆算型キャリアデザイン,類型2:偶然活用型キャリアデザイン,類型3:節目重視型キャリアデザインがそれである。これら類型はわれわれがキャリアデザインをするとき,自分の好みで選ぶことが出来るものであるが,そのデザインの具現化には,社会人,職業人としてのスキルや能力が必要である。それをキャリアのコンピテンシーとして,キャリアデザインとともに,車の両輪として高めていく努力が必要になる。本論の議論を基礎にして,これを大学におけるキャリアデザイン論の講義に具現化することが今後の課題である。